死の動物園 | あさっても天気になぁれっ!

あさっても天気になぁれっ!

動物園ひとり旅 as times goes by... 
大丈夫だ、あの痛みは忘れたって消えやしない。。。
Carpe diem(いまを生きる)

少し前にインドネシアのスラバヤ動物園が『死の動物園』と言われてたけど、

日本国内では札幌市円山動物園が『死の動物園』そのものですな。。。



グラントシマウマのオス「飛馬(ひゅうま)」が死亡しました(HPより。こちら


> グラントシマウマのオス「飛馬(ひゅうま)」が8月23日に死亡しましたので、

> ここに謹んでお知らせいたします。

> 現在『熱帯動物館』にて飼育展示している動物たちは、

> 秋オープン予定の新施設『アフリカゾーン』への引越しを順次行っているところであり、

> 既にダチョウ、ハイエナの引越しは完了しているところです。

> 「飛馬」も8月23日の閉園後、『アフリカゾーン』への引越しを行っておりました。

> 移動に当たっては細心の注意を払って行っておりました

> 『熱帯動物館』での捕獲は順調で、輸送用の檻で『アフリカゾーン』へ運びましたが、

> 着いた時に箱の中で崩れ落ちるように倒れ19時に死亡を確認しました。

> 「飛馬」は平成22年に釧路市動物園からやってきました。

> 先日亡くなったメスの「スモモ」との間には残念ながら子宝には恵まれませんでしたが、

> 今まで皆様にかわいがっていただきました。

> 約5年間と短い間ではありましたが、本当にありがとうございました。

> なお、8月24日13時半より「北海道大学大学院獣医学研究科比較病理学教室」とともに

> 解剖検査を実施する予定ですので、詳細が分かり次第あらためてご報告させていただきます。

> 献花台につきましては、熱帯動物館屋内に設置しております。


> 生年月日 平成21年(2009年)7月19日

> 来園日    平成22年(2010年)10月7日

> 死亡年月日 平成27年(2015年)8月23日

> 死因 調査中


シマウマというのは臆病で神経質な動物です。

移動するにあたっては輸送箱へ入ることの慣らし練習などを数週間かけて行う必要があります。


ツイッターの常連さんの目撃情報などをまとめると以下の通り。


・現エリアから新エリアへ400mの移動を行う必要があった。

・輸送用の箱が運び込まれたのは8月23日の移動当日であった。

・つまり、飛馬君は、箱へ入る練習は1度も行っていない。

・したがって、常連さんは、麻酔をかけて眠らせた上で移動させるものと思ったそうだ。

・ところが実際には麻酔は使用せず、飼育員を含む数人の担当者が飛馬君を取り囲んで

 無理やり追い立てるという方法で輸送箱の中に追い込んだ。

・狭い箱の中に飛馬君が追い込まれた時点で扉を締め切り、箱の中に飛馬君を閉じ込めた。

・箱の中は当然真っ暗で、身動きできない狭さであった。

・箱の中に閉じ込めたうえでクレーンで吊り上げトラックの荷台へ。

・400mの距離を移動した後、輸送箱を開けた途端に飛馬君は崩れ落ちてそのまま死亡した。


箱に慣らす練習を1度もせず、無理やり追い込んだ上で真っ暗な狭い箱に閉じ込めて

クレーンで吊り上げて。。。

どれだけ怖かったんだろう?


円山動物園のいう「細心の注意」とは、どのことを差すのでしょう?

注意した形跡さえもどこにもないけど。。。

繊細で神経質なシマウマが、真っ暗な狭い箱の中に無理やり閉じ込められて、

それでどうにかならないと考える方がおかしい。。。

パニック起こしてショック死したのも、円山動物園のやり口を見れば結果は明らかである。

これが虐待でなくてなんというのか?


お前ら、ど素人の集団か?!


何の知識もないど素人が何も調べず何の根拠もない思いつきだけで作業した!


こちら(関西)では報道すらされませんが

北海道ではTVニュースで取り上げられたようです。

その際、獣医が「移動のプレッシャーに耐えられなかったんですね。残念です。」と発言したそうだ。。。



何を言ってるんだ?こいつは。。。!

殺したのはお前やろ?!


少なくとも獣医のいう言葉ではない。

ちなみに。。。

「ウッチーさん殺害事件」でウッチーさんが♂になぶり殺しにされてる際、

来園者の助けてやってくれという声を無視して放置した3人。


1人は柴田千賀子担当課長(こいつ

1人は祐川猛担当飼育員(こいつ

もう1人、担当係長というのがいたそうだが(氏名は不明)←「千葉司担当係長(獣医)

今回の飛馬君の移動を担当したのが、この担当係長だそうです。


また、この担当係長というのが獣医でウッチーを見殺しにした獣医であり、

上記の無責任発言をTVでした張本人だそうです。

(訂正21時30分:

  このTVでの発言は担当係長の発言ではなく別の一般職の獣医の発言だそうです。

  訂正させていただきます。ただ、発言自体はあったそうです)


円山動物園に対して改善勧告がなされたのが8月21日(金)

それから2日しか経っていないのに飛馬君という新たな犠牲者が出てしまった。

恥を知りなさい!


改善勧告にはこうあります。

 ・同園の動物全ての管理体制の見直しと、必要な人員確保やマニュアルの整備

 ・全職員対象に適正飼育を理解させる教育―などを行い、


円山動物園側は改善勧告などまるで無視するつもりなのが今回の件でハッキリした。

このままでは、今後も新たな犠牲者が出てくるのは目に見えています。


声を上げましょう!


市長あてのメールはこちら から送ることができます!


これ以上新たな犠牲者を出さないためにも、われわれが動物たちを守ってやらないと。。。