まさか全国ネットでのインタビューで

本音は言えないだろうね。

オリンピックでのインタビューについてである。

 

 

良いとか悪いとかを

言っているわけではない。

マスコミ的に日本においては、

そうしないといけないのだろう。

 

だって、

子供の頃からずっと

教えられてきた事だから。

 

みんなで一緒に!

プロセスは大切!

わざわざ○○する!

頑張ったね!

 

どれもこれも正しいのだけれど、

きっと違和感を感じている人もいるはず。

そう言わないと

ある意味リスクがあることを知っているから、

本音で答えられないんだよね。

 

 

出た結果について、

「ここまで、よく頑張ったね。(結果は出なかったけど・・・)」

と、言われこれからも頑張れる人。

「金メダルじゃないんだ!(メダルは取ったけど・・・)」

と、言われ歯を食いしばって次に繋げる人。

「金メダルじゃないですか!次のフランスも楽しみですねー。

(当然、連覇を狙うんだろうな・・・)」

と、言われたけどすべてが過去の話だから、

すでに金メダルにさえ興味が無くなっている人。

 

 

どれが良くてどれが悪いということではない。

人は、それぞれだという事である。

 

なんだかんだ言って盛り上がっている、

「東京2020」。

 

日本の出場選手を観ながら

「この人はこんなタイプかな?」

なんて観ることが出来るのも

楽しいものである。

 

END