996GT3と清水先生と新堂さん。 | タイマツカーオプション ブログ

タイマツカーオプション ブログ

輸入車・スポーツカー・レーシングカーを取り扱う
タイマツカーオプションのブログです。
自動車・レース・サーキットイベントにまつわる事を中心にお話を
させてもらってます。
http://taymazcaroption.co.jp






先週、996GT3をタイマツヘビーローテ重要顧客様M様にご納車致しました!


かれこれ4台目のご納車、本当にありがとうございます😊



車選びから全て一任下さるので本当に有難いのですが、今回は松田にとって一番想い出深く大好きな996GT3前期をお納めしました。








その経緯としては、GT3前期がポルシェにハマるきっかけを作ってくれた車両だったから。



2000年2001年に筑波ナイター耐久にブリックヤードレーシングとして、清水先生・Nさん・新堂さん・現apr山崎さん・松田で結成しスカイラインGTRで出場しました。で、その頃プジョーディーラーマンだったのに清水先生がご購入された赤い996GT3前期の面倒見も一任いただき、メンテナンスからサーキット走行もご一緒させていただいたんです。



それまでポルシェに触れた事も乗った事も無かったのに、当時の最高峰ポルシェにいきなり乗せてもらって目ん玉飛び出るほどでしたが、色々経験させていただく中でポルシェのクルマ造りの深さに感嘆したのを強く覚えています。それが今にも繋がっているのは間違いない。
清水先生と新堂さんにレースでもお世話になりましたが、ポルシェ談義からの延長でGT3前期に触れ合う機会をいただけたことが本当に貴重な体験でした!



また、ヒーローしのいサーキットと言うコースを996GT3で走らせていただいた時に最初全く上手く走れなかったのですが、新堂さんの心友である三四郎さんのナスビ号の隣に乗せていただき、コーナーでアクセル踏みながら左足ブレーキ乗せて前荷重掛けて曲がる方法を見せてもらい、その後GT3でそれをしたら意のままに操れる様になったんです。これらの経験が僕のポルシェのスタートであり、マイルストーンでもあります。





それを今回お納めしましたが、改めて乗って本当に素晴らしいモデルであると再認識しました!
速さは今のカレラや718ケイマンSにも劣りますが、クルマとして欲しい要素を全て持っています。

今後、程度の良い996GT3前期は数を減らす一方でしょうが、皆様も一度ご所有される事おススメします!