こんにちは!

私は数年前に富士山を登ったことがあるのですが、先日以下の記事を読みました。

【深層リポート】富士山に“入山税”導入へ 登山マナー向上へ講習義務化も(1/2ページ) - 産経ニュース (sankei.com)


富士山の保全協力金について「税金」としてすべての人から徴収することに賛否両論あるようですが、近年の混雑状況を考えてもボランティアだけで環境保全に取り組むことは難しくなってきているのだと思いました。

私は富士山の環境保全への思いもありますが、協力金の引き換えにもらえるストラップみたいなものが後々富士山に登ったという達成感を感じさせてくれるので任意の協力金について払うことに抵抗はありません。
なので、多くの人が入山している中で払うことに協力している人が登山者の約67%であったということに驚きました。

入山税をきっかけに世界遺産である富士山を日本の象徴としてこれからも美しく保てるよう一人一人意識が変われば嬉しいです。
ちなみに、登らなくともふるさと納税をすることにより富士山の保全にも協力できるようです。

昨年はコロナの影響で開山しなかったのですが、今年開山するのであれば万全の対策をもってまた登山に挑戦したいと思います!

いしのだ