垣根 | 銀座整体院の求人ページのブログ

銀座整体院の求人ページのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
人は何もしないで物事を評価する癖がある。
何もしないでとは語弊があるかも知れないが、周りからの情報に流されたり、一部の評価が増幅して正しい認識を失ってしまいがちである。
垣根を越えて、、、と言う言葉があるが、世の中には社会的、政治的に敵対心を持ったりする類似業種が存在する。
我々の仕事もその一つだろう。
昔から補完代替医療の一つであるカイロプラクティック、その立場は医者からボロクソに言われてきた。
食いもしないでキライだという食わず嫌い、意外と食べてみると美味しかった。みたいな出来事を紹介しよう!
私どもの治療院、Total Body Care 銀座整体院に古くから通っている内科医のドクターがいる。勿論、横の繋がりで整形外科医のドクターも知っている方だ。
10年前に腰痛に悩み、奥さんに連れられて来院された。
初めての経験でカイロプラクティックの施術を受けることに。
問診、検査、施術、画像診断はないが、事細かく身体全体を一つの機能単位として評価する。
よって、対症療法ではなく全体を静的 動的検査を交えながら関連部位と症状の接点を探っていく。鑑別診断後に矯正部位を決定して施術を行う。そして、術後のケアの指導を含め治療が完成する。

ドクター曰く、薬、メス、入れる前にカイロプラクティックやるべきですね、いや~良かったです、またお願いします!と、

今ではすっかりカイロプラクティックを受け入れて、周りの知人や職場のスタッフを紹介してくれる方になっている。

社会的位置付けや法的枠組みを作るのは、最終的には行政の仕事だが、実績を作るのは我々の責務である。
恐れず、拒まず、前に前に進んで行こう!

院長 山口 肇


Total Body Care 銀座整体院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス