いずみへこ

みちふう、獅子がだいすき!!


テーマ:

晴天にめぐまれ、今年初観劇。

 

だいもんときーちゃんの新コンビに期待を込めて……、でしたが。期待していただけに辛口です。

 

2階端の席だったので、歌詞やセリフが聞き取りづらかったのもありますが、う~ん、という感じ。

 

芝居は原作がちょっと無理が……感が強くて、ロベスピエールとマリー=アンヌの関係があの内容でどうして進展するの、みたいなところとか何だか時間枠の中に無理やり押し込んだ感じ。

楽曲もトップコンビの特徴に合わないスローで、難しそうな。

芝居はさすがの雪組、特にダントンの彩風咲奈さんとタレーランのハッチさんがよかったです。

 

 

ショーはなんだか「ジエンタ」みたいで、どうしてもみちふうと比べてしまいます。トップコンビのハーモニーもまだ合っていない感じ。最後のデュエットダンスの場面は歌を含めなかなかよかった。

 

歌はトップコンビ以外で歌える人がコマさんぐらいで(エトワールもコマさん、いくら退団公演といえ……他にいないのか)、2番手以降も厳しい。家内曰く「朝美絢さん、アーサー王の時から比べると、歌に関するストレスはなくなったから進化はしている。でも、まだ不十分」とのこと。

 

みちふうの時は周りに、こっちゃん、夏樹れいさん、音咲いつきさんや娘役も歌がうまい方々がいたのでショーの完成度が高かったように思います。

 

雪組は、トップコンビを生かすためには周りに歌ウマを入れないと厳しい気がします。期待しているだけに頑張って欲しい。

 

観劇後、宝塚アンで「LUNA/BLUE・MOON・BLUE」「記者と皇帝」のパンフを購入。

同じ交通会館に食器のル・ノーブルがあるのですね。立ち寄って猫のナイフレスト購入。明日はル・ノーブルからヘレンドの「ウィーンの薔薇」が届きます。最近、家内の影響で食器にも関心が高まっております。

 

その後、東京タワーまで歩いてライトアップの瞬間を目撃し、東京プリンスホテルで東京タワーを見ながら2人の新年会(和食です)。東京タワーは近代建築の傑作だと思っています。見ているだけで安心感が……。

 

今週土曜日は花組「ポーの一族」観劇のため宝塚遠征です(2週間後も遠征です)。東京はなかなか当たりません。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

いずみへこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。