ハノイの交通・タクシー事情 | ベトナム現地法人ブログ|東京コンサルティンググループ

ベトナム現地法人ブログ|東京コンサルティンググループ

東京コンサルティングループは2007年に独立系会計事務所として初めてインドに事務所を設立して以降、アジア各国の現地事務所を拠点とし、サービスを提供しております。
弊社のベトナム現地駐在員が、皆様のベトナムビジネスに役立つ情報を掲載して参ります。
毎週金曜日更新


テーマ:

みなさんこんにちは。

東京コンサルティングファーム、ハノイ駐在員の黒木です。

 

今回は、ハノイの交通事情とタクシー事情についてお伝えしていきます。

 

 

米国のタクシー配車サービス最大手Uberが東南アジアから撤退し、シンガポールのタクシー配車サービス最大手Grabに売却したというニュースが記憶に新しいですよね。ハノイでも至る所で、緑のウインドブレイカーを羽織ったGrabのバイクタクシーの運転手を目にします。

 

そもそもベトナムはバイク社会で、ハノイにおいてもまだ都市交通や地下鉄がありません。公共交通機関としてバスはありますが、時間や英語整備の不足などもあって利用者は多くはありません。大半の人がバイクや車、タクシーを移動手段として使っています。

 

ビジネスシーンではほとんどタクシーを利用することになると思いますが、ベトナムのタクシーは安全で使いやすいです。

ベトナムのタクシー会社としてはタクシーグループが有名で、よく利用されています。メーター制で交渉は不要、アプリでの事前予約ができます。カードでの支払いも可能です。

 

配車サービスのGrabの利用はやはりかなり多く、予約時点で目的地を入力し金額も明らかになることが大きな特徴です。

 

 

ただ道路や時間帯によって交通渋滞がひどいところが多く、都市鉄道の建設・計画が行われています。

今後よりいっそう都市開発が進展していくでしょう。

 

 

弊社では、会計、税務、法務、人事労務等様々な領域から、進出・運用のサポートをしております。ご質問ご要望等ありましたら、お気軽にお問合せください。

 

東京コンサルティングファーム

ベトナム ハノイ

黒木 優志

Mail: kuroki.yushi@tokyoconsultinggroup.com


 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス