先日、バスに乗った時の話し。。



バスが信号で止まっている時に
おじいちゃんが杖をつきながら
横断歩道を渡ってきました。





そのおじいちゃん。。
一生懸命渡っているのだけど





歩くのが
めちゃくちゃ遅いんです。。ガーンあせるあせる






1歩進んでは休み
1歩進んでは休み





信号変わっちゃうけど…
大丈夫かなぁ



と、どきどきして見ていたら




信号を渡っていた2人の方が
手を貸して
一緒に渡ってくれました。。






おじいちゃんは急いで渡れないので
それでもゆっくりなんだけど…
おじいちゃんは通行人の人たちの手を借りて
横断歩道を渡りきることができました。




ホッ。。おねがい





その光景をバスの中からぼーっと見ていたら




3年半前の私が
よみがえってきました。。。。えっ





          ※。.:*:・'°☆※。.:*:・'°☆※。.:*:・'°☆




あの頃は私も…




ゆっくりゆっくりしか…
進めなかったな~って。。
今もかなりゆっくりだけど…。




おじいちゃんと一緒で
1歩進んでは立ち止まって…
の繰り返しだったな~って。。。





私何でこんなに進めないんだろうと
自分を責めてしまう日も
あったりしたな~って。。えーん





だけど辛かった時
色んな人が力になってくれたんだな。。





そんなことが思い出されて…




ふっと心が温かくなりました。。。





横断歩道を渡っているおじいちゃんを見て
こんなことを思う人はたぶん居ないと思うけど
ガーンあせるあせる




私は自分が歩いてきた道のりを
おじいちゃんを通して
何だか…
見せられているような気持ちになった。。。




      

よく頑張ったね。。
あなたが頑張ってきたこの道のりは
たくさんの人の支えがあったからなんだよ…




と、3年半の時を経て




なぜか…こんなタイミングで汗汗




感じさせてもらえたような
気がしました。。。。







自分がゆっくりでしか歩けないのなら
ゆっくり歩けばいい。。。




3年半前は自分のことでいっぱいいっぱいで
感じることができなかったけど…




あの頃感じ忘れていた
あったかい気持ちを…




そんな過去からの優しい記憶を
今になってたくさん受け取っている。

        






喪失による苦しみは時間だけで
解決できるようなものではありません。





むしろ…時間が経つにつれて
辛さが増していくように感じたりもします。





だけど、時間が経過していく中で…
気持ちは揺れ動きながら
少しずつ変化していくのも事実です。。





旦那さんが亡くなって3年半。。



今、思い出すのは辛かった場面より
楽しかった記憶の方。。




不思議ですね。。




みんなが同じように、苦しみから抜け出していける訳ではもちろんないけれど




時の経過と共に…




記憶が変化する人が居るのも
事実ですよ。。。流れ星