ベトナム 出張手当について | ベトナム現地法人ブログ|東京コンサルティンググループ

ベトナム現地法人ブログ|東京コンサルティンググループ

東京コンサルティングループは2007年に独立系会計事務所として初めてインドに事務所を設立して以降、アジア各国の現地事務所を拠点とし、サービスを提供しております。
弊社のベトナム現地駐在員が、皆様のベトナムビジネスに役立つ情報を掲載して参ります。
毎週金曜日更新


テーマ:

皆さん、こんにちは。

ベトナム・ハノイ駐在員の神田です。

 

(質問)

出張手当は損金として認められるのか否かについて教えてください。又、出張手当は、従業員の方の個人所得税の課税対象になるのでしょうか。

(回答)

出張手当は会社の経費として認められます。又、出張手当につきましては、従業員の個人所得税は課税対象外となります。但し、会社の経費及び従業員の非課税所得として認められるためには、就業規則等の諸規則に出張手当の額及び要件を明確に定め、出張毎に当出張を会社として正式に承認しているという証憑を残す必要があります。これらの点に不備がある場合、将来の税務調査の指摘事項となるリスクがございますので、証憑の管理体制を整えて、不備がないように管理することが大切になります。

以上

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス