全国で唯一、コンドームなど避妊具の18歳未満への店頭販売を条例で規制している長崎県で、条例の是非を巡り熱い論議が起きている。

 県の審議会で撤廃が妥当かどうかを話し合っているが、コンドームは性感染症予防に効果的で規制すべきでないという声が出る一方で、性のモラルの低下を懸念する意見も。若年層の性の問題に結論がまとまらない状態が続いている。

 県こども未来課によると、1978年に県少年保護育成条例が改正された際、「避妊用品を販売することを業とする者は、避妊用品を少年に販売し、又は贈与しないように努めるものとする」との条文を盛り込み、販売を規制した。自動販売機についても、購入をチェックできるよう屋内に置くよう定めている。

 同課は「青少年を取り巻く社会環境を向上させようと、条文を盛り込んだのでは」としている。

 県内の医療関係者などでつくる「性感染症予防啓発のための連絡会議」が2005年、「性感染症が低年齢層にも広がっており、規制の撤廃を」と申し入れた。これを受け、県はこの年に2回、県少年保護育成審議会で話し合ったが、「性非行を助長する」などと、撤廃反対の意見が過半数を占め、存続された。

 しかし、その後も県議や婦人団体から見直しの要望が相次ぎ、昨年8月から再び審議することになった。

 再度開かれている審議会でも意見の一致は簡単ではない。24日に行われた会議では、大学教授やPTA関係者ら委員から「避妊具が性感染症や妊娠を防ぐ」「撤廃は性モラルの低下につながる」といった賛否の意見が出て、物別れに終わった。審議会では7月末に方向性をまとめる方針だが、どうなるかは不透明だ。

 厚生労働省によると、全国の若者における性感染症の罹患(りかん)者数は、02年頃のピーク時に比べ減少しているが、08年では、クラミジアが10~14歳で44件、15~19歳で3170件。性器ヘルペスウイルスが10~14歳で9件、15~19歳で336件など、依然として多い。(川口知也)

<食肉センター訴訟>住民側敗訴、最高裁が審理差し戻し(毎日新聞)
上場株のインサイダーで逮捕=相場操縦事件の会社役員ら-大阪地検(時事通信)
桂小春団治さん 史上初、国連本部で落語公演(毎日新聞)
<厚労省>「漢方」「はり」治療データ蓄積、人材育成を提言(毎日新聞)
最高税率上げ検討=所得税改革で-菅財務相(時事通信)
AD
 20日午前2時25分ごろ、大阪市西成区萩之茶屋の路上で、段ボールにライターで火をつけている男を警戒中の西成署員が発見、建造物等以外放火で現行犯逮捕した。西成署によると、男は近くに住む無職、塩満辰己容疑者(57)。周辺では19日未明に路上のごみやビニールシートを焼く不審火が3件相次いでおり、同署で関連を調べる。

夜景も自然も堪能 六甲山に新展望台(産経新聞)
<訃報>黒木三郎さん88歳=早稲田大名誉教授、法学専攻(毎日新聞)
ユニオンHD「黒幕」ら、インサイダー取引容疑で逮捕へ(産経新聞)
<全日本学生児童発明くふう展>表彰式 常陸宮ご夫妻も出席(毎日新聞)
<衆院>議長不信任案、反対多数で否決 自民党は審議復帰(毎日新聞)
 自民党の加藤紘一・元幹事長、山崎拓・前副総裁は24日夜、国民新党の自見幹事長と会談した。

 加藤、山崎両氏は政界再編をにらみ、与野党議員らが党派を超えて意見交換する「KYサロン」の初会合と位置づけており、民主党のベテラン議員にも参加を呼びかける考えだ。

 会合は、加藤、山崎両氏のローマ字表記の頭文字をとったものだが、「空気(K)が読(Y)めない」と揶揄(やゆ)されることを承知で、「空気を気にせず政界再編を目指す」(出席者)意欲を込めたという。この日の会合には、自民党の高村正彦・元外相、森山裕衆院議員も参加した。

不明男性強殺容疑で5人再逮捕=住宅代支払いでトラブル-千葉県警(時事通信)
<首相偽装献金>元秘書の初公判は3月29日(毎日新聞)
日大入試で採点ミス 93人が追加合格(産経新聞)
踏切内で運転手居眠り、貨物列車止まる(読売新聞)
【書評】『たった独りの引き揚げ隊 10歳の少年、満州1000キロを征く』(産経新聞)