ベトナム現地法人ブログ|東京コンサルティンググループ

東京コンサルティングループは2007年に独立系会計事務所として初めてインドに事務所を設立して以降、アジア各国の現地事務所を拠点とし、サービスを提供しております。
弊社のベトナム現地駐在員が、皆様のベトナムビジネスに役立つ情報を掲載して参ります。
毎週金曜日更新


テーマ:

Q 損金に認められない費用を教えてください。

 

A損金に認められない費用の一部に以下のようなものがあげられます。

・役員報酬

・未払費用

・労働契約に基づかない従業員に対する費用

・寄付金

・罰金

 

営業活動に直接関係ない費用については、原則として損金としては認められません。

その他損金に認められない費用につきましては専門家に確認することを推奨いたします。

 

野口周平


 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さん、こんにちは。

ベトナム、ホーチミンの川村 拓己です。

 

本日はベトナムでM&Aを行う際に注意すべきポイントをいくつかお伝えさせていただきたいと思います。

 

基本的なプロセスは国内でのプロセスと大きな違いはありません。けれども、以下のような日本とは違う、ベトナムならではの留意点がございます。

 

1.  意思決定に多大な時間を要して、結果経済状況の変化によって条件の見直しを余儀なくされる事例が散見されます。

2.  買収交渉時に、先方は企業トップと弁護士、会計士が当事者担当となるケースが多く、日本側にとってはハードネゴシエーションを強いられることもあります。

3.  社会的・文化的背景のギャップが存在することや外国の会社に買収されることに対し心理的な抵抗を感じるケースがございます。

4.  ベトナムでは、負債による買収資金の調達は規制当局の承認が得られない場合があるため、手元資金の範囲でM&Aが行われるケースが多くあります。

 

など様々ございます。

 

より詳しい内容に関しましては、弊社のWiki Investmentや「ベトナムの投資・M&A・会社法・会計税務・労務(久野康成)」を参照していただければと思います。

下記、Wiki InvestmentのURLになります。

http://www.wiki-investment.com/

 

 

弊社では、ベトナム進出から進出後の会計、税務、人事および労務まで

すべて対応しております。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

東京コンサルティングファーム

ベトナム ホーチミン

川村 拓己

Mail: kawamura.hiroki@tokyoconsultinggroup.com

 

 


 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さん、こんにちは。

東京コンサルティングファームベトナムの進藤です。

 

Circular 200.2014.TT.BTCは、企業向けの会計規定となります。第一章は一般規定で、第1条~第10条まで定められています。

第2条では、摘要される範囲が定められています。第2条では、帳簿への記帳及び財務諸表の作成に関して対象範囲とされております。

しかし、企業の税金の負担の計算に関しては、対象範囲から外されています。

 

ベトナムに進出等をお考えの方は、お気軽にご連絡ください!

海外進出が始めての方でも、大丈夫です!私達が貴社の海外進出をゼロからサポートいたします。      

進藤

shindo.hideki@tokyoconsultinggroup.com

ベトナム携帯:+84-01639222719


 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさんこんにちは。

東京コンサルティングファーム、ハノイ駐在員の黒木です。

 

今回は、ハノイの交通事情とタクシー事情についてお伝えしていきます。

 

 

米国のタクシー配車サービス最大手Uberが東南アジアから撤退し、シンガポールのタクシー配車サービス最大手Grabに売却したというニュースが記憶に新しいですよね。ハノイでも至る所で、緑のウインドブレイカーを羽織ったGrabのバイクタクシーの運転手を目にします。

 

そもそもベトナムはバイク社会で、ハノイにおいてもまだ都市交通や地下鉄がありません。公共交通機関としてバスはありますが、時間や英語整備の不足などもあって利用者は多くはありません。大半の人がバイクや車、タクシーを移動手段として使っています。

 

ビジネスシーンではほとんどタクシーを利用することになると思いますが、ベトナムのタクシーは安全で使いやすいです。

ベトナムのタクシー会社としてはタクシーグループが有名で、よく利用されています。メーター制で交渉は不要、アプリでの事前予約ができます。カードでの支払いも可能です。

 

配車サービスのGrabの利用はやはりかなり多く、予約時点で目的地を入力し金額も明らかになることが大きな特徴です。

 

 

ただ道路や時間帯によって交通渋滞がひどいところが多く、都市鉄道の建設・計画が行われています。

今後よりいっそう都市開発が進展していくでしょう。

 

 

弊社では、会計、税務、法務、人事労務等様々な領域から、進出・運用のサポートをしております。ご質問ご要望等ありましたら、お気軽にお問合せください。

 

東京コンサルティングファーム

ベトナム ハノイ

黒木 優志

Mail: kuroki.yushi@tokyoconsultinggroup.com


 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

東京コンサルティングベトナムの野口です。

 

(Q)ベトナムの試用期間中は給与を100%払う必要ないと聞きましたが、本当でしょうか。

 

(A)     労働法の第28条によれば、会社と個人との同意が必要になりますが、正規採用する場合の給与の85%以上であれば問題ございません。

試用期間中の給与の他、解雇、社会保険料の支払いなどはトラブルになりやすいところですので、採用を進める前に一度ご相談いただければと思います。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。