単純な・・なぜ? | 代官山まったりベランダタイム TCDスタッフblog

代官山まったりベランダタイム TCDスタッフblog

ジーンズカジュアルのマーチャンダイジングを主とする、有限会社TCDのスタッフblogです。
新商品のお知らせや、スタッフのお気に入り私物を紹介して行きます!


テーマ:

最近、某GMSの昔なじみな方と

お話する機会がありまして

ありがちな話

「あの商品の売れかたはすごかったよねぇ~。」

の、良かった時の昔話と

「また何かやろうよ!」

さほど親しくもない知り合いに会った時の

なかなか果たされない約束のような話です。

これはこれで

精神衛生上悪くないことだと思ってます。

 

自分自身がGMS=量販店さんの仕事をしていたときから

常々思っていたのですが

量販店の食料品売り場には

【カルビー】や【キッコーマン】

【森永】や【グリコ】

【ハウス】や【S&B】

【キリン】や【アサヒ】もあるのに

どうして衣料品にはブランド品が無いのだろう?

 

そこで10年ほど前に提案したことがあります。

アメリカの

【TARGET】のようなやり方に転換できないのかと。

代表的なのが【Mossimo】というブランド。

記憶は最早あやふやですが、2000年頃

モッシモは、多くのモールでテナント展開をしていて

客の入りも良く、それなりに評判のブランドでした。

ところが

2004年か2005年頃、すべてのテナントが閉まり

ターゲットが独占販売をスタートさせました。

当時、Mossimoに入る、年間のライセンス料が

20億円を軽く超えていたそうです。

その多くはターゲットによるものだったようです。

ターゲットでの売り上げ規模の大きさがうかがい知れます。

 

また、【Nordstrom Rack】や

【Marshalls】【Ross Dress for Less】のような

ブランド品の季外商品やB品を専門で扱う売り場を

常時一定スペースで展開できないのか?と。

 

*ブランドの構築。(適当に登録した自社ブランドではなく)

*品揃え店としての量販パワーの優位性を確立。

*納品形態、方法の単純化。

 

これができれば、量販店はまだまだ売れる!と思うのですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有限会社TCDさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス