ベトナム労働法⑨: 女性雇用者への特別規定 | ベトナム現地法人ブログ|東京コンサルティンググループ

ベトナム現地法人ブログ|東京コンサルティンググループ

東京コンサルティングループは2007年に独立系会計事務所として初めてインドに事務所を設立して以降、アジア各国の現地事務所を拠点とし、サービスを提供しております。
弊社のベトナム現地駐在員が、皆様のベトナムビジネスに役立つ情報を掲載して参ります。
毎週金曜日更新


テーマ:

皆さん、こんにちは。

ベトナム、ハノイの黒木優志でございます。

 

今回は労働法10章に記載されている、

女性雇用者への特別規定についてお伝えします。

 

 

・妊婦である女性の被雇用者の保護


雇用者は、以下の被雇用者を深夜労働、時間外労働、出張させることはできません。

1. 7ヶ月目以降の妊婦(高地、遠隔地、国境、島嶼においては6ヶ月目以降)


2. 12ヶ月未満の子供を育児中の者

 

重労働に就く女性の被雇用者が妊娠7ヶ月となった際には、賃金が減額されないままで軽微な労働に異動される、もしくは1日の勤務時間が1時間短縮されます。

また、女性被雇用者は、労働契約書の賃金が減額されないままで、生理期間中1日に30分、12ヶ月未満の子供の育児期間中1日に60分の休憩を取ることが可能となっています。

 

・産休

女性の被雇用者には、出産前後で6ヶ月の休暇が与えられます。(出産前の休暇期間は2ヶ月以内)

※生まれた子供が双子以上だった場合には、1人につきさらに1ヶ月休暇が延長されます。

上記の産休期間が終了した後、女性の被雇用者は雇用者と合意した上で、無給休暇を追加で取得することができます。


 

・産休からの職場復帰

産休期間が終了する前に、職場復帰について被雇用者の健康を問題なしとした、認可を受けている医療機関の診断書があれば、雇用者との合意の上、最短で4ヶ月の休暇後、職場へ復帰することができます。

産休期間が終了した後、女性の被雇用者は休暇前と同じ業務に就くことができます。以前の業務が無くなった場合は、雇用者は別の業務に就かせる必要があり、給与額を休暇前よりも引き下げてはなりません。

 

弊社では、会計、税務、法務、人事労務等様々な領域から、進出・運用のサポートをしております。ご質問ご要望等ありましたら、お気軽にご連絡ください。

 

東京コンサルティングファーム

ベトナム ハノイ

黒木 優志

E-Mail: kuroki.yushi@tokyoconsultinggroup.com

 

 


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス