ベトナム人の英語について | ベトナム現地法人ブログ|東京コンサルティンググループ

ベトナム現地法人ブログ|東京コンサルティンググループ

東京コンサルティングループは2007年に独立系会計事務所として初めてインドに事務所を設立して以降、アジア各国の現地事務所を拠点とし、サービスを提供しております。
弊社のベトナム現地駐在員が、皆様のベトナムビジネスに役立つ情報を掲載して参ります。
毎週金曜日更新


テーマ:

皆さん、こんにちは。

ベトナム、ホーチミンの川村 拓己です。

 

Q: 仕事上でベトナム人と英語でコミュニケーションはとれますか?

 

A:ベトナム人と英語でコミュニケーションはとれます。ただし、日本人のカタカナ英語と同様にベトナム人ならではの訛りがあります。あくまで一般論ですが、ベトナム人の英語の発音の特徴には以下の3つがあります。

 

1.   最後の文字を発音しない

ベトナム語の文字でもアルファベットを使用していますが、ベトナム語では語尾を発音しないため、英語の発音もベトナム語の発音と同じ方法で発音してしまうことがあります。例えば、like「ライク」を「ライ」、Nice「ナイス」を「ナイ」のように発音します。

また、最後の文字を発音しないため、like/lightとrice/rightなどの音が全て「ライ」に聞こえる場合があります。日本人は特にLとRの音の区別が苦手なのでなかなかどの単語を使用しているのか判別ができません。

2.   伸ばす発音が苦手

例えば、Party「パーティー」を「パティ」と発音したり、LeaveやDarkは語尾が消え「リッ」と「ダッ」という発音をしたりします。

ベトナム人で日本語をはせる方もたくさんいらっしゃいますが、「おばあさん」と「おばさん」の発音を使い分けることも難しいようです。

3.   長い発音が苦手

ベトナム語で最も長い単語でも母音は2つであるため、長い発音や長い文字の理解が苦手なようです。例えば、Enthusiasticやtelecommunicationのような長い英語の発音は苦手です。

日本人の名前もローマ字で表記すると長くなることがあるため、ベトナム人にとっては覚え難いようです。(例)Yamamoto Kenichirou

 

上記のベトナム人と日本人の英語の訛りを考慮して、ベトナム人と英語でコミュニケーションを円滑にとるためには、①簡単な単語・文法を使う、②ゆっくり話す、③大きな声で話すことが重要になります。

 

 

東京コンサルティングファーム

ベトナム ホーチミン

川村 拓己

Mail: kawamura.hiroki@tokyoconsultinggroup.com

 

 

 


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス