「ジャズとエロス ヴァイオリ二ストの音楽レシピ」(PHP新書)牧山純子著 (定価840円+税)を読んで

ジャズヴァイオリニスト牧山純子による「ジャズとエロス」をテーマにした音楽レシピ

本書は、第1章から第5章までの構成
第1章 私とジャズ
第2章 ジャズとクラシック
第3章 エロスとジャズ
第4章 日常とエロス(対談:松尾貴史)
第5章 エロスと名曲 牧山流ジャズ・セレクション

なぜジャズヴァイオリニストになったか、ジャズとクラシックについて、オススメのジャズナンバーや牧山純子のオリジナル曲からエロスを考察、タレントの松尾貴史との対談、牧山流のエロスと名曲ジャズセレクションなどを分かりやすく解説

これまで、ジャズにあまり触れて来なかった人も、本書を通してジャズの魅力に触れて欲しい。

また、本書の所々に印刷してあるQRコードを読み込みアクセスすると、YouTubeやCDストアで試聴もできるので、是非音楽と合わせてイメージを膨らませて楽しんでもらいたい。


エロスとジャズを印象づけた官能作、映画「ラスト・タンゴ・イン・パリ」(主演:マーロン・ブランド、マリア・シュナイダー)
音楽は、ジャズテナーサックス奏者、Gato Barbieri

子どものころ観ていたという、海外ドラマ「大草原の小さな家」
はじめて聴いたJAZZ ALBUM
Side By Side Itzhak Perlman & Oscar Peter son

ラジオ番組:牧山純子のサウンドマリーナ
放送局:コミュニティFM
毎週土曜日:20:00〜20:55

牧山純子公式ホームページ

中洲JAZZ
2018.9.16(sat)KBC GREEN STAGE
牧山純子 & 中島良喜
(guest Shiho SHANTI)