576号 インボイス制度が始まる | たっくすニュース

たっくすニュース

税金の話しを中心としたコラムを掲載しております。
文字数の都合により詳細な説明は省略しております。
ご了承のほど、宜しくお願い致します。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  「たっくすニュース」 2021年8月2日(第576号)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┌─┐
│■│ インボイス制度が始まる
└─┴──────────────────────────
 2年後の2023年10月、消費税のインボイス制度(適格請求書等保存方式)が導入されます。そして本年10月、その登録申請の受付が開始されます。
■ インボイスってなに?
 インボイス(invoice)とは、ご存知の通り請求書の事です。
 本来、請求書の記載事項に特別なルールはありませんが、請求書というからには少なくとも次に掲げる項目の記載は必要でしょう。
1.発行者の氏名または名称
2.相手方の氏名または名称
3.取引年月日
4.取引内容(品目・サービス内容等)
5.取引金額
 さらに取引金額を振込んで頂く場合は「振込先」、支払期限を区切る場合は「その期日」、後々の管理の為には「請求書番号」も有用です。
 場合によっては振込手数料の負担について記載したり、発行会社のロゴを記載したりするとより請求書らしくなります。
■ 適格な請求書(インボイス)とは?
 2年後に導入される適格請求書とは消費税法で定める9つの記載事項のある請求書で、具体例は「たっくすニュース573号(その領収書あやしいです)」に記載した通りです。
 特徴的なのは「適用税率(8%か10%か?)」及び「消費税額」に加えて「発行者の登録番号」が必要な点です。
 では、登録番号を記載しないとどうなるのでしょうか?
 また、登録番号はどの様に申請するのでしょう?
 さらに、誰でも申請できるのでしょうか?
 次回以降、更に詳しくご紹介させて頂きますので宜しくお願い致します。
┌─┐
│■│ 2021年夏季休業について
└─┴──────────────────────────
 弊事務所は暦通り(カレンダー通り)に営業致します。
☆★───────────────────────────
送信元    豊島税理士事務所 豊島正純
〒142-0063 東京都品川区荏原4-1-4-201
Tel 03-3785-1644 Fax 03-3785-1650 http://taxtoyo.com
────────────────────────────★☆