日本企業のベトナム進出傾向 | ベトナム現地法人ブログ|東京コンサルティンググループ

ベトナム現地法人ブログ|東京コンサルティンググループ

東京コンサルティングループは2007年に独立系会計事務所として初めてインドに事務所を設立して以降、アジア各国の現地事務所を拠点とし、サービスを提供しております。
弊社のベトナム現地駐在員が、皆様のベトナムビジネスに役立つ情報を掲載して参ります。
毎週金曜日更新


テーマ:

みなさん、こんにちは。

ベトナム・ハノイ駐在員の黒木優志でございます。

 

今回は、日本企業のベトナム進出傾向についてお伝えします。

 

 

ベトナムは1994年の米国の経済制裁解除、2001年の米越通称協定から外国からの投資が増加していきます。

日本企業のベトナム進出には3つの段階がありました。

・90年代(主に97年のアジア通貨危機以前) 東アジア最後のフロンティア。トヨタ、ホンダ、味の巣など内販型の企業が進出。

・00年代 生産拠点。キャノンやパナソニックなどが円高対策もあり、輸出のための生産拠点をベトナムに求めました。(WTO加盟後の2008年は外国直接投資が激増しました)

・10年代 消費市場。 イオンモールの進出など、近年は小売りを中心とする消費市場に向けたサービス業の進出が目立ちます。またオフショア開発などIT関連の進出も増加しています。

 

全体として、チャイナプラスワン、低廉豊富で勤勉な労働力、市場規模と成長性といった側面から、多くの日系企業がベトナムに進出してきました。

 

 

2017年の日本からの直接投資認可件数は前年比31件増の367件。

製造88件、コンサル等69件、小売流通64件、IT52件、建設19件、倉庫・運輸16件、教育13件、ホテル・飲食13件、その他が33件という構成になっています。<FIA(外国投資庁)より>

 

 

 

弊社では、会計、税務、法務、人事労務等様々な領域から、進出・運用のサポートをしております。ご質問ご要望等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

東京コンサルティングファーム

ベトナム ハノイ

黒木 優志

Mail: kuroki.yushi@tokyoconsultinggroup.com


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。