いつか晴れた日もやってくるさ~♪

日々の生活、スポーツ全般、競馬・競艇予想などを綴ってます。


テーマ:
これは事実です。
嘘偽りはありません。

いつか書こう、いつか書こうと思ってようやく書いてます。ジャンルは野球にしようかブログにしようか迷いましたが、最終的行き着く話が野球というジャンルではないよう気がしたので、ブログにしました。

よく前置きで、俺、こんなこと書くよな、大して誰も読んじゃいないのに(笑)。

でも、小学校の友達の男は思っているはずだ。

なんだ。てめえの自慢話じゃねーか!!と思って頂いても結構です。

僕は野球が小さい頃から大好きだった。
誰に憧れて?というのは特にないんだよな、不思議と。
小学校6年の時に原辰徳が1年目で、もうちょっと成績を残せよなとカッコいいと思いながらも、思ってた。石毛に負けてほしくなくて、絶対ホームラン数じゃ負けてほしくなかった。

そう、誰に憧れてというのはなく、ボールがグラブに入る瞬間が大好きだった。
変な子どもだと思われるかもしれないが、近所の兄ちゃんとかとキャッチボールよりも強いゴロを投げてもらって捕球するのが好きだった。
小学校2年生の時に中学校の近所の兄ちゃんにしてもらい始めたんだと思う。

その前に書いておくと
僕の野球経験は社会人になってからだけです。
その時は、サードで3番か4番、肩が強かったのでたまにピッチャーをするみたいな感じです。
バッティングはホームランバッターでは決してなく、強い球を打つ感じの打者でした。
なぜか4番とかに据えられた。
野球に詳しいからと勘違いしてらっしゃる方が多いかも知れないですが。
小学校は当時、ソフトボールしかありませんでした。
入部が許されるのは4年生から学内の部活動と課外の部活動。
課外は自由参加です。

まず、学内に男の子はほとんどソフトボール部に入り、次の年から脱落していくイメージかな。
僕はまず、学内に入りました。
そして、3ヶ月した頃、監督に呼ばれて、(ヤナブーという柳沢監督です。以下、ヤナブー)6年生と一緒に練習しろとのことでした。

あっ、ちなみにヤナブーは、日体大出身でレスリング部に所属していた男です。ビンタの痛いこと痛いこと(笑)。
またまた、ちなみにヤンチャだった僕は、人が1発の時、必ず2発でした。まぁ、鍛えてやろうという愛の証だったことにしましょう。

6年生は体が大きいし、最初、どうしていいかわからず、戸惑っていると守備練習でショートにつかされました。
6年生からも不思議な目で(生意気だったけど、結構、可愛がられてました)見られてました。
でも、ノックが始まり、しばらくすると6年生が、ちょっと引き始めたというか、上手いやん!みたいな感じで、ショートのポジションは僕ともう一人になってました。
もう、同級生からは羨望の眼差しでした。
僕自身はというと、そこまで有頂天にはなってなかったな。
冷静に練習が好きでした。
ヤナブーが打つゴロ、ライナーを捕って、一塁に投げるのが本当に好きでした。
バッティングはさておきましょう。
6年生に適うはずがない、というか体が違いすぎます。
弾き返すのが得意ではありましたけど、遠くには飛ばせなかったです。

ここまで、読んだ方は、こいつ、嘘つきや!!と思うかもしれないですが事実です(笑)。
偽善者と言われようが、なんと言われようが、守備練習、ゴロを取るのが好きでした。

ところが5年生に上がると校内の部活動で僕は歴史クラブに入りました(笑)。
近所の一つ上の晋ちゃんに誘われて、普ちゃんのお父さんは戦争体験者でいろいろ話を聞いて、また歴史に詳しく、興味を抱いたからと、僕の担任の尊敬する先生が歴史クラブの顧問だったからです。

しかし、歴史クラブには1ヶ月も入れませんでした。
校内部活動にあるまじき行為をヤナブーが発揮したのです。
強引にソフトボール部に。
実際、僕は課外のソフトボール部に所属していたし、6年になれば、校内の部活動もソフトボール部に入るつもりでした。
ヤナブーを嫌いになったまずひとつのきっかけでした。
僕はそのヤナブーの僕を、そして周りを無視した行動が許せないというか、(許せなくてもどうも出来ないんですけどね、日体大のレスリング部には(笑))これっておかしいよな、って感じです。
僕の意思は無視されてるわけで・・・。
でも、そこは好きなソフトボールでしたから、流されてというか、小学生なんで(笑)。
5年生でユニフォーム貰いました。
背番号は『14』、6年生は20人以上います。5年生でもらったのは、僕だけでした。
結構、これって凄い例外で、年齢が上の人間から、ポジション与えられたり、ユニフォームもらったりという時代でしたから。

そういった意味では、ヤナブーに感謝しないといけないのかもしれないですね。

ポジションはショート。
しかし、レギュラーは難しいかな?と思ってました。同じショートにはキャプテンで4番の人間がいたから。ちなみに彼は、中学、高校、キャプテンでピッチャーで4番でした(笑)。中学も高校も同じ学校です。
でも、僕は僕なりに練習して、練習試合なんかで彼がピッチャーに回るとショートに入ってましたね。3番か6番で。

まず、第一の事件ってほどじゃないけど、夏休みの郡大会前の地獄のような練習。
僕は練習は、嫌じゃなかった。
皆さん、ご想像されてる方もいるかと思いますが(何様的な書き方やねん!(笑))、そう、新6年生のほとんど?は妬ましく思ってたわけで、僕が4年生の頃から6年生と練習をしたり、5年生でユニフォームを与えられたりと。
姑息なイジメが始まります。僕の後ろからボールを投げつけたり、僕の前にゴロが飛んできた瞬間、バケツに入ったボールを転がしたり、バットをワザと空振りして僕めがけて飛ばしたり、今の世の中でもそうなのかも知れないですが、みんな先生の目を盗むの上手いんですよね、ああいうのって。こっちが驚いたくらい。
それと、悪口というか罵声というか。
世の高校球児はこういうのに耐えているんだろうな、と正直思いましたよ(笑)。
僕は耐えれなかったです。キレちゃったんです(笑)。

帰りにひとり捕まえてボコボコにして、そしたら、次の日、集団での練習時の攻撃が酷くなり、それの繰り返しの毎日(ここで言っときます。当時、ひとつ上には負けませんでした。)。
こいつら、いつも大勢で来やがる。
実は僕は2年生の時、あるひとつ上のクラス全員に囲まれたことあります。輪になって真ん中に入れられて。でも、仕返しが怖かったんだと思います(笑)。
親父のことかなんか言われたんだったような・・・。

で、あー、もういいや!!と大会前にとうとう我慢できなくなり、やーめた!とヤナブーに言ったら殴られました。
ま、ヤナブーからしたら、理由はわからないし、僕も言わないし、仕方ないかなと思います。

そ、それからです。
ヤ、ヤナブーのイジメが始まったのは(笑)。

授業中であろうが、何であろうが、僕を見つけると・・・。

『根性なし!!』と。
これが卒業まで続きます。卒業まであと一年半・・・。

あっ、チームは郡大会(現在は市ですが、当時は郡で、驚かれるかもしれないですが、18校あるんです小学校)優勝し、県大会は2回戦敗退で帰ってきたみたいです。

この『根性なし!!』攻撃は効きましたね。正直、へこたれて、曲がり、学級崩壊まで追い込みかねない勢いでしたから(どんな小学生やねん!)。
いや、ホントずっと言うんですよ。

でも、僕には1981年2月14日にとても素晴らしいことがありました。
クラスのマドンナ(古っ!!)にチョコレートをもらったんです!!!!
その年から流行りだしたと思われるバレンタインデー。
無粋な僕は、なぜチョコレートなんだろう?と思い、一緒に入ってた手紙を読んで、バレンタインデーの意味を知りました(汗)。
もう、ソフトボールでも有頂天にならなかった僕が有頂天も有頂天!!!!
天も突き抜けるほど嬉しかったです。
もの凄く、可愛くて綺麗で、(3姉妹なんですがみんな綺麗)、優等生で。
その夜、何を考えたか、返事を書こうと試みました。
次の朝、読んで破りました(笑)。
それ一回です。出してないけど手紙を書いたのは(笑)。
今でも、年賀状のやり取りはしています。

勝手に月日を流しますね。
6年生になった6月頃、グランドで練習してるソフトボール部を見てました。
やりたかったですね~。でも、ヤナブーに頭下げるの嫌だし、この期に及んで『根性なし!!』+アルファでもついた日にゃ(笑)。

しかーし、単純な僕、グランドを一人で見てたらバレンタインのチョコをくれた子(同級生はほぼ事情を知ってる)が、『やりたいっちゃろ?一回くらい謝ったらいいやん!!大会8月やけん、○○ちゃん間に合うよ』って言ったんですよね。
『うーん・・。』と言ったら、肩をバシ!!っと。
それで意を決してヤナブーのところへ
殴られました。ブツブツ説教を長々とされた後、着替えてこいと。とりあえず運動服で。
今でも思うのですが、説教はわかるのですが、なぜ、殴られたのかはわかりません(笑)。

驚いたのは、同級生みんながうまくなってたこと。
他の体育の授業なんかでは(サッカー、バレー)目立たない奴らがうまくなってて、ほんとびっくりしました。
僕的にベストを組みたい子はソフトボール部に入ってなかったりしてましたし。
特にピッチャー・ヒデムツとファーストエイジ、この二人は違ってましたね。
ヒデムツはウインドミル凄くなってたし、エイジのスイングはとても適うものじゃなかった。
しかし、ヤナブーが僕に指示したポジションはショート(笑)。
キャプテンになってたでしょうね。やめてなければ。
ま、でもそんなことはどうでもよかった。
ほんと嬉しかったです。
ちなみに同級生は僕を虐めることはできません。だって、僕がガキ大将でしたから(笑)。変な話隣の小学校まで聞こえてたくらいだったんです、僕(笑)。
3番ショート・僕、4番ピッチャー・ヒデムツ(キャプテン)、5番ファーストエイジ、ってここで疑問が?4番?エイジじゃないの?

ここから始まる大人の力学(笑)。

ヒデムツの親父は競輪選手でお金持ち~♪

なんとなく、ああ、的な雰囲気は感じ取る。
ま、どうでもいいや。
でも、こりゃ、今年も優勝できるっちゃないかいな?と思い始めた、恐怖の大会前の夏休みの練習。
言っておきますが、休日なんてないですよ。
それこそ、うちの小学校強いから、練習も凄いわけで、昔を知ってる人は知ってると思うのですが、水飲むな!!走れ!!の世界。
小学生なんですけどね。
で、そういう通常のシゴキみたいなのは僕は結構、大丈夫なんです。

しかし・・・。
待っていました。
なんでここまで夏休みの練習は僕にとってという日々が続きます。
今度は誰?
親たちです。
なんで、よその親に蹴られたり、殴られたりするのか?確かにもっとガキの幼稚園くらいの時は近所のおっちゃんたちに悪さしたら殴られましたよ。
しかし、僕が何をした?状態ですよ。
すると、練習期間中、その息子もつけあがる。一度4年生の子に(ここもお金持ち(笑))『肩が弱いけん、サードとショート変わってもらえん?』って言われた時『はぁ?』って変わりましたけどね。年下は殴らない主義でしたが、学校でくらしました(殴ったって意味)。
うちの街は漁師町でイカ釣り漁船は夜出るので昼間来るわけなんですよね。そして商店街の親父とかも。

うちは来ないんですよ。
親父いないし、お袋働いてるし、お袋なんか日曜日の練習試合すら来たことなかったですから。

僕がもし怪我すれば・・・。
そこまでは考えてなかったと信じたいですが、嘘のような練習内容なんですよね。
守備練習が終わった後、呼ばれるんです。ヤナブーじゃないですよ?ヤナブーだったら分かるんですが・・・。
どっかのおっちゃんに『今から50本ノックや!!まず○○!!』。
ハイハイって感じです。
この50本ノックってのが1本落としたらまた1から(笑)。
野球やってた人ならわかると思うんですけど、連続50本がどれだけしんどいか理解できると思います。
50本間動き続けて、捕って投げるわけですから・・・。
それを一発で50本決めた僕がいけなかったわけで、来る日も来る日も続いちゃって。
毎日僕から(笑)。
捕り損ねてしまった日にゃ(笑)。
ムッチャ、死ぬかと思いましたよ、当時。
全員なないところが凄いんですよ(笑)。
捕り損ねたらヤナブーからの容赦無い『根性なし!!』口撃。
正直、ヤナブーにはこの頃、僕は憎悪感を抱いてましたね。
小学生らしからぬと言われようが。
普通、教師って止めるんじゃないかな?とどこまでが常識かわからない不安はありましたが、これは正当なスポーツの教育じゃないよな、と。

ほぼ30日間、やりぬきましたよ。
意地でも怪我しなかったですね。

でも、ひとりだけ、親父の弟と同級生の人がいて『○○、根性あるよなぁ』って笑ってくれて。
嬉しくて嬉しくて、涙でそうでしたけど、当時は堪えることができました(笑)。
その人、好きだったなぁ。
その言葉がなかったらめげてたかもしれないです。
4年後くらいに亡くなられたんだよな。

憎まれっ子世に憚るって言うわな。

いよいよ郡大会。
お袋が見に来ましたよ(笑)。

順当に?優勝
ノーエラーでベストナイン的ものにも選ばれました。
MVPはヒデムツ、しゃーないやな、ピッチャーやし。
ほとんど褒めたことがないお袋が言った一言『あんた、うまいっちゃね』。
何にも知らないわけやし(笑)。
僕的には見に来てくれただけで嬉しかったし。

で県大会は端折って僕の自慢話だけします。
長崎県大会ベスト8まで行きました。
で、延長線の末、0-1で負けました。
一番感じたのは、本土の奴、でけえよな、ってのが僕らの印象でした。
何が自慢かって?
通常5回までで、僕ら凌いで凌いでたわけなんですよ。
ヒデムツが結構、打たれたんで田舎もんの僕らは驚いたわけで。
延長線に入り、7回表にうちのセカンドの悪送球で1点。
裏は・・・。
7回で3アウトだと計算上、21個のアウトになるわけじゃないですか。
三振20個取られたわけで(笑)。
何を隠そう、残りの1個足りないのが、僕のピッチャーゴロです。
これが自慢です!!
そうなんです。パーフェクトゲームで敗けたのです(笑)。

まあ、いい思い出で終わるんでしょうけどね、普通。
捻くれてた僕は、ヤナブーに対するなんか憎しみみたいのとか。
野球好きなんだけど、ヤナブー思い出しちゃって(笑)。
ここが本当の野球少年じゃないんでしょうね。
僕の2つ下の従兄弟は高校まで言って社会人から誘いもあったりしてて、『あぁ、ああいうやつが本当の野球好きなんだろうな』と思いました。
中学で野球部に入りませんでした。
歴史クラブに誘ってくれた普ちゃん達のバレー部、バスケ、いろいろ誘われましたよ。
自慢話ですが(笑)。

高校に入学した時、一瞬迷いましたね。
硬式からでも自信ありました。練習してましたから硬式でひっそりと(笑)。
限界は知ってましたから、レギュラーになれても、甲子園に出れるチームに入れるような器じゃない。というか体の線がちょっと細いというか。
小学校ん時は本当にプロ野球選手なりたかったんですけどね(笑)。
高校入学と同時に他の敵で忙しかったですが(笑)。
ちなみにヒデムツは長崎日大に推薦で行きました。

20代の頃、よく言われましたよ友達に正月とか集まったりすると『○○くん、野球しとったらね~』、『結構、いいとこまで行ったろうに・・・。』とか。
中には僕が野球部だったと勘違いしてる奴いましたから(笑)。

お袋にヤナブーの事を話したのは、ほんの数年前。
実家で飲んでた時、お袋は『嘘?全然知らんやったバイ!へエーー!!』って驚いてました。
あんた興味もなかったやん(笑)。
だって、ヤナブーは皆の間ではいい先生で通ってるから(笑)。

もう一回生まれ変わったら野球する?
するでしょうね。
ヤナブーに会わなかったら(笑)。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
石野貴之、5年ぶりのチャレンジカップ優勝

やっぱ、凄いエンジンだっだな。

前田将太、引っ張って4カドにしてほしかったな。
スローの4コースか。

1周マークで見事に差されたよな、信一郎に。
待ってたしたって感じの差しだったね。
これで前田将太、脱落だよね。

ここでオイラの舟券も無駄券に信一郎外して買ってるから(笑)。


三国12R
優勝戦
1着 1号艇・石野貴之
2着 2号艇・田中信一郎
3着 4号艇・川崎智幸
4着 6号艇・菊地孝平
5着 3号艇・前田将太
6着 5号艇・太田和美

見事にハズレ~♪

福岡支部 前田将太、もうちょっとね。ダッシュでカマしたりしてほしかったな。

ま、次に期待しよう。

今節、石野貴之のエンジンは別格として、信一郎と川崎は上手く着をまとめてるよね。
昨日の準優勝戦の川崎なんて、差しの川崎健在って感じだったもんね。
信一郎も徐々に復活傾向にあるね。

さて、あとは今節、初日に怪我して帰った4450番の復活が待たれるよな。

待ってるよ~♪
4450番!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
三国競艇場
12R
優勝戦

1号艇 石野貴之
2号艇 田中信一郎
3号艇 前田将太
4号艇 川崎智幸
5号艇 太田和美
6号艇 菊地孝平

エンジン超抜!!
石野の脚には逆らえない!!

今日、準優勝戦観てたけど、凄いな、石野のモーター

下手打たん限り、勝てんやろ?

なんか、久々にあんなエンジンをSGの準優勝戦で観た気がする。

コメントも強気ってか、ありゃ、感触あるわな。

少々凹んでも、どうにかなるんじゃないかと思ってしまう。

頭から買うのは当然として、裏買うまい。

1-3-4、5、6
1-4-3、5、6
1-5-3、4、6

まあ、僕が信一郎を買わないのは長年の読者の方ならご存知のはず(誰もおらんっちゅうに!!)

石野のオーシャンカップ二度目の戴冠を期待したい
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
あんなもんかなぁ、レッドレイヴン。

ちょっとショックなんだよな。
置いていかれたもんね。

最後はダービーフィズとハギノハイブリッドの叩き合い!

狙ってたヤマカツエースくんが3着に

レッドレイヴン。

状態やパドックをテレビで見ても判断付かない(生で見てもわかんないけどw)。

いや~、ベルゲンクライと違い、こっちはどうしたもんかと(汗)。

う~ん、やっぱ重賞はしんどいか。
オープン特別クラスで狙うと考えとこうかな。

函館11R
函館記念
◎レッドレイヴン5着
○ダービーフィズ1着
▲マイネルミラノ8着
△リベルタス12着
△エアソミュール4着
×ヤマカツエース3着

ヤマカツエース、3着に来てんのにな(汗)。

まあ、いつかハマるよ~、僕♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
もう軸で書くことはないな。
ベルゲンクライとの決別~。ま、紐では買うだろうけどね。
3着には来たけど、来たって言うより、前の2頭には追いつく脚はなかったね。
1400mくらいがいいのかも?
明らかに長かった1800mという印象は拭えないね。

ま、判断材料になったと考えよう。

中京11R
ジュライステークス
◎ベルゲンクライ3着
○トゥザレジェンド11着
▲サウンドトゥルー1着
△クラージュドール5着

こうやって見てみると、▲◎で1着、3着か。
明らかに馬券ベタだよな(汗)。

なんだかなぁ。

まあ、これで買い方変えたりしたら繰り返しなんだよね。

今日は今日。

このレースの収穫は僕の中でのベルゲンクライのランク的なものがはっきりしたこと。

以上!!(笑)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ここは決めてたしね。エアソミュールが1番人気になるだろうこともわかってた。

そして◎を打たないこともね。
天邪鬼だよなぁ(笑)

ここは、ずっと買ってきたし、そこそこ儲けさせてもらってるんでね。
斤量も大丈夫でしょう。

ん?なんか、当日予想してるのに余裕があるぞ?今日のオイラ(笑)。

なんでだろ?

で、レッドレイヴンに◎を打ちます。

この馬、実は3歳時点で結構、期待してたんだよな。
まぁ、藤澤厩舎の馬を期待すること自体、僕には珍しい?ことなんだけど(そこまで厩舎を重要視してない現在、実をいえば昔の名伯楽たちが引退したりと角居が活躍しだした頃から、自分の頭の中で誰が誰だかわからなくなっている部分もある。)。

あっ、ヤマカツエースは買います。

函館11R
函館記念
⑬レッドレイヴン◎
⑤ダービーフィズ○
⑯マイネルミラノ▲
⑩リベルタス△
⑪エアソミュール△
①ヤマカツエース×
買い目
馬連
⑬-①、⑤、⑩、⑪、⑯
自信度★★★★☆

レッドレイヴン!!


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
函館記念もあるけど、ベルゲンクライが出走とのことでジュライステークス挑戦。

ここ勝たなかったら、見限ろうかな?なんて思ってる。

ただ・・・。
相手がサッパリわからない(汗)。

ならば単勝を買え?と?

4.3倍、そこまで信用していない(笑)。

買い方は変えないという基本に忠実に。

中京11R
ジュライステークス
⑥ベルゲンクライ◎
②トゥザレジェンド○
⑩サウンドトゥルー▲
⑭クラージュドール△
買い目
⑥-②、⑩、⑭
自信度★★★☆☆

つかないんで、3点で。

普通、トゥザレジェンドから買うわな(笑)



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
僕が選手個人のことを書くのはブログを書き始めた当初の江川以来じゃないかな。
これはいつか、書きたいと思ってて数年経ってる(汗)。
本人監督辞めちゃってるし。

あくまでも私見です。クレームなどは一切受け付けません。
気に入らないコメントがあれば、容赦なく削除します。
って、そんなに誰も見てないし(笑)。

秋山幸二監督といった方がみんなにはピンと来るのかな?

昨年までのソフトバンクホークスの監督だ。

好感が持て、人気も高かった。

みんなに愛されていたというイメージが強い。

しかし、僕は好きではなかった。
昨年、日本一に導いた監督としても、まず要因としては監督業としては不満?かな?
監督6年間で優勝3回、今のプロ野球界であれば、素晴らしい成績だと思う。
でもね。率いてるチームはソフトバンクホークスだから。
僕はジャイアンツファンだ。
しかし、このソフトバンクホークスというチームは、僕が歴史上、一番強いチームだったと認識している80年代中半~90年半ばの西武ライオンズを超えられると思っている。
選手の層が違いすぎる。確かに巨額の投資でいろんな選手を獲ったりするけど、かつてのジャイアンツとは違う。
そして、ジャイアンツにはそこまでの要素は見当たらない。

って出だしから最近の話になってるし。

秋山幸二
常勝西武ライオンズの3番打者、こっちのイメージが僕には濃い。
そして、清原が入団する前の秋山幸二。
彼は確かドラフト外入団だと思う。
根本さんが引っ張って来たんだと思う。
そして名将の目に止まった。
広岡達朗、僕が名将の中の名将と捉えている監督の目に。
83年の西武は念願の日本シリーズでジャイアンツを破り優勝(ちなみにこのシリーズは先取点を取った方が敗けている、観るものに目を離させないシリーズだった)。
かつて広岡は言った『中日に勝っても意味がない。巨人を倒さないと』と。
だが選手の高齢化は否めなかった。
東尾はまだまだ頑張っていたが、田淵、山崎、片平・・・。

そこに現れたのが秋山幸二だった。
84年からなぜか、TBS系列が西武戦を中継したので観れたのだけどね。
実は渡辺久信見たさで見ていたけどね。

すごい選手だなと思った。
なんか、体が柔らかく、足が速く、ボールが遠くに飛ぶ。

特に原辰徳が成績を落とした年だったから余計にそう感じたんだと思う。

これはものが違う。
凄いバッターになると思っていた。
その通り、40本を3度、しかも3年連続で打っている。
トリプルスリーも達成した。

で、人柄もいい感じだったし、真摯な選手だというイメージを持ち続けていた。

かつて、落合は『王さんはホームランバッターじゃないよ。本当のホームランバッターは田淵さんと秋山だよ』と言った(これ何度も書いてるな)。

ほんとこれから先の球界をリードする選手だと思ってたし、実際そうなったんだけどね。

清原が85年に入団し、86年シーズンから3番に入ったんだと思う。

僕が嫌いになった訳は1987年の日本シリーズで起きた。

この年は、KKコンビが大人の理由で分裂され、両者がシーズンを素晴らしい成績で終え、対決するシーズンとして注目を浴びた。
僕自身は、西武に巨人が勝てるとは思えなかったが・・・。

その桑田は嫌われ者のイメージがついており、実際僕も清原のほうが好きだったんだけどね。
しかし、まだまだ20そこそこの選手、しかも、4月1日生まれである。

桑田はこの年、17勝を上げてたと思う。
内角を厳しくついていった。そうしないと打ち取れない。
そのえぐるようなボールが、秋山幸二に向かっていった。
僕は、何も起こらないと思っていると、怒ったのだ、秋山が。そんな怒るほどのボールじゃなかったと思う。
そう、普段は怒らない、特に秋山という選手は。

この時、感じたんだよね。

桑田イジメみたいな感じをね。
プンプンしてたよ。
何にもしないのは、逆に清原だけだった気がする。

桑田が好きか?好きじゃないよ。ジャイアンツファンだけど(笑)。
いい投手だとは思うけどね。

これは、ちょっと怒りを覚えた。
西武ライオンズという球団に。時はバブル、渡辺久信がプロ野球界にゴルチェなどのブランドを持込、六本木で遊ぶ野球選手が増えた時期ではなかっただろうか?

全選手とまではいかないが、秋山は向かって行こうとさえした。
ホームインした時に、何か叫んだ。

いや、秋山よ、お前、そんな選手じゃないやん。

それ以来、僕は秋山のことに関しては素晴らしい選手だけど、好きじゃない選手に分類されてしまった。

勘違いしないでほしいのは、別に桑田を擁護したいわけではない。

清原も桑田も辛い思いをしてプロ野球界に入ったんだと思う。
ジャイアンツに入った桑田には喜びしかなかっただろうか?そんなことはないと思う。彼は彼なりに苦しんだんだと思う。

一応、プロでもスポーツマンシップというものは存在するはずだ。

このことを僕の周りのホークスファンの人はほとんど知らない。

カッコいいとか、優しそう、とかよく聞く声だよ、福岡じゃ。

しかし、僕は絶対許さなかった。

彼がホークスにFAで来ても、なんでホームランバッターやめたんやろ?ってくらいに魅力のない選手に映った。
何の為にきたんや?と。
ホームランバッター、欲しかったとバイ!
いつからリーディングヒッターになった、などなど。

ホークスについても文句は(このことはいつか書くと思う。特にファンについて)あったが、秋山に関しては、正直、ホークスに来て文句ばかり言ってた気がする(汗)。

あんな素晴らしいホームランアーティストだったのが、シングルヒットのオンパレード、なんかなぁ、とよく思ったものだ。

結局、僕は彼の全盛期を忘れられなかったんだと思う。

でも、引退する頃はそんな嫌悪感は消えていたな。
僕自身も少しは大人になれていたんだと思う(笑)。

最初に『メジャーに一番近い男』と言われた選手だし、彼は通用したと思っている。

なんだかなぁ。
書きながら、文章纏まらなくなってきた(笑)。

ただ、いい選手、いや超高性能エンジンを積んだ選手だったんだよ、秋山って選手は。
毎年、ホームラン毎年40本以上打つような、ね。

監督業については、今日はやめとこ。ってかタイトル変えりゃいいのか(笑)。

自分で言うのも何だけど、駄作的な記事になったな、よかろうもん!!金もらいよっちゃないっちゃけん!!(笑)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりに競艇の予想でもやってみようかな?と。
平高奈菜が出てるから(笑)。

昔はよくしてたけど、よく時間があったよな。
iPhoneとかなかったしね。

で、平高奈菜2号艇
僕が一番買いにくいパターンというより、なかなか2号艇を頭にはしないしね。
まあ、6号艇頭よりは多いかもしんないけどね。

これが、競艇が選手から買って負けるパターンなんだよね。
大いに当てはまるオイラです(汗)。

競馬だったら、いくら武豊が好きで信頼が高くても、馬によっては考えるでしょ?

これが4号艇・平高奈菜だったら、頭から総流しすると思う。
平高奈菜の直捲りを期待したいが、今節、長嶋万記もスタートいいみたいだし、しかし、昨日、コンマ02だし、優勝戦だから、いけないかもしんないけど・・・。

裏も返すか。

平和島12R
優勝戦
1=2-4、5、6
2=4-1、5、6

やっぱ、平高奈菜軸になってしまう(笑)。

期待してるよ~♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本当に邪魔だ。

これを楽しんでいる方もいらっしゃるとは思う。

だから、せめて利用者に選択できるようにしてほしい。

こういうweb系のお問い合わせ欄はカスタマーセンターなどなく、メール対応とかにしているものだが、他のところしかり、ヘルプも【よくある質問】のみで、どこに問い合わせるかも、また存在するのかも判別し辛い。

前にも書いたんだけど、一利用者のブログ記事などに目もくれるはずもなく、設定を確認すれば、【アメーバピグ】のみを辞めることはできないようになっている。

なぜか?神経質な僕は、『新着があります』、『アメーバピグからプレゼントがあります』、『新しいコメントがあります』のメッセージが消えないと気が済まない質で(汗)。

となると、自ずと一度アメーバピグを開かないといけない。

また、重いんだ、このページが・・・。

SNSが台頭し衰退したかに思えたブログ、見直す人間も多く、またアメブロ以外にもいろいろ増えてきている。

しかし、こちとら、アメブロが始まった時から、ほぼ時を同じくして使ってるんだよ、アメブロさん。

貴社の変遷、ブログの仕様の変化などは把握してるし、利用者としても逆に対応してるんだよ。

藤田さん、お願いだから、アメーバピグを選択制にしてくれ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。