NEW !
テーマ:

おはようございます、今日は旅券の日です。

20年弱前に失効したままです。

 

今日から少しの間、時価版の租税教室に関する話を書いてみます。

租税教室というのは、全国各地の学校で開催されている学生向けの税金に関する勉強会です。

 

その多くは、小学校高学年から中学生くらいに向けて開催されていることが多いようです。

内容を簡単に説明すると

 

・税金がどうして必要なのか?

 

について、小中学生に向けてわかりやすく話をする、というものです。

 

私自身は、この取組に直接関わったことはありません。

ただ、自分の子供が通う小学校において「親の仕事を語る」という体験教室の講師をやりました。

長男と次男は年子なため、二年続けて小学校にお邪魔して税理士についてお話をしました。

 

ただ、いきなり税理士の話をしても小学生にはチンプンカンプンです。

そこで、まず「税金とは何か」について話をした上で、税理士について話をしました。

 

その時にした話が割と好評だったもので、その資料を基に書いていきたいと思います。

明日より、具体的な内容に入っていきます。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます、今日はプロレスの日です。

よけずに打たれる、難儀なお仕事です。

 

設備投資と周辺事情について色々と触れてきました。

 

・固定資産というものの基本的な考え方

・資金源の考え方と金融機関の動向

・税務上用意されている特典

・経営力向上計画、商業・サービス活性化税制

・中小企業向け特典など

・早期経営改善計画

・税理士による書面添付制度

 

だいたいこんな流れでお話をしてきました。

 

設備投資については、新しい制度が次々と出てきています。

特に計画書の作成などが前提条件となるものの増えてきており、事前の準備が大切です。

設備投資について、なるべく早めから検討し、情報をまとめていくことが有用です。

 

税理士との情報共有も重要性が高まっています。

顧問税理士がいる方は、購入を検討した時点で必ず連絡をし、必要な手続きについて検討をするようにしたいものです。

またそれらの情報について、書面添付制度にまとめることで課税庁への対策にもつながるでしょう。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

一押しして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます、今日は方言の日です。

勝手なあこがれがあります。

 

設備投資と周辺事情についてお話をしています。

税理士による書面添付制度について、その利点に色々と触れました。

 

税務署の方からも、お客様からも喜ばれた書面添付。

更に、思わぬところからも喜びの声を頂いたことがあります。

それは金融機関の方です。

 

書面には企業の現状や課題、進むべき方向性について網羅的に記載しています。

結果的に、そうやってまとめた文書が金融機関に対する与信判断の材料としてそのまま使えたのです。

 

通常、金融機関は数字で与信判断をします。

しかし、それだけではわからない定性的な情報についても求められるようになってきました。

その点について、税理士による書面添付制度が思わぬ効果を発揮したのです。

 

また、こうやって作成した書面を基にして「経営力向上計画」や「早期経営改善計画」の作成につなげることも容易です。

顧問税理士がいる方には、ぜひ書面添付制度の活用について相談をしてみて頂きたいです。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

一押しして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。