ベトナムでの会計監査について | ベトナム現地法人ブログ|東京コンサルティンググループ

ベトナム現地法人ブログ|東京コンサルティンググループ

東京コンサルティングループは2007年に独立系会計事務所として初めてインドに事務所を設立して以降、アジア各国の現地事務所を拠点とし、サービスを提供しております。
弊社のベトナム現地駐在員が、皆様のベトナムビジネスに役立つ情報を掲載して参ります。
毎週金曜日更新


テーマ:

 こんにちは、ベトナム、ホーチミン駐在員の藤原です。

 

Q ベトナムでの会計監査について教えてください

 

A 

ベトナムでは外資系企業は年に1回会計監査を受ける必要あります。

監査時に必要となる書類は各種契約書、会計帳簿、請求書、銀行の取引明細、就業規則など多くの書類を監査人がチェックをします。小口現金がある会社は決算日に小口現金の残高を確認し、金種表等に代表者様のサインをしておく事をお勧め致します。

また上記のように監査では多くの書類を監査人が監査しますので、事前にどのような書類が必要かを聞いておくと監査がスムーズに進むかと思われます。

そして監査報告書は決算日から90日以内に関連省庁に提出する必要があります。

遅延に対するペナルティも発生しますのでご注意ください。

 

以上

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス