JapanBeatboxChampionship2013 | TATSUYA from 人ISMのブログ

TATSUYA from 人ISMのブログ

ブログの説明を入力します。

今年もJBC、無事に終わりました!!

結果は皆さんご存知の通りソロで優勝させて頂きました!

忙しい中応援に来て頂いた方々、本当にありがとうございましたm(_ _)m

出し切り過ぎて力が入らなかったのと、色んな感情が入り混じったのと、沢山の方々への感謝の気持ちを伝えたくて優勝者コメントはマジでグダグダでした…悔しー!!( ;´Д`)


でもあの場で全てを伝えることはどの道無理だったので、少しづつ伝えていけたらと、気持ち切り替えました(笑)

まずは、バトルについて。



予選は約140人もいる出場者の中から1番目の先行を引くという奇跡!www

対戦相手は畑田君!Mad4thのライブを見に来てくれてたBEATBOXERだったので戦えて嬉しかったです!

もちろん遠慮なく予選からかっ飛ばしていきましたo(`ω´ )o


結果は一次予選通過。


今回勢いある若手やJBC常連メンバーなどがレベル高過ぎでマジで焦った…

特に個人的にだけど、北海道勢がヤバかった。地元をレペゼンして、お互い高め合って…本当羨ましい!!


そして次の日決勝大会。


事前の準備もあり、2日間とも朝早くて死にそうだったけど、優勝したいという気持ちで集中力切らさずに決勝トーナメントへ!

二次予選、皆120%…いや200%の内容でカマしてたので、一回戦目からこっちも気合い入りました!
選ばれなかった人も本当に素晴らしかった( ̄^ ̄)ゞ


初戦は風太。

風太はもともと教え子という関係だったのと、二次予選で個人的に一番ヤバイと思ったのが風太だったので、当たり前だけど本気でいきました。

日本トップレベルのスキルがあるのは間違いない!
この一年でまた大きくなったね…嬉しいぜこのヤロー!


二回戦目はMiZ!!

見た目は小柄なのにもの凄いパワーを感じた…マジでビックリ( ;´Д`)

MiZの創りだす空気感そのものがオリジナルで、いつか一緒にショーがしたいと思いました。バトル関係ないけど(笑)
強者TATSUAKIを倒してのBEST8おめでとう!


準決勝はYuya!!

本当に高校生??嘘でしょ??(^◇^;)


音楽性、スキル、立ち振る舞い…色々凄過ぎるよ本当に。

バトルの時は先輩だのなんだのって言ったけど、実際リスペクトするBEATBOXERの1人で、日本のBEATBOXシーンに欠かせないプレイヤー…いや、アーティストになると確信してます。

特に妖怪うらに洗い戦、マジでヤバ過ぎて感動しました(;´Д`A

今度ゆっくり話そう!


そして決勝戦、Sh0h。


言うまでもなく最強で最高のBEATBOXERです。

極度の負けず嫌いと、異常なまでの意識の高さ。
音楽性、バトルスタイル、スキル、ファッション。
どこをとっても最強でしょ!

今大会で決勝で会おうと約束した唯一のBEATBOXER。
お互い世界の壁を知り、それをブチ破ろうとしている仲なので、約束を果たせて本当に良かった。

過去3回の対戦があり、正直今まで勝ててるのが信じられないくらい彼は素晴らしい…。

今回の勝因は経験値の差と優勝したいと思う気持ちが結果に繋がったと思ってます。


対戦した皆に伝えたいのは、全員素晴らしいBEATBOXERだと言うことと、JBCという舞台で戦って勝ち進めた事は、これから生きていく上で凄く力になるし、本当に戦えて良かったと思ってます。心からありがとう。


それと、忘れてはいけないのはセコンドについてくれたMad4thの後押しと、応援してくれた皆の声援が力になったことへの感謝です。
皆がいて勝ち獲った優勝だと思っています。

こんなにも応援に助けられたなーっと感じたのは初めてだったと思います、本当にありがとうございましたm(_ _)m


昨年Mad4thで優勝したこと、もちろん嬉しかったけど、ソロで負けたのはもっと悔しかった。
だから正直今回ソロで優勝できたことはメチャメチャ嬉しい!!

もう出なくていいよって言いう人もいるけど、そんな簡単に済ませれることじゃない。

次は世界一狙います!


photo:01




今回嬉しいことばかりだったけど、特に嬉しいのはThe Rhythem Control Crewが決勝進出したこと。

一年間この大会の為に皆一生懸命練習してきて、結果は優勝できなかったけど、決勝の舞台で最高のパフォーマンスしてくれて…本当に泣きそうになった…ってか泣いた。はい、泣きました(´Д` )

今回このチームをプロデュースしたのも、BEATBOX界に革命を起こしたかったからで、間違いなく何か残せたと思います。

しかも史上最年少11歳(小6)での決勝トーナメント進出を果たしたTOMOKI、相方のKAZさんをあそこまで追い込んだやつは日本にそういないだろう(笑)

負けて悔しかったのか、終わったあと大泣きしてた子供たちを見て、来年こそは優勝させると心に誓いました。


これからの彼らの活躍に乞うご期待!!

皆最後までついてきてくれてありがとう!!
photo:02




長くて申し訳ないけど、他にも伝えたいのがあります。

今回完璧なイベントにしてくれたオーガナイザーAIBOとJBCの優秀なスタッフ!!
photo:03



これは運営サイドに携わらないとわからないと思うけど、一瞬でも気を抜いたらイベントがダメになってしまうという緊張の中、最後まで一生懸命イベントを支えてくれて本当にありがとうございましたm(_ _)m
photo:04



今回見にきて頂いた各業界のトップの方々からも審査員の皆さんからも本当に素晴らしい、こんなイベントは初めてだという有難い言葉を沢山頂きました。

こんな素晴らしいメンバーに出会えたことを誇りに思うのと、素晴らしい審査員、スタッフ、DJ、MC、ゴミ拾いをしてくれたり、スタッフに挨拶してくれたお客さんやBEATBOXERの皆が作り上げてくれたJBCという舞台で優勝出来たこと心から嬉しく思います。

本当にありがとうございました!!


文章だけじゃ伝えきれないけど本当に感謝感謝感謝!!

優勝マジで嬉しい!!!!!!!!






iPhoneからの投稿