最近、今まで絶対にスピリチュアルなんて口にしないと思われていたような業界の方たちから、

いとも自然に「これからはスピリチュアルが大切ですよね」という言葉を聞くことが多くなり、ビックリします。

私の場合は職業が職業だし、もともと大好きな世界なので、特に新しい言葉ということではないのですが、

ただ私にとっても、その「スピリチュアル」が、とても明確に感じられるようになってきましたひらめき電球

何十年も前は、そんなこと口にしたら、カルト宗教の信者かなんかだと思われてしまいそうで、まるで隠れキリシタンみたいな感じで、人前では言っちゃいけないと思っていました。

何かの拍子に、友人の一人が興味あると聞いて、二人でコソコソ小躍りしたことを覚えていますにひひ

でも、そのころは、現実とスピリチュアルは繋がってはいるとは感じているものの、やっぱりどこか別世界でもあるように考えていました。

最近明確になったのは、まさに「スピリチュアル」は現実の中にあるということです。


たとえば、家族のために頑張る時、チームのために犠牲になるとき、会社のために貢献する時・・・・、それがまさしくスピリチュアルなんだなぁ。と思います。

スピリチュアルと繋がっていると、それがとても自然に、無償でできるものなんですねチューリップ黄

スピリチュアルの反対にあるのがエゴじゃないかな、と思います。

エゴって言うと、わがままみたいに聞こえるけれど、エゴはエゴで大切なことです。

自分が誰だかわからなくなっちゃいますからショック!

ただ、エゴばっかりで生きていると、


「どうして認めてもらえないんだろ。」

「なんで、私ばかりが犠牲になっているんだろ。」って被害者意識満載になって、結構ストレスが溜まってしまいます。何より、誰もわかってくれない…と、孤独感でいっぱいになってしまいますガーン

スピリチュアルと繋がると、皆の魂とつながるから、誰のためも自分のためもあんまり関係なくなっちゃうから、被害者意識を持たないで行動できちゃうんですねニコニコ

10年以上も前、心理学を勉強する中で

精神的に不安定になりやすいパーソナリティーを説明する資料に、

「スピリチュアルの障害」っていう表現があったんです。


正直、そのころは良く分からなかったというか…

あ~、自己とのつながりが切れちゃったんだろうな、と理解していたのですが、

最近、もう一度なるほど!!と理解し直しましたひらめき電球

スピリチュアルとの絆が切れてしまうと、被害者意識になりやすいし、他の人とのつながりが感じられなくて、孤独ですものね、そりゃ不安定にもなりますあせる

というわけで、スピリチュアルは瞑想の中の世界ではなく、家庭で、学校で、職場で…

現実の中でこそ大事なのだなぁと、その辺が明確になったのです。

ただ、その絆と取り戻したいとき、瞑想はかなり効果的だと思います。

私みたいに、どっちかというと瞑想ばっかりしていた側から、現実の中にあるスピリチュアルは大事だぞ、というベクトルと、

精神世界とは全く逆に見えたビジネスを専門にしていた側から、

あら!スピリチュアルって大事なんじゃないか、というベクトルが出会ってきたのが今なのでは、と思うのですあじさい