これです↓ ニャー

The Cat/Jimmy Smith
はい。意外と思われる方もいるとは思いますが、JAZZです。

オルガンが最近マイブームです。JAZZだとオルガンって、あってもテンポがゆるかったりするじゃない?このアルバムは緩急自在なんですねぇ。6曲目St Louis Bluesなかなかスピード感があって、ルパンのサントラにも入ってそう。

「屋外ローラースケート場とダンスフロアに、直接オルガンを持ち込んでみせた」

うーん1960年の人でしょ?なんか、もっと古きよき時代とかじゃないの?
って感じのアツイ魂があるね。この逸話でアルバム全体のファンキーさをナットクできます。

今で言うと、クラブにテルミンを持ち込んで演奏ってかんじなのかな。

---------------------------
よーし、もういっちょ♪

TIDE OF STARS SPECIAL EDITION/DE DE MOUSE
正直、カナリのオススメです。
アルバムタイトル通り、目をつぶると星空が見えそうな気持ちのよいエレクトロニカ。

様々な声にフィルターをかけて加工して、言葉をばらばらに入れ替えて作っているメロディは、親しみやすいようで手が届かない星の輝きに似てて、アルバム全体のキーを握ってるんだよね。しかも、このアルバム実は一度売り切れていて、反響が大きかったため7月7日の七夕にビレッジバンガードで再発売をしたというイワクつき。

なんかね、「プラネタリウムに行って静かに見なきゃいけないんだけど、ワクワクしちゃって、はしゃぎたい気持ちでイッパイ」そんな子供の頃の気持ちになれるんですよ。これ。すごいところね。

ちゃんと踊れそうな曲も入っていて3.Dancing Horse On My Notesはかなりかっこいい。
でも、かっこいいのは1.Baby's Star Jamを聞いてからじゃないと分からないと思うんだよね。

1曲目の出だしは凄いよ。なにーこれ!?って感じになるよ。
AD

Wher is my space for

テーマ:

強烈な社員旅行のリバウンドの為3日酔いです。


今日はそんな酔い覚ましをかねて横浜を散歩。


ぶらぶらしていたらステキな建築現場がありました。

電波塔とのコラボレーション。どこまで伸びるのか。

ちょっと背伸びしたい背比べです。

tt


さて、今日は良いものを久しぶりにみつけました。

写真がNGとのことで残念ながらWEBしか情報がないのだけど、

みてみて!!!ちょーーーーデジタル革命☆テレビ

http://www.hannspree.com/jp/jp/index.htm


Webには掲載されていないけどフライドポテトにTVが埋め込まれているやつも。

プラズマだとか有機ELだとか、そういう方向以外にも進化できるんだね。


ということで、tksが行ってきたのは横浜ベイクオーターです。

最近できたらしい。桜木町からぶらっと横浜駅へ行く途中にあります。


クイーンズ→横浜美術館→ジャックモール内のBLENTS Coffee→ベイクオーター


ベタベタな4連コンボですね走る人

途中は原っぱや映画館や教会があって、空が高くてステキな場所です。


ただ、一点悔やまれるのはベイクオーターができた場所はポートサイド公園のすぐ近くにあること。

今まで人が少くひっそりとした暖かい夜が落ちてくる公演だったのですが、カップル等に占領されて過去の静けさはなくなってしまいました。何かあるとあそこに行っていたので残念。時代の風なのかなぁ~なんて、自分の落ち着ける場所が無くなることに切なくなった。いつまでの同じではいけないんだ。ドリルダウンしていくか方向転換をしていくか、それとも立ち止まるか…テレビと一緒でね。


↓オマケ

お菓子のつかみ取り的なお店が出ていて子供たちがキャッキャしていたので一枚。

こういう笑顔ができる仕事がしたいな。

tt2

AD

オトナの圧縮

テーマ:

こんばんは。tksです。


書きたいことは沢山あるのですが、

ちょっと時間管理がダメダメです。。。。


GWのことを今頃書こうかとあせる


みなさん布団圧縮機という芸術品を使ったことはあるだろうか。


原理はご存知の通り袋に入れて空気を抜くだけ。


理科の実験でもやりそうなアレですね。


で、押入れが狭くなってきたこともあって、面白半分で買ってみたんですね。

なかなか面白い晴れ



これが使用前。GIジョーさんもびっくりの大きさです。

GI4


ちょっと登ってみました♪

GI3


思わぬ襲撃もあり。。。


GI2


やっとの思い出圧縮!!


GI1


どうですか?この圧縮。

お父さんがちょっとそこらへんの岩に「あらよっと♪」と

腰を掛けてお弁当おにぎりを食べようとしている

風景が彷彿されますね。


GIジョーさんもご満悦です。




お陰でtksの押入れに、

スノボのブーツがしまえるようになりました。


調子に乗って「、色々やってしまいそうです。

そうコレがオトナの理科。


ちょっと怪しい常習性ですね。

またつぶしてしまいそうです。

AD

トイレmono

テーマ:

ただいまー。久しぶりに早い時間に帰って来ましたー。


期末の急がしさもこのまま終わってくれると嬉しいものです。


さて、そんな事を思いながら直にトイレへ。



が、紙が無い!!


おぉ、ギャグになってしまうではないか!?

と思ったが、友人からのスタバ”お疲れ”プレゼントが助けてくれた。

panda

今更だけどありがとー。


で、久しぶりのtks-mono。


このプレゼント。可愛すぎて使うのをためらう。が、monoとして生まれてきた以上、本文を果たしてもらうこととしました。そう思い立ってすぐに開封。背に腹は変えられず。w


が、またしてもためらう。パンダが可愛すぎる。細かいところに英単語が書いてあって小さい子供が覚えられるように可愛く書いてある。動物ビスケットのような感じで、思わずう「わぁー使えねー」って。


kami

で、どんなコンセプトで作ったのか袋を見てみると、この袋はWWFを通じて貢献できるんだとか。しかも、この袋自体も通常は有害なガスが出るのに、無害で尚且つダイオキシンを吸着する物質になるとの事。袋まで気を配るなんて絶賛だね。可愛いだけじゃないのだー。


これでお尻も気持ちよくふけるってもんだ!

ってmonoマガ風に自分で理由をつけて納得。

帰ってきました

テーマ:

今年の夏休みは土日のみというあまりにも短い休みな為、昨日実家に帰ったと思えば、今日でトンボ帰り。進路を考える妹を見て、自分もしっかり考えなきゃと戒める。父親は相変わらず酒を飲んでしまうと8時過ぎには寝てしまうからあまりゆっくり話せなかったけど、まぁ少し話せたし元気そうだったからまず安心。母親は相変わらず映画マニア且つアクティブでここに書くこともはばかられるのではないだろうか。と、いいつつ母親に貰った劇団新感線のDVDには笑い転げた。ありがと。


なんだかんだで、それなりに楽しい実家を後にして、もう一つの実家六本木のスタバへ帰宅途中に寄り道。知っている人がもう誰もいないんじゃないかと思ってどきどきしたけど、大好きな松下さんや野村さんがいて、思わずニヤリ。迷わず、カプチーノ。夏なのにカプチーノ(ミルクが無かったのに低脂肪を頼んですいません)。


うーん、ヤッパリ世界一美味しい。ヒルズの日比谷駅出口すぐなので人が多くて店の中はてんてこまいだけど、妥協のない仕事をするこのお店の心意気が大好き。某自由が丘のお店とはワケが違うのだよ。勿論、泡も細かいし分量も正確。あるマネージャーさんはこれでひげが剃れると言い張ってたくらい♪

間違っても、某自由が丘のお店のようにレシピを間違えたまま出すことはない。これでもバリスタの端くれだから、レシピを間違えたくらいわかるっちゅうねん!というか、その妥協?(気がつかなかっただけと信じたい)が凄く悲しい。


そのキッチンは、あなたのステージなのに。世界でドリンクを作っているのはあなたであり、待っている人はあなたのShowを期待の目で見ているのに。自分のステージを演出できるのは自分だけ。期待してくれているのであれば最高の一杯を。あまり期待していないのなら目をさます最高の一杯を。自分の誇りを高め、周りを刺激して自分も刺激してもらう。tksの仕事に対するプライドはここで作られたし育ててもらったと改めて認識。店長やパートナーにしっかりとプロを叩き込まれてた。店長はもう辞めてしまっていないけど、とても感謝してます。


そんなこんなで、ショット(エスプレッソ)、ボディ(ミルク)、フォーム(泡)、全部が最高の一杯を貰ってご機嫌に。いろんな事を考えているうちにお店はますます人ごみが増してきたので名残惜しくも早々に退散。また行くからね!


夏休みはこれにて終了。。。

敢えて隠す

テーマ:

敢えて隠す。

そうすると見たくなるし、

見えないものも見えてくる気がする。


ミッキーの中身、モザイク、スープにかぶさっているパイ生地。。。。


でも隠す対象がモノでない場合それはもっと高度になるのだろう。石庭の中に宇宙を隠したように日本人の美意識の高さにはいつも心打たれる。昨日は最近ずっとやっている「お香」用も南部鉄器の香炉を購入。


匂いを隠す。というか敢えて穴が開いたふたを閉める。そのせいで煙は一度香炉に滞留して行き場を一度見失ってから白い潮流として穴から流れ出す。なんかスッカリ、虜です。

香炉

手に持った感覚もズッシリ重たくて頼りがいがある。お付き合いが長くなりそうなmonoとであった日だ。

FHB時計

テーマ:

ずうっと欲しかったFHBの時計が

ふと横を通った雑貨屋のショーケースに。


FHB


その魅力はご覧の通り。右はtksが普段している時計。

1.8倍はある。大きいのでTシャツとの相性が最高。

大きい窓が宇宙船の窓の様。


何よりもこの時計のバックボーンが素敵。

1970年代にデザインされるもデジタル等の新しい時代の到来によって

廃棄するハズだったが、あえてデザイナーが大事に封印していたというお話。

※店員談


ずうっと、待ってたんだ。

良いmonoは忘れられないものなのだ。


よし、コイツに負けない良い仕事しまっせ!w

tks-monoへ

テーマ:

皮。


生きていた証。細胞分裂の成れの果て。

行き着くところまでいって後は時間が経つのを待つばかり。。。。

kawa

のようにみえるが実はバスのつり革。

なんか撮り方によってはこんな風にみえるんだもんね。面白い。


価値という言葉は、他からの視点が無ければ生まれない。

逆に良くも悪くも評価する(気がつく)人がいることでしか価値は生まれない。

って事は一番最初に価値に気がつけば。。。って思う。


(それがtks-monoになりますように。)


そんな理由からこんなところにも興味を配れるようになったわけで。

土曜大工

テーマ:

暇になると盟友Hとダイエーに行くんだけど結構面白い。


もはや主婦の店ダイエーではない。

その中で土曜日に昼から友人とダイエーに行きネタを探す。

といつものように惹かれるモノが。


父の日向けに・・・


バカラのグラス


いやー、普通の人はあげないだろうっ。

お子さんじゃ知らないだろう。

むしろ、そんな子供に育てた覚えはない


結局、ガーデニング用のタイルを改造して!?

縁側にしようとHと悪乗り。二人で合計20枚お買い上げ。


つんであったタイルが、何も無かったかのように丸々なくなる。


タイルの大人買い。

engawa

ちょっと楽しい。w

そんなこんなでできた縁側で、寝転びお香を焚いて間接照明で本を読む。

すっごい贅沢。これは癖になりそうです。

ナウでヤングな赤いバック

テーマ:

GWを利用して東京へ遊びに来た福島の祖母と巣鴨へ。

そこには人の山。いや、海といった方が分かりやすい。


刺抜き地蔵までの細い道のりに全国の「元ナウでヤングな人々」が所狭しといらっしゃる。そうなるとtksのmonoセンサーも弱るもんでグッタリしながら歩いていると、このバック。

巣鴨バック

明らかに最近見ない、おばあちゃんが引っ張って持ち歩くあのバックが一休みしている。

あたりを見渡すと微妙な流行らしく数人引っ張っている。


なかでも目に付いたのが写真の一台。

ただの赤いバックだと思う無かれ。

しっかりとした、赤い皮で作られていてメンテもばっちり。


おばちゃんグッツでも良い物はいいなぁ。と思った日でした。