いつか晴れた日もやってくるさ~♪

日々の生活、スポーツ全般、競馬・競艇予想などを綴ってます。


テーマ:
騒ぎすぎじゃないか?と思ったりする日本人である。
何度も書いているが、批判は受け付けません。
私見ですから。

何のことかって?ラグビー日本代表の話だ。
そしてこの大会に疑義を呈したくなる。

強いか?日本代表?
確かに南アフリカに勝った時は、日本人は驚いたであろう。
僕自身も驚いた。

開催8大会目。
32年か。

日本が勝ったチームは南アフリカ、サモア、アメリカ
アメリカはラグビーはサッカー同様、そこまで真剣じゃないだろう。
ビジネス的にNFL、NBA、MLBなど自国のスポーツで稼げるからね。
以前、サッカーワールドカップの年はアメリカは大人しいとさえ言われたもんね。
強引にWBCなんて作っちゃって。

サモア、南アフリカに6-46で破れている。
問題外なのである。

日本は26-5でサモアに勝っている。

つまり南アフリカに勝ったのは、ミラクルだし偉業ではある。
ブライトンの奇跡とでも言うべきだろうか?

確かにこの1勝は賞賛したい。
心から素晴らしいと思う。
HCエディ・ジョーンズ始め、イレブン、スタッフのみんなの力の結晶だと思う。

まさに『エディ・ジャパン』だね。

ただ、言わせてもらいたいのは、サッカーと同様、すぐ優勝できるんじゃないか?的目線になる人々のことだ。
冗談じゃない。

歴代の優勝チーム

1987年ニュージーランド
1991年オーストラリア
1995年南アフリカ共和国
2003年イングランド
2007年南アフリカ共和国
2011年ニュージーランド

そうそうたる国だ。

しかも、今回も準々決勝に残っているのは、
南アフリカ、ウェールズ、ニュージーランド、フランス、アイルランド、アルゼンチン、オーストラリア、スコットランド
アングロサクソンの血が多いのとイギリスの中でイングランド以外の3カ国が出ている。

一足飛びに『優勝』なんて言葉は吐くなと言いたい。

松尾、平尾、あっての現在だと思う。

確かに進化しているし、いつかは優勝できるんじゃないか?というところまで来ているんじゃないかとも思う。
いつかは必ず優勝してくれると信じたいし、信じている。

いつも批判ばかりしているわけではない。


ただ、メンバー構成はどうにかならないのだろうか?とは思う。
外国人が嫌いとか、そんな差別的なことを言っているのではない。
10人とはいかがなものだろう?

別にナショナリズム思想があるわけじゃないけど、これじゃ国別の試合じゃないだろう。
大会名、概要を変えるか、純粋に国籍の試合にするか一考の余地はあると思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
僕は予てから、『今の若いもんは!!』という言葉は好きではないと言っている。
ずっと言い続けていると思う。
理由は簡単。
昔から言われてた言葉だと思うから。
僕ら世代も言われたし、僕らの親の世代も言われているはずだと思っている。
偏見になるかもしれないけれど、団塊世代の方々も学生運動してた方なんか言われてたんじゃないかな。

つい数日前、テニスの話になって、もちろんこの時期、ウインブルドンだ。
フェデラーって凄いよね。
ジョコビッチってどこの国の人だっけ?
などなど、好きだと自負してファンなんであれば知ろうという意欲がないのだろうか?
言わずと知れたフェデラーはウインブルドン7回の優勝を誇る偉大なプレイヤーだ。
メジャー通算も僕が史上最強と思っているピート・サンプラスの記録も塗り替えた。
今年優勝すると芝の王者として単独で君臨する。
ジョコビッチはセルビアだと教えてやると、わからないみたいだったのでユーゴスラビアの話からして・・・。
サッカーで有名な選手いませんでしたっけ?
1990年イタリアW杯でベスト8に導いたピクシーことストイコビッチだということも教えた。
テニスにも似たような名前いませんでしたっけ?
はい!イワニセビッチね。2001年ウインブルドンで念願の初優勝を遂げたクロアチアの選手だよ、と。

僕が理解できないのは、好きならなぜ調べたり、知欲がわかないのか不思議なのである。

僕は自慢じゃないが、学校の教科で言えば化学、生物、数学も高校1年生レベルだと思う。
物理なんて、なんのことかわからない(笑)。
なんでって学校行ってないから、いわゆるさぼってたから。

でも、知りたいこと野球、巨人、高校野球、純文学、あらゆるスポーツなど自由研究だよね。
人一倍調べたりしたし、実際にやってみた。
まあ、手前味噌になるが特異だと思われる年代と背景を覚えてしまうという性質は別として知りたかった。
競馬も競艇も同じだ。

これも手前味噌になるが、よく競馬を教えて下さい、競艇を教えてください、など言われたことも結構ある。
これは、僕が勝っている(実際、負けてた時期も多い)というより、聞いたことに答えられるからだと思う。

呆れたのは、買い方も知らないのだ。
でも、最初は単勝だとこうなる。馬連は、3連複は(まだ3連単、馬単はなかった)。
競艇は進入から、決まり手、選手の特徴などなど。

でも、途中でやめた。

生意気にも、勉強してから来い!と言って突き放した。
競馬、競艇、競輪、オート(競輪は増茂るるこ選手の応援車券のみ、わからないから手は出さない、オートはしてない。よく締めはオートという言葉は聞くが、僕は多分、もうこれ以上危険は冒さないと思う(笑))など、学習と調査、経験がないと面白くないと思う。
そして、その調べて予想するのが楽しいはずなのだ。

馬なら血統、調教、騎手、力関係、競艇ならエンジン、進入、コース、選手の特性など。

これらを一から教えれるはずないのだ。
人間の思考は一人一人違うはずだ。嗜好も変わってくる。サンデー系が好きだとか、ノーザンダンサー系が好きとか、リボー系(もうほとんどないか(汗))?

野中和夫という競艇界のモンスターがいたことや、艇王と呼ばれた植木通彦がいたことなど、もっと深く言うと濱野谷憲吾という僕の好きな素晴らしい選手なのだが、大きなレースの1号艇に入ると飛ぶとか(笑)。

これを読んだ奇特な競馬、競艇をされない方はチンプンカンプンだと思う。
当然だと思う。
調べたりしないとわからないから。

僕は若い時、武豊の複勝馬券を100円ずつ買い続けたらプラスになるか?と調べたことさえあったよ。途中で儲からないか?とやめたけど(笑)。

僕は世界史という科目は選択していなかった。
しかし、世界の国の関係などはサッカーワールドカップ1978年アルゼンチン大会から始まっていた。オランダのヨハン・クライフがなぜ、アルゼンチンに来なかったか?とか。
フォークランド紛争があったイギリス(イングランド)とアルゼンチンが1986年メキシコ大会で戦いマラドーナの神の手が生まれたり・
スペインの多民族の歴史もバルセロナとマドリーの関係から学んだり。入り口はどこからでもいいと思っている。

これは、ただ僕が競馬や競艇について遊びで書いているだけなのかも知れない。
でも、知欲って大事だと僕は信じている。
知りたい意欲がなくなったら・・・。

好きこそものの上手なれ?

そうやっていろんなことに詳しくなり、ものの見方が変わったり、面白くなるんじゃないかな。

それとも、おっサンの世迷い事か?異常なのか?(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
このブログのジャンルは一応『スポーツ』だ。
確かにギャンブルという第二?ジャンルにも属して?いる。

しかし、ここ数年、スポーツに関してあまり書いてないような気もする。
病気で筆を取る?ペースが落ちたのは否めないのだが・・・。

努めて書いている記事も競馬関連が主となっている。

そう、年号や時代背景を覚える(自然と頭に入っている)のが得意なはずのオイラなのだが、2009年~2011年あたりが微妙に抜け落ちている。

例えばその時期にサッカーのチャンピオンズリーグで強かったのは?とか、NBAファイナルを制したのは?とか、競馬にしろあの年の天皇賞勝ったのなんて名前だったけ?なんて有様だ。

それに・・・。
テレビ放送を観なくなっている自分がいる。

ま、無理して観るのもどうかとは思うのだが・・・。

以前は大晦日に一年のスポーツ界のまとめみたいな記事も書いていた。

あっ、去年のプロ野球オールスター戦の西岡の冒涜は記事に書かせてもらった。

さてさて、ソチが始まる。
バンクーバーから4年。そしてサッカーワールドカップも今年開催だ。

情報を集めないと・・・。
何のために??そうだよね。わかんない(^^ゞ

無理して書く必要はないのだが・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016年リオデジャネイロオリンピック、吉田沙保里選手3連覇中の55kg級がなくなる見通しだそうだ。

なぜ?
甚だ疑問だ。

こう言った発言はしたくないが、アングロサクソンの策謀としか考えられない。
黄色人種である日本人へのある意味暴行だ。

そこまでして何が、参加することに意義があるなんてことを言うのか?

今回の発表は国際レスリング連盟の決定みたいだが、IOCの影は消えない。

許せない行為だと思う。

幸い吉田選手は55kgを下回ることもあるとのことで大丈夫だとは思うが・・・。

こんな行為を、跳ね返し4連覇を是非とも期待したい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
9連覇。

凄い。

ただただ凄い。

今まで書いてきたブログの中でも書いてきたと思うが、連覇って凄いと思うよ。
2連覇すら達成できればたいしたものだ。

モチベーションの維持・・・。
これが、一番、難しいのではなかろうか?

素晴らしい。

カレリン以来かな?

遅まきながら書いてみました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1996年アトランタオリンピックからオリンピック3連覇を成し遂げた野村忠宏(35歳)が、引退の可能性が高くなった。


進退をかけた講道館杯全日本体重別2回戦で18歳のジュニアチャンピオンに敗れ、実質、ロンドンへの道は閉ざされたと言っていい。


非常に厳しいが、やはり天才にも衰え、限界はあったのだろう。


残念だ。


あのキレのいい背負い投げが見れなくなるのは悲しいが、これも現実だ。


今後、どうするかはわからないが、お疲れさまでしたと素直に言いたい。


オリンピック3連覇なんて、簡単にできるものじゃない。


天才・野村・・・。

素晴らしい柔道をありがとう。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


Shot!-女子バレー日本代表20101144


バレーボールの女子世界選手権は、3位決定戦で日本は世界ランク2位のアメリカと対戦。

セットカウント3-2で逆転勝利した。

メダル獲得は32年ぶり、1978年以来とのことだ。


『東洋の魔女』と呼ばれ、黄金時代を築いた女子バレー。


32年ぶり・・・。

長かったよなぁ、ここまで・・・。


色んな選手たちが通過したように思う。


三屋、中田、大林などなど、名前をあげたらきりがない。

色んな選手たちの思いの結集だと思う。

また、今後も新たなるバレーの形?を示せた大会だったのじゃないだろうか?

今後も期待したいな。


おめでとう、日本代表!!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

バレーボールの女子世界選手権は13日、東京で準決勝2試合が行われ、日本は北京五輪の覇者で世界ランク1位のブラジルと対戦。2-3で敗れ、3位決定戦へまわることになった。


惜しかったなぁ、残念!!

世界ランク1位のブラジル相手に2セット連取した時には、『おおーー!!』っと思った。


しかし、やはり世界ランク1位はだてじゃなかった・・・。


明日、銅メダルをかけ、アメリカと対戦。


悲願のメダルを是非とも!!


頑張れ!!日本!!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

世界女子バレーボール選手権、2次リーグ最終戦、日本はロシアに1-3で敗れた。

準決勝では北京オリンピック金メダルのブラジルと対戦することとなった。


ほぼ、完敗に近いだろう。

やっぱり、木村選手、狙われてましたね。

しょうがない、彼女には彼女の魅力があるしね。


しかし、ガボワ?202cmって・・・。

ロシアの平均身長、194cmって・・・。

でかすぎる・・・。


昔、アメリカのハイマン選手が195cmで驚いたものだったが・・・。

平均身長って・・・。


頑張れ!!日本!!


ちなみに、今日、気付いたけど・・・。

山本愛って・・・。

旧姓・大友だよね^^。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

バレーボール・女子世界選手権、日本が韓国を3-0で下しベスト4進出。

ベスト4は28年ぶり、メダル獲得となれば、32年ぶりとなる。



Shot!-女子バレー日本代表20101109

25-22

25-17

25-19


今日は完勝だろう。

江畑の活躍が光ったね。


オイラ木村選手、大好きやけどな^^。


次はロシアかぁ。

厳しいだろうなぁ。


しかしメダルへの可能性は残されている。

32年ぶりと言えば、1978年かな?

確か、横山樹里とかいたっけ?

懐かしいな^^。


頑張れ!!日本!!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。