ベトナム現地法人ブログ|東京コンサルティンググループ

東京コンサルティングループは2007年に独立系会計事務所として初めてインドに事務所を設立して以降、アジア各国の現地事務所を拠点とし、サービスを提供しております。
弊社のベトナム現地駐在員が、皆様のベトナムビジネスに役立つ情報を掲載して参ります。
毎週金曜日更新


テーマ:
皆さんこんにちは。東京コンサルティング・ベトナムの山口です。

<Q>
法人設立にあたり、日本での書類の認証、公証などが必要と伺いました。これらは具体的にどのように対応すれば良いのでしょうか。

<A>
日本での私文書の認証・公証方法ですが、最終的には④ベトナム大使館の領事認証が必要となります。また、この領事認証のために3つ(①公証人の印鑑、②地方法務局長印、③外務省印)の印が必要となります(従って、計4つ必要となります)。
地域によって異なりますが、下記どちらかとなるのが一般的です。

1,①②③を公証役場で受領、④を在日本ベトナム大使館で受領
2,①を公証役場、②を地方法務局、③を外務省、④をベトナム大使館で受領

なお、2の場合には、③④を在ホーチミン日本国総領事館にて行うことも可能です(③を取得した場合には、不可)。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 こんにちは、ベトナム、ハノイ駐在員の浅野です。

Q, ベトナムに100%日本法人から出資する現地法人の形態にて進出を検討しています。現地のベトナム人の労働者を日本所在の会社に紹介というビジネスモデルを考えています。外資規制等はありますでしょうか。

A, 現地のベトナム人を他国の会社にて就業する目的で紹介を行うことについて、これを規制する法令があります。2006年11月29日施行の72/2006/QH11です。さらに細則を定める2007年8月1日施行の126/2007/ND-CPです。外資系企業の当事業については、規制対象となっています。
 126/2007/ND-CPの第2条に当事業は、ベトナムのローカル100%の出資会社でなければ、事業を行えないとされています。ただし、ベトナムに所在する会社への労働者の紹介であれば、外資100%であっても設立は可能です。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さんこんにちは。東京コンサルティング・ベトナムの山口です。

<Q>
 弊社は既にベトナムに現地法人を持っており、駐在員事務所を設立したいと考えています。日本法人の駐在員事務所とするか、ベトナム法人の駐在員事務所として設立するか検討しています。どのような違いがありますでしょうか。
 また、仮に事務所を借りて、駐在員のみ赴任させること(事務所の設立はナシ)も視野に入れていますが、何か問題はありますでしょうか。

<A>
 まず、どちらに従属するかによりコスト負担先が変わってきます。つまり、日本法人の駐在員事務所とすれば日本法人がコスト負担(費用計上)することになりますし、ベトナム法人であればベトナム法人となります。
 この点、ベトナム国内での活動を一つにまとめて管理したい場合には、ベトナム法人にて設立した方が、把握し易いかと思います。
 一方で、ベトナム法人での負担が大きくなることは資金が必要となりますので、その点も考慮する必要があります。

 事務所を借り、登記なしで活動を行うことは、実際行っている企業様も中にはいらっしゃいますが、当該活動に要した費用(オフィス家賃やアパート家賃)の計上が否認される可能性があります。そのため、将来的に見れば、設立を行った方が、コスト減となる可能性が高いです。
 また、ライセンスなしで活動を行うこと自体、リスクともなりますので、その点も注意が必要です。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 こんにちは、ベトナム、ハノイ駐在員の浅野です。

Q, もうすぐベトナムの現地法人に赴任する予定です。いくつか予防接種を行いますが、健康面において現地で気を付けるべきことはありますでしょうか。


A, 日本人が病院に診察を受けに行く一番多い理由は、食あたりだそうです。現地の外資系病院に勤務している看護士の方に聞きました。

 ベトナムは、インドほど食あたりは多くはないという印象ですが、お腹の弱い方は、気を付けた方がよさそうです。健康状態が良いときは、免疫力もあり大丈夫だと思いますが、疲れがたまっているときや体調を崩しているときは、食べ物に気を遣ったほうが良いです。

 特に、屋台などのローカルフードは、注意が必要です。調理する場所の衛生状態がよくないケースや材料そのものが怪しい場合も多いです。屋台は、道やバイクが普通に走る道路の横で調理をしていることも多く、そもそも良い衛生状態を期待するほうが間違っているというものです。

 しかし、おいしいお店もあり、値段も日本食レストランの半分から五分の一という安さのため、非常に魅力的なのも確かですし、自社のローカルスタッフやベトナム人の友人に誘われて屋台で食事をされる方もいらっしゃることでしょう。たまにはそういったところで食事をするにしても、体調や自分のお腹と相談しながら、無理をしない程度に利用するのがよいと思います。

 また、いくらお腹の強さに自信があるといってもシーフード系の屋台は避けたほうが無難だと思います。知人が二人ほど病院送りにされております。

 万が一、食あたりになった場合は、ためらわずに病院に行くことをお勧めします。抗生物質入りの点滴を打ってもらえれば、かなり楽になります。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは、ベトナム、ハノイ駐在員の浅野です。

 

Q, 試用期間中のスタッフの個人所得税の計算は累進課税によるもので問題ないでしょうか。

 

A, 試用期間中の雇用契約について、1年以上の雇用契約に含める方法で雇用契約書を締結するか、別途試用期間のみの雇用契約書を締結するか(試用期間の終了後、新たに1年以上の雇用契約書を締結する)、の二つのケースがあるお思い増す。。試用期間中の雇用を1年以上の雇用契約に含める方法で雇用契約書を締結する場合は、雇用の開始時点の給与から累進課税方式により個人所得税の計算を行うことができます。
ただし、別途試用期間のみの雇用契約書を締結する場合(試用期間の終了後に新たに1年以上の雇用契約書を締結する)は、試用期間中の給与は、累進課税方式による個人所得税の計算ができない可能性があります。個人所得税を定める法令
111/2013/TT-BTC251i3ヶ月未満の雇用契約を締結する居住者は、10%の個人所得税の源泉徴収を行うとの規定あります。試用期間中の契約は、該当箇所の3ヶ月未満の雇用契約に該当する可能性があるためです。
なお、この方法によって、
10%の個人所得税の源泉徴収を行う場合は、基礎控除を適用することができず、例え給与が現在の基礎控除額の9百万ドン以下であったとしても個人所得税の納付が必要になります。よって、1年以上の雇用契約を締結する前に試用期間の契約を別途締結する場合は留意する必要があります。

 

以上

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。