突然ですが、

あなたは、どのメニューに反応しますか?

 

A

 

B

 

C

 

お店にとって、いたって真剣に作ったはずのメニュー!

でも、人の反応はまったく違うのである。

 

もしかすると、目が悪いわけでもないのに

何が書いてあるのかが分からない。

そして、「おすすめは何ですか?」と訊いてくる。

 

お店に入ってメニューは見ているようだが

いつまで経っても決められない。

やたらと「どれにする?何にする?」だけで楽しそう。

 

メニューを見た瞬間に秒殺で注文している。

複数で来店されてるはずなのに注文の品が来るまで

「・・・・・」無言である。

 

これも1つの脳の癖(笑)

メニューを見ている側だけでなく、

メニューを作った側の脳の癖まで分かってしまう。

それぞれに至って健全なのである。

 

この脳の癖は日常に表れる。

もちろん、仕事の進め方、会議の進め方、発想の違い、

営業の仕方、言葉の使い方・・・。

全てにおいてである。

脳の癖を知って「出た!」と笑える人生こそ、

その組織の「氣」が上がると思うのだが。

 

END