ベトナム現地法人ブログ|東京コンサルティンググループ

東京コンサルティングループは2007年に独立系会計事務所として初めてインドに事務所を設立して以降、アジア各国の現地事務所を拠点とし、サービスを提供しております。
弊社のベトナム現地駐在員が、皆様のベトナムビジネスに役立つ情報を掲載して参ります。
毎週金曜日更新


テーマ:
こんにちは、ホーチミン駐在員の嶋です。

日本では、絶対的な看護師及び介護福祉士の人数が不足しており、そんな中、ベトナム政府は日本との間で4月18日、ベトナム人看護師及び介護福祉士の派遣協力に関する合意書の文書を交わしました。インドネシア、フィリピンに続いて三カ国目となります。

これにより、ベトナム人看護師及び介護福祉士の入国・一時滞在が可能となり、日本で不足する看護師・介護福祉士を補うことができます。

看護師の受入条件は、①ベトナムの看護師資格を有すること②2年以上の実務経験を有すること③日本語能力試験3級合格者となっています。日本入国後の滞在期間3年を上限に、日本の看護師国家試験に3回挑戦できるとしています。ベトナムに日本と同様の資格がない介護福祉士は、受け入れ条件は看護師と同じとなっていますが、日本の介護福祉士を受験するには日本での実務経験が3年以上必要になりますので、滞在期間の上限を4年としています。

先に受け入れを開始したインドネシア、フィリピンの両国の看護師・介護福祉士は、試験での漢字などの言葉の壁により、合格率がかなり低かったと話題になりました。漢字にふりがなをつけるなど改善はされていますが、日本人の合格率に比べるとまだまだ低いです。日本では、構造的にこれらの職種の人員が不足していますので、より一層の改善が望まれます。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、ベトナムのハノイ駐在員の浅野です。

今回のブログでは、ベトナムでの人材の募集方法についてご紹介致します。

日系企業のベトナムにおける人材の募集の方法ですが、大きく分けて①人材紹介会社を使用する場合、②インターネット、新聞広告を利用する場合、③スタッフ若しくは知り合いに紹介してもらう場合などに分けられると思います。

それぞれメリット、デメリットがあります。

まず、①の人材紹介会社を利用する場合ですが、メリットとしては、ベトナムにおいて、どんな媒体で求人を募集したとしても集まってくる人材の質が玉石混交です。その上、人気のポジションには、一気に何百通という書類が送られてくるため、書類選考が非常に大変です。しかし、人材紹介会社を利用した場合には、企業の求める条件をもとに厳しく選考を行い、人材を紹介してれるので、書類選考などの必要がなく、選考にかける負担は非常に少ないものとなります。また、人材紹介会社の持っている独自のコネクションにより、人材を紹介してくれることがあるため、新聞などでは集まらないような優秀な人材を紹介してもらえるケースもあります。デメリットとしては、紹介料が発生してしまうことです。一方では、新聞、インターネットの掲載は非常に安い金額で依頼することができます。

②のインターネット、新聞広告を利用する場合のメリット、デメリットですが、人材紹介会社を利用する場合と逆になります。メリットは、コストが安い面、デメリットは、書類選考が大変なところです。ただし、すでに管理部門に優秀なベトナム人スタッフがいる場合は、ベトナム人スタッフに書類選考及び面接をさせて、最終面接のみ日本人のマネジャーが対応しているという企業もあります。

③スタッフ若しくは知り合いに紹介してもらう場合ですが、ベトナム社会の特徴として、親族、友人に仕事を紹介するといったことは、ごく当たり前に行われています。上手な利用方法としては、有名大学卒の優秀なスタッフが自社にいる場合には、必ず同じ大学出身の知り合いが大勢いるので、その中から、必要な人材を探してもらうといった方法があります。もちろん選考に関しては、しっかり能力、ポテンシャルを客観的に評価しなければなりませんが、概してベトナム人は非常にプライドが高いので、ある程度は紹介してくるスタッフの顔を立てる必要もあるのかもしれません。一般的にコネクションを使って何かをする場合はこのあたりのバランスが非常に難しいです。

優秀な人材の確保は、事業成功に直結する非常に重要な問題です。
それぞれの募集方法のメリット、デメリットを考慮しながら、上手に採用を行っていきたいものです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、ホーチミン駐在員の嶋です。


ベトナムでは、ベトナムの古典や歴史的な記録は、漢字で書かれており、100年ほど前までは、漢字が使用されていました。現在、辞書に載っている単語の70%が漢字表記が可能です。お寺などに行くと、今でも漢字を見ることができ、漢字を日常的に使用する日本人にとっては身近に感じます。また、日本語とも似ている発音があり、何かしら日本語の影響があるものと考えられます。下記が例です。ただし、ベトナム語は発音が命です。日本語で発音しても、通じません。例えば、  (愛国)を日本語でアイコクと発音しても通じないです。通じさせるためには、ベトナム語アクセント(六声調と口の大きさ)が必要です。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、ベトナムのハノイ駐在員の浅野です。

今回のブログでは、ベトナムの女性の就労事情についてご紹介いたします。

ベトナムでは、一般的に男性よりも女性の方がよく働くと言われています。弊社もベトナムの企業とお付き合いがありますが、スタッフはほとんど女性という企業も珍しくありません。

また、ベトナム人の女性は、結婚、出産をしても働き続けたいと思う女性が多いです。結婚後、働かずに主婦になるというケースは一部のお金持ちに嫁ぐ場合を除いてあまり一般的ではないようです。

出産後は、子どもはその夫婦の両親が育てるケースが多いですが、ある程度の所得を得ている家庭は、ベビーシッターを雇い子どもの面倒を見てもらうことも多いです。

働く女性の法的な保護ですが、労働法で保護されています。会社は、結婚、妊娠、育児を理由に従業員を解雇したり、雇用契約を一方的に終了させることができません。

妊娠7カ月以上の従業員は、残業、夜間勤務等を行うことが禁止されています。また、妊娠中は、検診一回につき一日の休暇を取得することができ、合計5回まで取得することができます。

出産休暇は、労働法上出産前後に4カ月間とることが認められています。その期間の保障は社会保険基金により支給され、産休直前の6カ月平均給与をベースに手当として受け取ることができます。

生後12カ月の子どもがいる従業員は、減給することなく、一日に60分まで勤務時間を短縮することができます。また、実務上は、毎日の勤務時間を短縮するのではなく、一日にまとめて取得することもできます。

上記のように働く女性に対する労働法による保護も手厚くあり、ベトナムは女性が働きやすい環境であるといえます。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、ベトナムのハノイ駐在員の浅野です。

今回のブログでは、ベトナムにおける個人所得税及び法人所得税の確定申告についてご紹介いたします。

毎年3月31日は個人所得税及び法人所得税の確定申告の最終日となります。

簡単に個人所得税の詳細を紹介すると、暦年の総所得見込額の12分の1の金額に基づいて計算し、翌月20日までに申告納税を行います。年次の確定申告では年間の実際の総所得額に基づいて個人所得税を算定し、年末から90日以内に申告・納税を行います。過払いの納税額がある場合には還付を受けることもできます。税率は累進課税となっており、5パーセントから35パーセントとなっています。

法人所得税に関しては、原則暦年が課税年度となっているため、確定申告については年度末より90日以内に行います。これは免税期間中の企業や損失を計上した企業においても同様です。税率は25パーセントとなっております。また、外資系企業は法定監査が義務付けられているため、確定申告の際に監査済財務諸表も一緒に提出します。

弊社の場合、確定申告は申告期限の最終日の3月31日に管轄の税務署にて行いました。法人所得税の申告はいつもの窓口でしたが、個人所得税の確定申告は、いつもは駐車場になっているところに特設会場が設けられていて、そちらで行いました。申告最終日ということもあってたくさんの人で混雑していました。
順番を待っている時間も含めると全て終了するまでに2時間以上かかってしまいました。やはり、確定申告は余裕をもって早めに済ませたいものです。

確定申告最終日の税務署内の風景です。

個人所得税の確定申告の特設会場です。テレビ局の取材が行われています。


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。