先日、立春という新年を迎えたばかり。

今回の立春突入時間は、2月3日23時59分であった。

 

 

二十四節気においては春の始まりの日。

前日は節分の豆まきの日である。

ここのところ2月4日が立春だったので、

立春といえば2月4日と決まっているものだと

僕も含めて思っている人が多いようだが

どうも違っているようだ。

しかも今年は、たった1分のことでである。

 

国立天文台によると、

「太陽黄経が315度になった瞬間が属する日」

だそうだ。

 

太陽黄経とは、

地球から見て太陽が回っているものとして、

太陽が天球上を通る経路(黄道)を等角に分割したもの。

春分点を座標ゼロとして360度に分けたものだそうだ。

 

それにしても立春もそうだが、

節気とはいつごろからが起源なのだろうか?

「秋に米を収穫するのに、

より確実に収穫させるために

中国の戦乱時期に考え出された」

と簡単には言うけれど、

それって紀元前の話???

 

 

古代人は生きていくために自然の摂理を知り

自分達も自然の一部かもしれないとして生きてきた。

じゃあ現代人は?

 

現代人は、ある意味退化してしまったのだろうか?

その検証をするには・・・。

 

やはりネズミに耳をかじられた彼に

「ねえ、タイムマシンを用意して!」って

お願いするほかないのであろうか(笑)

 

 

END