ベトナム 会社法 | ベトナム現地法人ブログ|東京コンサルティンググループ

ベトナム現地法人ブログ|東京コンサルティンググループ

東京コンサルティングループは2007年に独立系会計事務所として初めてインドに事務所を設立して以降、アジア各国の現地事務所を拠点とし、サービスを提供しております。
弊社のベトナム現地駐在員が、皆様のベトナムビジネスに役立つ情報を掲載して参ります。
毎週金曜日更新


テーマ:

皆さん、こんにちは。

ベトナム・ハノイ駐在員の神田です。

 

(質問)

ベトナムの現地法人について教えて下さい。

 

(回答)

ベトナムの現地法人について回答していきます。今回は「ベトナム現地法人の会社情報」について書いていきます。

 

ベトナム現地法人の会社情報で重要な点となります。

 

・現地法人の決算日

・資本金の種類

 

現地法人の決算日については、以前は、12月末しか選択できませんでしたが、現在は、3月末、6月末、9月末、12月末から選択することができます。設立をローカルの弁護士事務所若しくはコンサルティング会社に依頼した場合は、上記説明がないまま、12月末を現地法人の決算日とされてしまったというケースもあります。設立後の決算日の変更は、税務署及び投資局の手続きが煩雑であり、設立時に十分に検討した上で現地法人の決算日を確定させる必要があります。

 

資本金の種類については、定款資本金、流動資本金(中長期の借入可能)、総資本金と設定が可能です。また、定款資本金の出資の方法は、現金若しくは、現物出資と選択できます。それぞれの資本金の種類及び出資の方法を十分に理解した上で、現地法人の事業計画に基づき資本金の設定を行うことをお勧め致します。

 

以上

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス