「天体の音楽会」@中野サンプラザ/2018年2月12日 | THE YO-SO-U BLOG

THE YO-SO-U BLOG

「予想」とは、結果ではなく、そこに至った理由やロジックを楽しむ物。そんな概念を具現化した知的エンターテイメントこそが「THE YO-SO-U」。
調査や取材などは一切せず、ひたすら状況証拠とロジックを積み上げて紅白出場歌手を当てに行く安楽椅子型予想ブログです。


テーマ:
sora tob sakana presents「天体の音楽会」

【開催日】
2018年2月12日
【会場】
中野サンプラザ


【出演者】
sora tob sakana/sora tob sakana band set/amiinA/King Gnu/siraph/tricot/26時のマスカレイド/パンダみっく/Maison book girl/ゆるめるモ!

 

アイドルの聖地である中野サンプラザで開催した、sora tob sakanaの主催イベントである「天体の音楽会」。今までのsora tob sakanaの総括の意味でも、そして、sora tob sakanaにとって新章を迎えるに相応しいステージでした。僕の十年来の友人である「ハイスイノナサ」の照井順政がプロデュースするアイドルと言う事で、僕は、sora tob sakanaと出逢いました。そんな照井さんとの出会いは、小さなカラオケボックスのアルバイトの同僚として。当時の照井さんは、朝の勤務帯で、御老体しかいない店内に、BGMとして現代音楽を流しまくっていたような人間。中野サンプラザの場内には、当時を思わせるようなBGMが流れていて、懐かしくも思えてきた訳で。

 

パンダみっく

メンバー:中嶋莉緒、横澤星流、岩方虹夏、野邑仁衣菜、橋本彩花

ジャンル:J-POP デビュー:2017年

レーベル:Flying Penguin Records 事務所:テアトルアカデミー

【セットリスト】

01 オモカゲプラスティック
02 好きな曜日はxx

オープニングアクトとして登場した、sora tob sakanaの妹分のパンダみっく。sora tob sakanaの方法論で独自の方向性を追求していて、グループとしての成長が著しいです。

オリジナル楽曲をしっかりチェックしてなかったのですが、「好きな曜日はxx」はダンサブルなロック楽曲で痺れました。めちゃくちゃ良い曲!個人的には、ふぇのたすの「今夜がおわらない」、フーバーオーバーの「まみむめも」、vivid undressの「シーラカンスダンス」など、楽曲派に突き刺さるカバーセンスは流石なので、アイドルネッサンスがいなくなる今こそ、パンダみっくにはカバーを臆さずにやって欲しい想いでいっぱいです。本当に堂々たるステージを魅せてくれたので、お姉さん方の背中をしっかり追って行って欲しいですね!

 

sora tob sakana

メンバー:寺口夏花、風間玲マライカ、神崎風花、山崎愛

ジャンル:J-POP デビュー:2015年

レーベル:FUJIYAMA PROJECT JAPAN 事務所:Flying Penguin Records(Zi:zoo)

【セットリスト】

01 Moon Swimming Weekender
02 魔法の言葉
03 夏の扉

VJのTON TONさんによるクジラが金色の海を泳ぐ、圧倒的美しさの映像に続いて登場したのは、本日の主役であるsora tob sakana。トップバッターからクライマックス感の溢れる圧巻のステージ。「Moon Swimming Weekender」は、照井順政プロデュース作品の2作目で、この曲がきっかけでアイドルの好事家達に気付かれた感もあった。「魔法の言葉」は、2015年4月29日に行われた主催ライブ「sora tob sakana主催ライブVol.5~天空の水平線~」で初披露された楽曲。この日の終演後に、プロデューサーの照井順政本人に、「この曲は売れる!」と断言した事もありました。そして、2015年7月20日に行われた、sora tob sakanaの結成1周年ライブであり、オリジナルメンバーでもあった佐藤美緒の卒業公演となったライブ「月面の水平線」で初披露されたのが「夏の扉」。この曲を4人で披露した事によって、彼女たちの第1章が終わったと言っても過言ではなかったと思います。そんな、あの日の懐古の想いと重なって、オケパートにクライマックス感を感じたのかもしれません。あと、既に、この時点で僕は泣いています。

 

amiinA

メンバー:ami、miyu

ジャンル:J-POP デビュー:2015年

レーベル:SHIBUYA GIRLS POP

【セットリスト】

01 Breath
02 lilla
03 Callin'
04 atom
05 Legacy
06 Canvas

sora tob sakanaとは盟友と言っても過言ではない程、幾度となく共演を重ねて来たamiinA。彼女達の主催ライブである「WonderTraveller!!!」では、sora tob sakanaの他にも、3776やアイドルネッサンス、RYUTistなど、コンセプトや世界観がしっかりと構築されたアイドルの他に、HUSKING BEEやthe band apartなど、僕が若い頃から活躍していた大物バンドまでがラインナップされていた。「天体の音楽会」は、先行していた「WonderTraveller!!!」があったからこそ、実現に漕ぎ着けたと思うので、今回のイベントへのamiinAの参戦の意義は大きいと思っています。
僕が初めてamiinAを観たのは、前述した「天空の水平線」でのステージでした。その時に新曲として披露された「Canvas」のアンセム感は、未だに忘れられません。それから時を経て、コンテンポラリーダンスを基調としたパフォーマンスの力も、場を掌握する空気の美しさも別格の凄さとなり、「Canvas」も彼女達の代表曲となって、中野サンプラザの会場が途轍もないシンガロングで包まれていました。(連番で観ていたオカジニア氏は「優勝!」と言っていました。)「普段はなかなかやらない曲をやります」と言って歌唱した「atom」も、「天体の音楽会」に対するamiinAの強い想いが伝わって来て嬉しかったです。いつまでも、sora tob sakanaの良きライバルとして在り続けて欲しいです。

 

26時のマスカレイド

メンバー:来栖りん、大門果琳、吉井美優、森みはる、亜桜しおん、江嶋綾恵梨

出身:東京都(来栖) ジャンル:J-POP デビュー:2017年

事務所:レキシントン

【セットリスト】

01 仮面に隠れたセレナーデ
02 トワイライト
03 マスカレイドは眠らない
04 ゼンキンセン

今年の1月28日にTOKYO FM HALLで行われた「IDOL Pop'n Party Vol.33 ~魚魚!?~」にて、つりビットと共に、"魚"繋がりでのイベントも行われた26時のマスカレイド(通称「ニジマス」)。世界観の強いアイドルや癖の強いバンドが軒を並べる中で、正統派アイドルとして、ショーの様に華やかな堂々たるパフォーマンスでした。特に、ラストに披露された「ゼンキンセン」は、まねきケチャの「きみわずらい」の様なバケ方をする予感さえしました。ラストの10秒の撮可タイムもナイスで、また観たいと思えるステージでした!何よりも、江嶋綾恵梨さんが「(中野サンプラザのステージを)単独で出来るように頑張る」とツイートしていたのを読んで、「天体の音楽会」が今後の26時のマスカレイドにとって糧になると確信出来ました。

 

siraph

メンバー:Annabel(Vo)、照井順政(Gt)、蓮尾理之(Key)、山崎英明(Ba)、山下賢(Dr)

出身:アルゼンチン(Annabel) ジャンル:ポストロック デビュー:2016年

レーベル:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

【セットリスト】

01 words
02 dilatant
03 damp damp
04 leap
05 時間は告ぐ
06 想像の雨

ゲーム音楽やアニメソングを中心に活動するAnnabel、嘗て、school food punishmentとして活動をしていた蓮尾理之と山崎英明、MOP of HEAD、Alaska Jamとして活動をしている山下賢、そして、sora tob sakanaの音楽プロデューサーである、ハイスイノナサの照井順政によって結成されたバンドであるsiraph。今回はkidlitがサポートコーラスとして参加する、6人編成でのステージでした。

いつものsiraphのステージは、他愛のないMCでお馴染みだったりするのですが、今回はほぼノーMCの本気度の高いステージ。そんな中で、Annabelが放った「ギター!照井順政!」の言葉には、嬉しみが溢れ出しました。「時間は告ぐ」からラストに向けて、蓮尾理之さんのキーボードがノイジーに響き渡る感じも印象的でした。そして何より、友人として出会ってから10年以上経つ照井順政の演奏を、ここまで大きな舞台で観るのは初めてだったので(照井順政自身は、People In The Boxのサポートギターをやっていた時代に、中野サンプラザのステージは経験済みなのですが、僕は観る事が出来なったのは結構大きな後悔となっています。)、感慨深かったです。僕が観たsiraph史上では、一番カッコ良いステージでした。

 

King Gnu

メンバー:常田大希(Gt、Vo)、勢喜遊(Dr)、新井和輝(Ba)、井口理(Vo、Key)

ジャンル:ミクスチャー デビュー:2017年

レーベル:PERIMETRON

【セットリスト】

01 Flash!!!
02 Tokyo Rendez-Vous
03 McDonald Romance
04 Catch!!!
05 あなたは蜃気楼
06 ロウラヴ
07 Vinyl
08 Teenager Forever(新曲)

「トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイルバンド」と称される鬼才音楽家軍団のKing Gnu。2017年には、SXSWやFUJI ROCK FESTIVALにも出演しており、今年は更なる飛躍が期待されるバンド。数年前に、sora tob sakanaの音楽プロデューサーである照井順政と話していた時に、sora tob sakanaとライブで共演して欲しいアーティストとして、DALLJUB STEP CLUB、Srv.Vinci、灰野敬ニの3組を挙げていた。King Gnuは、Srv.Vinciが改名したバンド。DALLJUB STEP CLUBとは、GOTOさんと星優太さんはアルバム「sora tob sakana」に参加していたり、sora tob sakanaの2マンライブシリーズ「月面の扉」のゲストとして登場したり、DALLJUB STEP CLUBのツアーファイナルにゲストとして呼ばれたりと、アイドルとバンドの垣根を超えた友好関係を築き上げている。残るは、灰野敬二との共演を残すばかりだが、どうなる事やら。

King Gnuのライブは初見で、事前にYouTubeでMVやアーカイブを観る限りでは、もっとジャジーなイメージだったのですが、実際のライブでの感覚は、ファンクやディスコ、もっと言うと歌謡曲のテイストすら感じられ、歌としてバリバリの好み。泥臭い見た目とは裏腹に、高い演奏力で美しい音楽を奏でる姿を観て、しっかりバンド方面にもアンテナを伸ばして、ライブを観なきゃいけないなと思えた瞬間でした。

 

Maison book girl

メンバー:矢川葵、井上唯、和田輪、コショージメグミ

出身:大阪府(矢川) ジャンル:J-POP デビュー:2015年

レーベル:徳間ジャパンコミュニケーションズ 事務所:ekoms

【セットリスト】

01 言選り
02 rooms
03 faithlessness
04 cloudy irony
05 karma
06 十六歳

アイドルソングに現代音楽を取り入れる独自の音楽性と世界観で、アイドルシーンでも異彩を放つ存在であるMaison book girl。彼女たちが新宿Motionで行っていたマンスリーライブイベント「Two Series」や、青山月見ル君想フで行っているマンスリーライブイベント「夜明けの月と煙」に、sora tob sakanaがゲスト出演したり、sora tob sakanaの2マンライブシリーズ「月面の扉」にMaison book girlがゲスト出演したりと、sora tob sakanaとの共演も多い。ピエール中野が主催する「ピエールフェス」では、sora tob sakana band setと、Maison book girl×カオティック・スピード・キングが共演した事もあり、今回のライブでもカオティック・スピード・キングがバックバンドを務めるのでは?なんて思ったが、そこまでは無かったです。(因みに、オカジニア氏はギターのtakutoさんの池袋手刀の勤務まで調べていました。)

衣装の黒いフードを被ってのパフォーマンスで、一気に空気を掌握した感覚。静寂すらも彼女たちの音となっていて、圧倒されました。白を纏うsora tob sakana、そして黒を纏うMaison book girl。向く方向は違えど、音楽への想いは重なる部分は多い。メジャーに行っても、高い音楽性を保っているMaison book girl、sora tob sakanaの良きライバルとして、しのぎを削っていって欲しいです。

 

sora tob sakanaとMaison book girlの初の共演だと思われる、2015年9月8日に行われた新宿Motionの「Two Series」。その3ヶ月前の5月27日に新宿Motionで行われた「狂い咲くR #2~何度目の生誕祭か~」と言うイベントに、sora tob sakanaは出演しています。このイベントは、僕の友人であるオカジニア氏の生誕企画で、当時、sora tob sakanaの音楽プロデューサーである照井順政から「sora tob sakanaとバンドを共演させたい。」との発言から実現したイベント。オカジニア氏自身のバンドであるオカジニアバンド、オカジニア氏との友好関係の深かったALTRA&CRYOGENIC、The Doggy Paddle、A Month of Sundays、BGM係に当時の新宿Motionの店長だったtakutoさんと、僕、たわわちゃん、そして、sora tob sakanaがラインナップ。当時のsora tob sakanaは、まだまだ知名度が低く、特にロックファンには一切、名が届いていない状態。少しでも、このイベントを成功させたいと思い、当時、ジェーン・スーさんがやっていたラジオ番組「ORDINARY FRIDAY~つまりシケた金曜日~」に告知メールを送った事も、今となっては良い思い出です。その告知文で、「sora tob sakanaをこのタイミングで、しかも新宿Motionで観れると言うのは、ある意味で「申し訳ないと」を経て大きくなって行った、Perfumeを追体験が出来ると言っても過言ではありません。」と書いたのですが、当時のジェーン・スーさんは「本当かよ!」と仰っていたのですが、今となっては、全然過言では無かったと思っています。

当時のsora tob sakanaの運営の∀氏からも、このイベントを経て、sora tob sakanaとバンドとの共演が増えたと仰ってくれます。今回の「天体の音楽会」も、「狂い咲く」からの系譜のイベントだと、勝手に思いたい所存。因みに、その年の10月28日に行われたオカジニア氏の企画「咲き乱るvol.00000」にもsora tob sakanaは出演してくれました。その当日は、嘗て、オカジニア氏の企画に出演していたKEYTALKの日本武道館公演の日。オカジニア氏のイベントを経て、10年後に日本武道館に立った彼らに重ねて、「今日の出演者の中から、10年後に日本武道館に立つアーティストがいるかもね!」なんて、冗談交じりに語っていたのですが、sora tob sakanaのそれは現実味帯びてきている感覚すらあります。本当に凄いグループに成長したなと改めて思いつつ、閑話休題したいと思います。

 

tricot

メンバー:中嶋イッキュウ(Vo、Gt)、キダ モティフォ(Gt)、ヒロミ・ヒロヒロ(Ba)、吉田雄介(Dr)

出身:滋賀県(中嶋) ジャンル:ポストロック デビュー:2012年

レーベル:BAKURETSU RECORDES

【セットリスト】

01 TOKYO VAMPIRE HOTEL
02 おもてなし
03 WABI-SABI
04 アナメイン
05 ブームに乗って
06 E
07 節約家
08 メロンソーダ

複雑な構造の楽曲にも関わらず、理屈抜きに楽しめる稀有な存在のロックバンドであるtricot。sora tob sakanaの音楽プロデューサーである照井順政は、2012年12月10日に渋谷WWWで開催されたtricotの自主企画「爆祭vol.6」に、快速東京、当時、赤い公園として活動していた佐藤千明と共に、ハイスイノナサとして出演しています。

日本のポストロックの最重要バンドの一つであるtricotだけに、sora tob sakana、そして、照井順政楽曲との親和性は抜群。「おもてなし」の様な懐かしい楽曲もあったが、基本的には、最新アルバム「3」からの楽曲だったので、最新形のtricotの凄さを感じる事が出来ました。中嶋イッキュウさんの「今日はいろんな人に『tricotもチェキをやってください』と言われたので10万で撮ります。ツーチェキ20万、囲みチェキ30万円です」と言うMCも、あれだけ特異な楽曲をやりながらも、アイドルとの相性の良さを魅せ付ける事の出来る所以だなと、好感が持てました。

 

ゆるめるモ!

メンバー:けちょん、しふぉん、ようなぴ、あの

ジャンル:ニューウェーヴ デビュー:2013年

レーベル:You'll Records

【セットリスト】

01 歩くの遅い犬
02 逃げろ!!
03 天竺
04 must 正
05 ミュージック3、4分で終わっちまうよね

脱力系ニューウェーブアイドルである、ゆるめるモ!。以前から、寺口夏花さんのお気に入りのアイドルとして名前が挙がっており、2016年2月17日に新宿LOFTで行われた「世界で一番ヤバい水曜日」では、最後列でゆるめるモ!のステージを熱心に見つめる寺口夏花さんを見掛けた程。急遽、出演が決定したのか、この日限定で発売された「天体の音楽会」Tシャツには、ゆるめるモ!の名前がクレジットされておらず、sora tob sakanaのメンバーが「ゆるめるモ!」と手書きして販売する発想は、素晴らしさがありました!(僕のTシャツはれいちゃん直筆。)

なっちゃんが事前に聴きたいと言っていた大名曲「逃げろ!!」に応えてくれた嬉しさも然る事ながら、この日はコンセプチュアルなアイドルや、癖の強いバンドがラインナップされている中で、この日一番マニアックな楽曲だったと思われる、8分を超える壮大な大作「天竺」を歌ったのは、完全にショーケース的イベントの枠を超えていました。オサカナのヲタクの音楽偏差値を信頼しての選曲だったと思われるのですが、ちょっと凄すぎました。ただただ、圧巻。

 

sora tob sakana band set

メンバー:寺口夏花、風間玲マライカ、神崎風花、山崎愛、照井順政(Gt)、馬場庫太郎 (Gt)、照井淳政(Ba)、森谷一貴(Key)、鎌野愛(Key)、リンタロウ(Dr)、佐藤香(Per)

レーベル:ワーナーブラザーズジャパン

【セットリスト】

00 海に纏わる言葉
01 夜空を全部
02 鋭角な日常
03 広告の街
04 Lightpool(新曲)
05 秘密
06 夜間飛行
07 ribbon

この日のラストを飾ったのはsora tob sakana band set。ハイスイノナサの照井順政、照井淳政、森谷一貴、ハイスイノナサ、そしてanoh、キツネの嫁入りとしても活動する佐藤香、元ハイスイノナサのメンバーで、anohとしても活動する鎌野愛、元aquarifaのリンタロウ、そして、NENGUのギタリストで、sora tob sakanaのライブにも何度も足を運んでいる馬場庫太郎と言う布陣。サウンドチェックが徐々に「海に纏わる言葉」に変貌する瞬間は、鳥肌物の感動を覚えました。

sora tob sakana念願のCDデビュー曲「夜空を全部」で、band setがスタート。まさに、彼女たちの第2章のスタートを告げた楽曲で、「夜空を全部」がアイドル楽曲大賞2015で10位にランクインした事で、彼女たちの知名度が一気に上がったと言っても過言ではないと思います。まさに、中野サンプラザが夜空の様に演出され、天井に吊り上げられたミラーボールがまるで月の様に輝いていて、彼女たちの夢である月面ライブにまた一歩近づいた様な感覚になりました。既に、ライブでは定番化されている「鋭角な日常」は、常に、ライブでブラッシュアップされていったイメージがあったのですが、バンドサウンドに乗せると、ここまで映える楽曲になるのかと驚愕しました。次に演奏された「広告の街」と共に、sora tob sakanaのソリッドな面を象徴する楽曲になるような気さえもしました。

MCの最中にスクリーンで、今後のsora tob sakanaについてのお知らせが2つ発表されました。1つは、「ワーナー・ブラザース・ジャパン」から5月16日にメジャーデビューミニアルバムを発売する事。もう1つは、ポニーキャニオンの新プロジェクトとして、7月1日に東京国際フォーラムで4周年記念ワンマンライブを行う事。正直、メジャーデビューに関しては、sora tob sakanaを追っている人間だったら察しが付いたと思われるのですが、正直、国際フォーラムでのワンマンライブはYOSOU外でした。イベントの休憩中に、オカジニア氏と、ヲタク仲間のぴっぴさんと、2回目の「天体の音楽会」が開催されるとすれば、どこが適切か?みたいな話をしていた時に挙がったのが、パシフィコ横浜と国際フォーラムでした。ただ、それは1年後のYOSOUと言うか、GAMBOと言うか、まさか、数ヶ月後にワンマンライブを行うとは、正直、驚きました。

メジャーデビューミニアルバムに収録される新曲「Lightpool」を初披露。これまでのsora tob sakanaの流れどころか、照井順政の活動の総括になっている、そんな印象さえ受けた楽曲でした。そんな流れで披露された「秘密」。個人的に、sora tob sakanaの未音源化楽曲(「秘密」、「Brand New Blue」、「silver」、「鋭角な日常」)の中では、一番好きな楽曲なのですが、「Lightpool」との流れで聴くと、新章の幕開けを感じると共に、思わず涙腺が決壊してしまいました。

sora tob sakanaのライブアンセムである「夜間飛行」、そして、彼女たちの第2章を象徴するライブである2017年4月30日に行われた恵比寿LIQUIDROOMでのフルバンドセットライブ「月面の音楽隊」にて、最初に披露された「ribbon」にて、「天体の音楽会」は幕を閉じました。演奏を終えて、照井さんが空を見上げながら、ホッと一息を付いた姿に、このライブに懸ける想いが伝わって来て、また泣きました。

 

本当に素晴らしいイベントでした。ラストにふうちゃんが「また主催ライブをやりたい。」と仰っていたのですが、sora tob sakanaのもう1組の盟友的存在で、当日は渋谷WWWXでcallmeとの2マンライブを行っていたフィロソフィーのダンスや、照井順政の盟友的存在で、当日はCIRCUS Osakaでライブを行っていた星優太率いるDALLJUB STEP CLUBなど、「天体の音楽会」で観たいアーティストは、まだまだたくさんいるので、第2回の開催を心待ちにしたいと思います。

たわわちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.