オーストラリアヴィクトリア州の旅②~“旅”は初日にやってきた~ | SUPとヨガと宮古島

SUPとヨガと宮古島

~on the sup?~ 大自然と身体で遊ぼう! in 宮古島

世界一キレイな海、沖縄の宮古島で

 

『on the sup ?』

 

 

『大自然ヨガ』

 

の楽しさを世界に!!!

 

をテーマに活動している、

 

THE BIG BLUE代表 on the supトレーナー

 

田中 航平です。

 


ウェットスーツ無料レンタル!詳細はこちら

 

 

 

【閲覧注意】

 

長いです。

 

重いです。

 

読み疲れると思います。

 

スルーをお勧めします(笑)

 

 

 

 

 

宮古島出発、当日。

 

いつものように身体で遊び、

 

お世話になりまくっている、

 

愛車&海道具を入念に清掃。

 

なんだかんだで、もう夕方。

 

ようやくスーツケースに荷物を詰め込む。

 

 

 

宮古空港 19時50分発のJTA。

 

これに乗ってお帰りになられるお客様も多い。

 

この日は、私達がお客様気分に浸れる。

 

そしてお客様の気持ちになれる、貴重な機会。

 

 

 

時間もあるし、今回こそは歩いて空港まで行こう。

 

“行く” じゃなくて “行こう” は駄目ですね(苦笑)

 

中間地点のマックスバリュー辺りで、タイムアウト。

 

このまま歩いて行ったら、かなりギリギリ。

 

タクシー乗車。

 

一日たっぷり時間はあったのに・・・

 

「うちららしいね~」

 

って、微笑みながら。

 

 

 

22時15分、羽田到着。

 

京急鎌田駅最寄のホテルに前泊。

 

 

 

翌日、康子さんとはしばしのお別れ。

 

普段四六時中一緒にいるから、変な感じだ。

 

 

 

18時過ぎ、羽田空港で両親と合流。

 

軽く食事を済ませ、搭乗手続きへ。

 

「いよいよだなぁ~」

 

気分が高まると共に、

 

ここから怒涛に “旅” がやってきた。

 

 

 

自動チェックイン機でチェックインが出来ない。

 

係の方にカウンターでと促され、列に並ぶ。

 

カウンターでもチェックインが出来ない。

 

しばらくして、

 

「ETASは取得されましたか?」

 

 

 

正直。

 

旅慣れたつもりでした。

 

毎回、旅の手配は全て自分で行う。

 

航空券・宿泊・レンタカー・イベントのチケット等。

 

英語サイトだけのものも含め、乏しい英語力でも気合いで。

 

旅を重ねるにつれ、あまり下調べをしないようになっていっていた。

 

アメリカは、ESTA。

 

インドは、VISA。

 

なぜか勝手に、オーストラリアは何も必要ないと思ってしまっていた。

 

新婚旅行以来、13年振りのオーストラリア。

 

当時はJTBさんに全部お任せだったから。

 

 

 

まぁ~これはジャブのようなもの。

 

時間に余裕はあったから、

 

カウンターの隅で、3人分のETAS登録を済ませる。

 

 

 

「さぁ~いよいよだ。」

 

 

 

22時 羽田発 シドニー行 カンタス航空。

 

機内での、映画にビールにワイン。

 

これも旅の楽しみ。

 

良い気分で、深夜にトイレへ。

 

なぜかコンセントに目が行き、

 

それほど減っていたわけでもないスマホを充電。

 

 

『8桁のPINコードを入力してください。』

 

 

旅の間、僕のスマホは使用不可に・・・

 

※帰国後、ドコモショップさんが無事救出してくださいました。

 

 

まぁ~これもまだ強烈なジャブといったところ。

 

宿主さんと等、旅に必要なやり取りは全てGMAILで行っていたので、

 

お父さんのスマホで確認&やり取りが出来る。

 

 

 

9時35分、シドニー空港着。

 

12時発 メルボルン空港行 カンタス航空 登場予定。

 

ここから “旅” が炸裂します。

 

 

 

出発ゲート変更のアナウンス。

 

変更されたゲートで待機していると、

 

電光掲示板に CANCEL のサイン。 

 

慌ててカンタス航空カウンターへ。

 

「申し訳ございません、12時発は欠航となりました。次にお席を確保出来るのは、18時45分発です。」

 

 

 

いやいや、久々、パニックです。

 

 

この日の予定。

 

14時にメルボルン空港でレンタカーを借りて、

 

約100km離れたトーキーに向かい、

 

Booking.com で借りた一軒家へ。

 

最寄のスーパーで食材とビールとワインを買って、

 

プールで泳いで、テニスをして、乾杯。

 

 

それどころじゃない。

 

18時45分発ってことは、早く着いても20時15分頃。

 

その時間じゃ、予約しているレンタカー店は・・・

 

楽しみにしているトーキーの宿も一泊無駄になる・・・

 

黒いと言われている僕の顔は、きっと白かっただろう。

 

 

取り合えず、レンタカー店に電話をしなければ。

 

Rentalcars.comを通して予約した、

 

Ace レンタカーメルボルン空港店を検索する。

 

 

おっ!!!

 

通常営業終了時刻 18時30分

 

木・金 22時30分  

 

この日は運良く木曜日。

 

奇跡だ。

 

 

なんとかなるかもしれない。

 

一筋の光明が。

 

 

だが、ここで新たな問題。

 

そう、英語で電話。

 

これ、本当に苦手。

 

しかもスマホは海外で使えるようにしていないから、

 

公衆電話を使うしかない。

 

 

Aceレンタカー フリーダイヤルにかけてみる。

 

焦って用件を伝えたが、どうやら電話の先はシドニー空港店らしい。

 

メルボルン空港店の電話番号を教えてもらう。

 

 

何度かかけてみるが、全く繋がらない。

 

どうやら電話番号が違うようだ。

 

もう一度フリーダイヤルにかけて、その旨を伝える。

 

完全に言い訳だけど、空港での電話は途中で頻繁に館内アナウンスが入り、ただでさえ聞き取れない電話の英語を更に難解にする。

 

多分、こいつに何を言っても駄目だと思われたんだろう。

 

途中から一切応答がない。

 

どうやら受話器を置かれたようだ。

 

※後に分かったことだけど、シドニーとメルボルンでは日本でいう市外局番のようなものが異なり、頭に03を付け加えなければいけなかったようだ。

 

 

 

これはまずいと思うと同時に、

 

楽しみにしていたことの一つ “英会話” の洗礼を、

 

いきなりかかと落としをくらったかのように受ける。

 

 

ここで思った。

 

僕の電話での英会話は、自分自身、一切信用出来ない。

 

確実にしっかりと伝えなくてはいけないこの現状。

 

他の手段を考える。

 

 

Rentalcars.com だ。

 

ここなら日本語が通じる。

 

仕方がないけど、国際電話を使おう。

 

 

ここからは何度かかけ直しや、サイトを通しての再入力等の必要はいくつかあったが、親切に対応してくれたスタッフ様のお陰で、なんとか順調に進んだ。

 

 

でも、まだ全然安心出来ない。

 

どうやらレンタカー店行のシャトルバスに乗る為には、メルボルン空港に着いたら指定の番号に電話をかけないといけないらしい。

 

だが、この番号、またフリーダイヤル。

 

念の為、シドニー空港で予行練習。

 

ガイダンスを聞き進めていくと、

 

メルボルン空港の方は、2をプッシュとの指示。

 

 

「Two street,Brown roof,~building...」

 

 

どうやら場所を指示しているようだ。

 

空港に到着したらこの番号にかけてくださいという指示だったが、

 

かけることによって到着確認の意味があるのだろうか?

 

 

 

気がつけば、大分時間が経過していた。

 

時間通りにシドニー空港を出発し、メルボルン空港に到着。

 

指定の番号に電話をかけてみる。

 

 

「Two street,Brown roof,~building...」

 

 

やはり、ただ場所の指示らしい。

 

これなら先にマップで教えてくれればよいのに・・・

 

 

急いで空港の外に出る。

 

日が長い夏のメルボルンだけど、さすがに薄暗い。

 

定かではない僕の解釈に従って、探してみる。

 

レンタカー店が連なった場所があったが、Aceレンタカーはない。

 

空港職員の方に聞いてみると、

 

Aceレンタカーは分からないけど、レンタカー店はあそこに集結しているとの返答。

 

 

もう一度、電話の指示を思い返す。

 

 

「Two street,Brown roof,~building...」

 

 

Two streetを無視して、茶色の屋根に向かって走る。

 

 

すると、Aceレンタカーのジャンパーを着た白髪のおじさんが。

 

「Thank you!」

 

と言いながら、握手を求める変な日本人。

 

この喜び、伝わるかな?

 

 

 

でも、この怒涛の“旅”は、これで終わりじゃなかった・・・

 

 

 

今日で完結させるつもりだったけど、

 

書いててめちゃくちゃ疲れた(苦笑)

 

明日は昼と夜に二つブログアップ予定です。

 

 

 

THE BIG BLUEホームページはこちら

 

 

 

波本日の海の状況波

 

天気 : 曇


気温 : 最高21度/最低16度


海面温度 : 23度


風 : 北の風やや強く後北東の風やや強く


波高 : 3m(北うねり)


潮 : 大潮  

満潮 7:20+150 18:42+179

干潮 0:45-5 12:45+67


コメント : SBはやや強い北風