明けましておめでとうございます。
という挨拶をするのにはちょっと時期はずれかもしれないですね……1月初の投稿です。

今日は探偵の頼れる相棒にくっついてるカーナビの話。僕が使っている車のカーナビはその日初めてのエンジンをかける時に毎回「今日は何の記念日」なのかを教えてくれるんです。ちなみに今日は何の日かわかりますか?今年に限っては成人の日と答える人もいるでしょうが違います。今日は「タロとジロの日」なんです。

そもそも「タロとジロ」は何者?って話しなのですが彼らは日本の初期の南極地域観測隊に同行した樺太犬の兄弟なんです。
この観測隊にはタロとジロを含めた15匹の樺太犬が同行したのですが、観測隊はとある事情で調査を断念。隊員は救助されるものの、タロとジロ達は南極に取り残されてしまいました。
そんな出来事があった一年後の今日、他の犬たちが死んでしまったなか救助されたのがこの2匹なんだそうです。

この話しは後に「南極物語」という映画にもなっているらしいです。アマゾンプライムにあったかな~。時間があるときに観てみたいですね。