「日高晤郎名言集 言葉のビタミン」(中西出版)日高晤郎語り 定価1,400円+税を読んで
{8F68A065-47AB-4BD5-8262-3C3A5B6DC250}

ウィークエンドバラエティ「日高晤郎ショー」は、毎週土曜日(08:00〜13:50)(STVラジオ)において北海道いや、日本を代表する番組を1983年4月9日から現在まで、約34年にわたり放送している人気長寿番組。

司会を務めるラジオ芸人こと「日高晤郎」の番組内の名物コーナー「日高晤郎名言集 言葉のビタミン」を単行本化したものが、本書である。

本書には、晤郎さんご本人の言葉はもちろん、師匠勝新太郎さん、北島三郎さん、浪花千栄子さん、宇津井健さん、古今亭志ん朝さん、晤郎さんのお母さん、また、有名無名の方々の心にしみる言葉が満載。

まさしく「言葉のビタミン」から元気と勇気をもらえる。

「言葉のビタミン」をほんの一部ご紹介する。

「どうせやらなぁアカンことやったら、上機嫌にやり」
晤郎さんのお母さんの言葉

「いい役、悪い役はない。いい役者、悪い役者がいるだけです」
浪花千栄子さんの言葉

「憎しみには、憎しみをもって返すな。愛でもって包め」
ナット・キング・コールのお父さんの言葉

「思い出した時に、そこにいるんだ」
「オレのこと思い出してたんだろ?そうだろ?その時オレはお前の傍にいたんだよ」
師匠勝新太郎さんの言葉

「いいことは一つも無かったかい?そんなことないよ。あなた生きてるんだもの!」
「病気と闘うんじゃない。身の内に引き込む、一緒に付き合っちゃう」
「良く笑えた日は佳い一日だ」
晤郎さんの言葉







AD