【カトウタケシTwitter】
@taxxx_CUVE


the JAG 新曲【Warning】【素晴らしき人生を】無料配信中!!
$カトウタケシ
the JAG
official website


カトウタケシ プロデュース【金澤 碧】

カトウタケシへのメッセージ、お問い合わせはメールにて。

kttk-c-@mail.goo.ne.jp

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-06-20 00:18:54

先輩っ‼勉強させていただきーーー

テーマ:ブログ

…っました。ハイ

 

えー、昨日の大塚Hearts+はお疲れさまでした。

 

まずはご報告とお礼ですね。

 

用意していた新譜【純情より過剰なロマンス / 詩歌イノ唄】は一枚残らず…どころか関係者に配ろうと余分に用意してあった分まで完売しましたーっ!!

 

いやぁ、どうもどうも、ホントにどうもありがとね。ペコリン

 

…おかげで先輩達には全く渡せませんでしたどうしてくれる。アレー

 

ま、嬉しい事ですね。

 

CUVEの作品が素晴らしく価値のあるモノだというのはわかっちゃいるんだけれども、その価値がわかる頭のおかしなセンスがイイ人がどれくらい集まってくれるのかはフタを開けて…は閉めてを何度もしないととてもじゃないが現実を受け入れられないからね、ちょっぴり不安もあったんだよ。

 

メンバーも喜んでると思います。

 

あ、業務連絡。

 

今回の新譜はCD-Rなので、再生する相手に多少厳しい業務用のプレーヤーを使ってオレが全部再生確認してあるんだけど、中には不具合が出るモノがあるかもしれません。

 

その場合はSNSのメッセや下記アドレスにメールで連絡をしてください。

kttk-c-@mail.goo.ne.jp

 

何とかしますので。

 

 

さてさて、今回のライブについてちょっと長くなるかもだけど、写真を交えつつオレの主観による反省文レビュー(…っていうのか?)何かそういうの書くわ。

 

あー…今回のイベントはオレの先輩達のバンド【ONE NIGHT STAND】さんの主催イベントでした…はい、ココ大事ね。

 

そうなのですよ、主催はオレらじゃないのですよ。

 

だのにぃー…なぁーぜぇー…えぇっ??なんでオレらがトリなの??

 

おかしいでしょ??

 

勿論この疑問は先輩達に言いました、ああ言いましたとも。

 

そしたら…『はぁーー??トリぃぃーー???そんなんできるのCUVEさんしかおらへんやないかーーい!!全会一致です。ハイ、ヨロシクちゃん。』

 

と、ボーカルのKAORUさんに言われた…気がします。

 

要するに、『お前らがしっかりシメろや、頼むでしかしぃ~ゴルラァ。』という事だったのでしょうね。

 

反論なんかしませんよ、だってオレはとても可愛いワンちゃんなのだから。キャイーン

 

そんなワケで、先輩達に重荷を背負わされ重責を任されたオレは、怯え震えるCUVEのメンバーにその旨を伝え、狂ったように『なんでやねん』を繰り返す国王ヤマ・チャーンを『いよいよ山下王国の時代がやって来たのです、どうかお覚悟を。』の一言でその気にさせる事に成功しました。チョロイ

 

まぁ、放っておいたら目も当てられない程の混沌と乱痴気騒ぎしか起こらない気もしたので、ここは常にシラフで理性的なオレがやるしかないのだろうな…と、オレも覚悟を決めました。

 

えー…ここまで書いておきながら、先輩に読まれたらどうしよう…と、心拍数が相当上がってきております。

 

ここまではライブ当日までのお話ね。

 

では、続き【当日編】を。コホン

 

当日はオレらがサウンドチェックの一番目でした。

 

オレらが新曲を合わせていると…あ、そこ座ります?え?見るんですか?別にオレらの演奏なんか聞かなくてもいいんじゃないでしょうか?…あー座っちゃった…。

オレ(やべーよ、超見てるよ、助けてよ、山ちゃん!!)

山ちゃん(…無理やわ。)

 

まぁ、この状況に比べたらステージで多少スベッた位痛くもかゆくもありません。

 

きっとオレの精神力を鍛えるおつもりだったのでしょう…先輩ありがとうございましター!!

 

無事サウンドチェックも終わり、楽屋スペースで談笑しつつ出番を待っておりました。

 

これがね、ホント大変でした。

 

別に怖いとかそんなんじゃなくてね、楽しすぎて笑いをこらえるのがホント大変だったのよ。

 

これでもボーカルなので、一応声を温存しなきゃなんだけどさぁ、先輩達は皆さん持ちネタが豊富なのでもっと話したいし大声で笑いたいし、まぁーーー大変でしたよ。

 

…すごいメンツだよなぁ。

 

あ、嬉しい事がありました。

 

KENZIさんとKoREDS★さんに挟まれて…オレ結構幸せかも。フフフ

 

こんな感じで楽しい時間を過ごしつつ幕は開き、まずはウチの社長の【The富士山ず】のステージ。

 

いいよなぁ、こういう雰囲気。

 

オレらとは違うけど、いつかこういうのやってみたいんだよねぇ…というかPAをやりたい。笑

 

お次は…あ、ここにオレより若い奴らがいた、【BERED】。

 

あ、上手いね、いいじゃん。

 

先々何かとヨロシクしといたらいい事あるかもしれないので仲良くしとこう。笑

 

そしていよいよ…主催の【ONE NIGHT STAND】さんお願いしまーーース。

 

あ、そうそう、今回発売してたONE NIGHT STANDの音源はオレがミックスしたんですよー。

 

いいでしょう?

 

ライブも楽しそうにブッ飛ばして…よし、アレくらいやってりゃ終わったらヘロヘロになって打ち上げで無茶はしないだろう…よしよし。

 

あ、いや、そんな事は、考エテナカッタデスヨシャチョーサン。

 

…ごほん、勉強させていただきました!!

 

ライブは続いて【THE DEAD P☆P STARS】さん。

 

オレ個人としてはプラゴーで何度かご一緒させてもらってるのでね、今さら驚く事でもないのだけど、やはり現役でやってる安定感ってのは強いよなぁ…っつーか、AKIさん声出てんなぁー…いいなぁー…。

 

AKIさんはとても優しく話をしてくれる方なので、凄く癒されるんですよコレが。

 

今回久しぶりにお会いして話せたのは嬉しかった。

 

そんな事考えながら楽屋モニター見てました。

 

とまぁこんな感じで皆さんが次々とステージでその雄姿を魅せてはご帰還…さぁ、いよいよオレらの番だな。

 

よし、逝く…いや、イクぞー!!

 

んで、CUVEのトークショーライブが始まりました。

 

MCでも言ったけど、山ちゃんが体調不良だったので、結構心配してたんだけど、やっぱステージに上がるとスイッチ入っちゃうみたいでね、オレも負けてられんぞという感じでやらせてもらいました。

あー…タムリン(ドラムの田村浩行)、お誕生日おめでとう。

♪カメラ付きの~ヘリコプタぁ~あげるぜ~(盗撮好きだろ?)

今回は特別に(笑)他のメンバーもいっとくか。

ギター、山下善次!!

♪チャラーン(オレ、パ・リーグ好きやねん)

ベース、竜也!!

♪ボヨーン(タムリンさん中森明菜好きでしょ??)

ドラムス、田村浩行!!

♪ポコン(皆ありがとう…そのまま死んでくれ)

CUVEでしたっ!!

 

…確かこんな感じのトークショーだったと思います。

 

ぶっちゃけブッ込みすぎてよく覚えてないわ。

 

まぁ、写真を見る限りちゃんとやってたんだろう。

 

そして最後は先輩達を交えてのセッション。

 

いっぱい写真あったんだけど、きっと他の方がアップすると思いますので、ここではお気に入りの写真を。

…って誰やねんっ!!アハハハハー

 

すいません、先輩、取り乱しました。

 

誰なのかは皆さんが色々ネットツールとか駆使して探してみてください。笑

 

とにかく楽しい時間を過ごさせてもらいました。

 

ホント、先輩達にはいつももらいっぱなしで…感謝してます!!

 

愛してるぜっパイセン!!

 

来てくれたヤツらも最高だ!!

お疲れさまでした!!

 

よし、上手くまとまったと…思う…けど…これからオレはしばらく身を隠すのでサガサナイデクダサイ。キットクル

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-18 01:52:07

自分の在り方というモノを

テーマ:ブログ

…常々考えております。ハイ

 

まぁ、オレみたいな雑昆虫風情がそんな大そうな生き物ではないという事ぐらいわかっておるのですが、小さな身の丈なりの美学といいますか、このパッとしないショボクレた音楽人生を最大限ドラマチックに魅せたいとは思うのですよ。

 

無いものを有るように見せるといった偽装的な誤魔化しではなく、また、在るものを馬鹿正直に在りのまま見せる自己満足的な開き直りでもなく。

 

自分という人間を構成するあらゆる要素を駆使して、少しでも素晴らしいモノになるよう工夫を凝らした演出をしたいと考えておるのですよ。

 

しかし、どうにもならない事ってのがあるんだよね。

 

持っていたハズなのに失ってしまったり、折れたり曲がったり弱ったり…とまぁ、対外的に胸を張れる要素が色々と目減りしてきたなぁ…そう感じる事も多くなって参りました。

 

声はどんどん切れ味悪くなってるし、耳も時折わけわかんない感じになってる、演奏のクオリティという部分においては感覚よりも経験則で何とかやれているといった危なっかしい状況もアリ…。

 

さて、どうしたものかと。

 

もう歌うのやめちまおうかなぁ…なんて事はバンド始めた頃からずーっと葛藤し続けてる事なので、答えは出ているし、今更どうという事ではないのだけど、肝心なのはこの状況下でオレはホントにどう在るべきなのだろうかという…まぁ、自問自答だよね。

 

公言しているけど、オレは歌う事が好きじゃない。

 

たぶん日本で一番歌いたくないボーカリストだ。

 

だってさ、バンドを背負っている以上、常にベストを尽くして歌わなくてはならないからしんどいし、声帯結節を抱えながらの喉のケアはホントに辛いし、調子が悪ければずーっと気分が晴れないから、こんな想いする位なら歌なんて歌わない方がいいと思ってしまうよ。

 

カラオケだろうがライブだろうが気軽に歌うなんてオレにはできないし、そんなどうでもイイ歌を歌う理由が無い。

 

正直それでここ数か月凄く悩んでたんだよね、引き際ってモノについて。

 

んでね、このオレがおそらく人生で初めて歌う事について相談をしました。

 

相手は夜桜星丸さん。

 

オレ 『最近声の調子がホント悪くなって、ワンステージ持たないんですよ。でもクオリティを落としてまでステージに上がりたいとは思わないから…そろそろどこかで線を引かなきゃならないのかなぁ…なんて思ってるんです。』

 

☆ 『まぁな、オレも色々とあるからその気持ちはよくわかるよ。でも、やめるのは簡単な事だし、それならもういっそ現実を受け入れちまったらどうだ?』

 

オレ 『はぁ…受け入れるとは?』

 

☆ 『18日にライブあんだろ?』

 

オレ 『はい。』

 

☆ 『じゃぁさ、頭から思い切りブッ飛ばしてやって、声が出なくなった時点でライブ終了~でいいじゃん。』

 

オレ 『えっ!?』

 

☆ 『もし3曲で声が出なくなっちまうんなら、クオリティの高い歌は3曲しか歌えないので3曲歌ったら帰ります。もうオマエはそういうボーカリストって事でいいんじゃねーの?ダラダラとつまらないステージでお茶を濁すよりイイだろ。』

 

オレ (…確かにそういう発想は無かったな)

 

☆ 『んで、周りのヤツがそんなボーカルは誰も受け入れられませんよってなったら、もうやめるしかねーんだから、そん時は引退だ。笑』

 

オレ 『まぁ、そりゃそうですよね。笑』

 

とまぁ、色々と話した中でこんな感じのやり取りがあったんだけどね、何かストンと自分の中に落ちたモノがあったんだよ。

 

確かにガラクタ寸前のポンコツボーカリストなのかもしれないけど、オレはまだ少しはまともな歌が歌えるし、歌う場所がある。

 

そして少ないながらもそれを待ってくれているヤツらがいる。

 

それに、オレが歌うからには聴いてるヤツらの度肝を抜きたいし、ハッピーな瞬間にしたいし、ハラハラドキドキワクワクさせたいって気持ちはあるんだよね。

 

ただそれだけ、でもそれが今のオレの在るべき姿なのだろう。

 

歌うのは大変だけど、そこにはオレが身を削るだけの価値があるのも事実だし、オレにしか歌えない歌があるのだ。

 

まぁ、さすがにライブの途中で帰るってワケにはいかないけど、ド頭からブッ飛ばして行けるとこまで行くってのは悪くないね。

 

正直、全然吹っ切れちゃいないんだけど、自分の中にあるこのモヤッとした不快感はなんか懐かしい感覚だよ。

 

これを晴らすためにオレは歌うんだね。

 

さて、18日だ。

 

どうせ雨も降るんだろ?笑

 

上等だ、今夜は頭からリミッターかけずにやります。

 

みんなも一緒に行けるトコまでいきましょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-06-12 23:39:38

地味でダルい例の作業が

テーマ:ブログ

…さっき終わりました。ハイ

 

オレは途中で休憩してしまうと作業復帰までとてつもなく時間がかかるハタ迷惑な体質なので、今回は覚悟を決めて一気に【CD-Rライティング~再生確認~印字】の全工程を片付けました。

 

まぁ、6月18日のライブに合わせて新譜を作ろうと言い出したのはオレ自身なのでね、こういった地味な作業を引き受けるのは当然の事なんだけど、やっぱこういった同じ事を淡々と繰り返すような作業は苦手だわ。

 

現在、【GREEN DAKARA すっきりしたトマト】をぐびぐび飲みながら自分を褒めちぎっておる最中でございます。

 

コレ最近のマイ・ヒット商品です。(自販機限定)

 

うん…よくやったオレ…そんな事よりコレ美味いな。

 

もちろん、他のメンバーも自分のレコーディング以外の部分で色々と無理をしながらキッチリとやってくれたのでね、皆さんさすがだよなぁーとも思っておるのですよ。

 

CUVEとしてチカラのこもったイイ作品ができたのではないでしょうか。

 

作業も片付いたからライブの前にバタバタせずに済みそうで良かった。

 

…っつーか、直前にならないと何もやる気にならないオレにしてはちょっと作業が早過ぎるので、おかしな病気にかかってるのかも知れません。

 

それとも何かのフラグかな?

 

おやおや、ライブに行ける気が全くしなくなってきたぞ。

 

あー…なんか熱が…出てきたような…気が…しないことも…ない…かも…

 

大事をとって休みます。

 

ライブまでもう何もしたくありません。

 

おやすみなさい。サガサナイデクダサイ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。