小学生の時、野球チームに入っていた。


チームに入っている子の保護者達が監督・コーチとなり、何人も教えてくれる大人がいたのだけど、その中でも中心となる2人がいた。



「河田さん」と「ジッチャン」



河田さんには、子供ながらに品を感じた。


40代半ばくらいだったか、背も高くてシュッとしていた。言葉使いも丁寧で、プレーに対して指摘する時も声を荒らげる事もなく、ちゃんと“教えてくれてる”という感じがした。


対して。


ジッチャンは、誰からも恐れられていた。


白髪のじいちゃんなんだけど、まず見た目が普通に怖い。腰はやや丸まっているが、圧がすごい。目つきも悪く、とにかく怒鳴る。声も無駄に大きく、すぐ怒る。ハッキリ言ってどっから見ても“ゴロツキ感”がとんでもなかった。




で、そんな野球チームでやってきて。

最後の試合も終わり。


「6年生を送る会」みたいなのがあって。


保護者代表で河田さんの挨拶。




「…あえて、何も考えずに来ました…」




と言って喋り出した河田さんが、凄い格好よかつたんですよ。


「事前に考えるとどうしてもよそ行きの言葉になってしまう、率直な言葉を贈りたかったので、あえて考えずに来ました」


僕だけでなく、子供達も、保護者達も、ぐっと惹きつけられている空気をひしひし感じた。


さすがに喋った内容は覚えてないけど「何か…かっけえ」と思ったのは覚えてる。




すると次にジッチャンが出てきて。


良い感じにほろ酔いで薄ら赤みがかった顔を、真面目な表情に取り繕うとしている。


そしてマイクの前までやってきて。




「実は私も、あえて何も考えずに来ました」




さすがに喋った内容は覚えてないけど「本当にこいつは」と思ったのは覚えてる。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ご依頼・お問合せはこちら】

https://tatekawadance.com/

ご依頼について不明な点がある場合にはご相談を承りますので、まずは気軽にご連絡下さい。