こんにちは
短期間で復縁する方法!

復縁講師立花事務局
立花シュンスケです。

★★★★★★★★★★★★★★
本日の目次
↓↓↓
本日の復縁ノウハウは
元彼、彼女に依存した辛い思いの乗り越え方!!です。




★★★★★★★★★★★★★★

【本日の復縁ノウハウ】


最速最短の、
復縁ノウハウを
最後まで、
お付き合いください。


さて、
今日のお題ですが、
元彼、彼女に依存して
辛い思いの乗り越え方に
ついてお話ししていきます。

普段は、
復縁テクニックや
成功ノウハウを参考に、
お話をしておりますが、
復縁が成功するための
愛される考え方や
復縁が成功し
愛されるための
心の作り方なども
織り交ぜながら、
お話をしていきますから
テクニックだけに、
目がいきがちですが
付き合う上では
とっても大切なことなので
参考にしてくださいね。


あなたが苦労して、
復縁したのちに、
今までとは、
180度変わって
彼、彼女に
ずーーーーっと
愛される秘訣にも
なりますから、

遠回りしながらでも
復縁活動を
頑張って
いきましょうね!

では、では、

余談が長くなって
しまいましたので
本題に入りますね。

あなたは、お相手に
意見を伝えることは
得意ですか?


振られた原因を
大まかに分けると

得意、恋人だからと
遠慮なくぶつけた



手、恋人ゆえに
遠慮がちになってしまった
と、2極端になるようです。

話さなければわからない、

どんどん提案したいタイプ


揉め事は避けたい、、、

相手に決めてもらった方が楽

と思えるタイプ。


どちらも長所、
短所になります。


前者は、時に強すぎる、
後者は、自分がない
と映るようです。


前者の場合は、
自分に意思があることは
とっても
素晴らしいことです。

いつも、
申し上げているように

お相手に、どのように
伝えられているのか?

伝え方を勉強して
気にして見てください。


せっかくの意見も、
言葉足らずで、
勘違いされては
もったいないです。


そして今回は、
後者のツイ相手に
遠慮してしまう
タイプですね。


昔から、
惚れた弱みで、、、とか

惚れたもん負け。。。


とかって言われていますが、


掘り下げて考えると
わがままを言って、
嫌われたくないって
思っている
臆病が
原因だったりします。


意志は意思です。


二人の関係は、
二人で築きます。


それは、
復縁活動中も
同じなんです!


それは、
復縁活動中も、然り
ハイ、ハイって
今までのように
聞いているだけでは

いつの間にか、
逆転できないような

立場関係が
できてしまっていて、
修正が困難に
なる事態に陥ります。


このように伝えると、
嫌なことは、
嫌だと、いうべきだと
気づいてもらえると
思います。


ですが、はた目に見ても、
嫌なことも、当の本人には、
それほど苦になって
いないこともあります。


言った方がいいのかな?

言わなくても
いいことだけ?などなって
考えてしまって、むしろ
混乱してしまうとか。。。


経験ありませんか?


そんな時は、あなたの

気持ちに素直になって
みてください。


自分の気持ちの、

アンテナを正しく
張っておいて

嫌だと思うことなら

遠慮なく言っても

いいんですよ^^


例えば、
いつも約束守らない

とか

悲しい思いを
させられたなら
我慢できる
できないではなく、

社会的信用をなくす
レベルの話です。


どう考えても、

よろしくないことは、

相手のためにも、
伝えてあげた方が

いいと思います。


相手は、
いじけるか
もしれませんし、
へそを
曲げるかもしれません。


そうすると、

復縁が後退するのでは?
と不安が伴うでしょう。


ですが、

その顔色を見て、
従う形では、

果たして、
あなたとお相手は、

本当に幸せな関係を

築けて
行けるでしょうか?


僕には、なんか
違和感しかありません。

昔からこうだしな。。。

と笑って流せる人には

関係ないかもしれません。


私の意見は
気にしなくても
いいと思います。



でもね、
こういう程度で、
収まるレベルです。


個性なのか、
短所なのかって
立場が変われば、
見方も
変わるはずです。


線引きは時に大変だけど、
自分の恋愛は、自分で
組み立てないといけません!


先ほど
相手にどう伝わるかが
大事と申し上げましたが、
あなたはどう感じるのか
あなた基準の感覚も
大事だと思います。


特に遠慮するでもなく
苦に思わないなら、

あなたの中では
その人のキャラと
とらえているのでしょう。


その延長で
今後甘やかせすぎないよう、
注意していくと
良いと思います。


お互いにとって
良い関係を築いて行くこと
その作り方に磨きをかけて
みてください。

※お読み頂きまして
ありがとうございました。
次回も良い復縁のノウハウが
書けるようにクリックを是非!


人気ブログランキングへ<