吉永富貴子のオフィシャルブログ

吉永富貴子のオフィシャルブログ

心の声を拾って深層意識を探るヒントになることを綴っています。
そして、あなたの中に眠っている原石を発掘し光り輝くピンクダイヤにします!! 
各種講座、セミナー、セッション開催中!!

心の仕組みを使って、あなたの魅力をアップさせるカウンセリングや、
講座開催中です!!




ピンクダイヤホームページ http://pink-daiya.com/

ただいまリニューアル中です。

お問い合わせは

お電話:(082)555-9611

メールアドレス:[info@pinku-daiya.com]

までよろしくお願い致します。

http://pink-daiya.com/mailmag/


ドキドキお知らせドキドキ


フラクタル心理学開発者



一色真宇先生のフラクタル現象学概論が終了致しました。

 全国から駆けつけてくださった受講生様、有り難う御座いました。>

 次回、一色会長が広島入りをされる日程が決まり次第公開致します。
     

 なお、今後の講座の子細はピンクダイヤ社のHPをご覧ください。
      
 

NEW !
テーマ:

宝石赤おはよう御座います宝石赤

 

今朝の広島は薄く雲が広がっていましたがお天気になりました。

 

 

なんと、器の小さい奴らじゃのう…!

 

なんで、こんなことが解らんのかいのう…!

 

いい加減に大人にならんかい…!」って

 

大きな医療機関の待合室で大きな声 … びっくり

 

振り返ると白髪の年配の方がテレビの前で発した言葉でした。

 

思わず周りの方が声の主を見ています。

 

家族は「はい。お父様、そうです。そうです。」と

 

周りの方に済まなそうに会釈して年配の方の腕をポンポンと触りながら返事をされています。

 

その光景を見て思わず笑みがこぼれました … ニコニコ

 

 

そして、はて…? どこかで聴いたこ・と・ば 目

 

すると、小学生の頃に父親が私達姉妹に言っていた器の話を思い出しました。

 

もう、何十年も前の事ですが今でも脳裏に焼き付いています。

 

「今は、小さな器じゃけど、大きくなったら丼の底の人間になれよ…!」と

 

何時も、何時も、姉と私に言っていた言葉です。

 

私達姉妹は、両親が働いていましたので家事の担当が決まっていました。

 

時には用事をサボる事もありましたがそんな時に決まってこの話をします。

 

姉と私は妹の世話や面倒も決まっていました。

(これには訳ありです…。)

 

姉は、主に三番目の妹の担当ですが私と二人の妹全体の担当です。

 

私は、4番目の妹の担当です。。

 

そして、父親は「姉ちゃんの言う事を聴くんで…!」と頭を撫でて出かけます。

 

そんな光景が待合室の年配の声で浮かびました。

 

待合室のテレビニュースは「言ったじゃ、言わんかったじゃ…。」と

 

しつこく報道していました。

 

ニュースはどの番組も報道関係者がさも正義の味方で有るように正しさを追求しています。

 

社会で一番影響力のある報道関係の方が物事の本質を見抜けない報道をしている事に

 

関して年配の方はその報道関係者に向って器の小さい奴らじゃ!」

 

嘆いた声でした。

 

 

私も良く丼鉢の蓋という例で器の話をします。

 

「私達の親は丼鉢の底で育てくれました。

 

でも、器の底の意味を知らないで大きくなった自分もいます。」と言って

 

親の愛の深さと大きさを伝えています。

 

つい最近…。

 

「一人で大きくなり、一人で何でも判断できる。」

 

「私は間違っていない。私は正しい。私は、私!」と勘違いしている方の話を聴きました。

 

以前から何度も「それは間違っているよ、勘違いしているよ!」と伝えてきました。

 

なので、つい「まだ、ここ…ドクロ」って … グー グー グー です。

 

が、良く良く考えて見るとテレビ関係の報道番組と全く同じ事だと思いました。

 

先の年配の方が最後に「社会全体が小さな器になったのう…!」

 

言って席を立たれました。

 

正義を振りかざして人を攻撃している事に情け無いと思われたのだと思います。

 

私もおもわず「はい。」と心の中で返事をしました。

 

 

そして、フラクタル心理学の真髄である丼鉢の底の意味をお伝えしようと思います。

 

両親は、丼鉢の底の愛で私達姉妹を育ててくれました。

 

そのことに改めて感謝しょうと思いました。

 

 

「富士山の無償」の画像検索結果

 

 

ピンクダイヤ社は現象と心が相似関係という学びを伝えている会社です。

 

そして、自分が存在している意味を19日間で学ぶ講座を開催しています。

 

ピンクダイヤ社の詳しい情報はこちらから  http://pink-daiya.com/ 

 

電話番号:082-555-9611