星組公演 ANOTHER WORLD 感想

テーマ:

がまにゃんです。

先日、星組公演&マイティーバウ公演を観劇してきました。

 

まずは、星組公演の感想です。

まず、私の好みとは合いませんでした。お芝居は観客から笑い声がたくさん起きてましたし、勢いも感じましたが、

率直に感じたのは品と中身の無い内容だったということ。

私は紅さんの芸風が好きではないので、どうしてもよく感じません。

コメディーは基本あってこそ、出来るという意見もあるようですが、そう感じないほど、品を感じません。

宝塚に落語といった新感覚、華やかさを付加しているのでしょうが、この作品を宝塚でやる意味がわかりませんでした。

それに紅さんの歌い方が苦手。力で押し込めようとするのはちょっと違うと思います。

だからこそ、礼君の歌うまさが引き立っていました。

 

もちろん光るところもたくさん、ありました。

特に良かったのは、

阿漕役の夢妃さん。このところ本当に安定していますね。

そして、歌が上手い。阿漕の好演でお芝居が締まっていました。

そして、小桜さんも好演でした。

それほど目立つ役ではなかったかも知れませんが、存在感がありました。

そして、有沙さん、華形さん、汝鳥さん。

汝鳥さんはメイクでご本人かわからないような閻魔様でしたが、まさに閻魔様でした。

 

娯楽としては楽しめると思いますが、宝塚歌劇団としてはどうかと思う内容でした。