ベトナムの女性労働者の保護について | ベトナム現地法人ブログ|東京コンサルティンググループ

ベトナム現地法人ブログ|東京コンサルティンググループ

東京コンサルティングループは2007年に独立系会計事務所として初めてインドに事務所を設立して以降、アジア各国の現地事務所を拠点とし、サービスを提供しております。
弊社のベトナム現地駐在員が、皆様のベトナムビジネスに役立つ情報を掲載して参ります。
毎週金曜日更新


テーマ:

皆さん、こんにちは。

ベトナム・ハノイ駐在員の神田です。

 

(質問)

ベトナムの女性労働者の保護について教えて下さい。

(回答)

ベトナムでは多くの女性が働いており、その権利は労働法によって保護されております。原則、会社は結婚、妊娠、育児を理由に従業員を解雇すること、又、一方的に雇用契約を終了させることはできません。具体的には、雇用者に対して、妊娠7以上の女性労働者又は12か月未満の子どもを育児中の女性労働者に対して時間外労働、深夜労働及び出張をさせることを禁止しております。又、上記に記載した12か月未満の子供を育児中の女性につきましては、1日当たり60分の休憩を減給なしで取得をすることが可能です(第155条)。出産休暇は、出産前後6か月間取得することが労働法によって認められており、その期間につきましては、社会保険基金より産休直前の6か月平均給与をベースとし、出産手当を受け取ることが可能となります。なお、早めに職場復帰をし、まだ出産手当を受け取る権利が残っている社員につきましては、職場復帰後の給与に残りの出産手当を加えて受け取ることができます。

 

以上

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス