アダルトチルドレンの人が、理由も分からず強い不安を感じる時 | あなたの会社は大丈夫?関西発!たたかう産業医!

あなたの会社は大丈夫?関西発!たたかう産業医!

問題社員や問題経営者などを産業医の目線で切り込んでいく!

 

 

 

はい、どーも!井上です!

 

 

 

関西を中心に精神科医かつ産業医しています!

 

 

 

ラフな人生をめざしていきましょう(^^)

 

 

 

 

あなたは、自分でも理由が分からずに

 

急に不安恐怖を感じたことは

 

ありませんか。

 

 

 

多くの人は


 

・もうすぐプレゼンの発表がある…

 

・今後どうなるんだろ…

 


などの何かしらの理由やきっかけがあって

 

ネガティブな感情を持ち始めます。

 

 

 

 

しかし、アダルトチルドレンの人は

 

幼少期に、親から暴力精神的な虐待

 

受けていたりして

 

大人になってからも、とくに理由もなく

 

急に不安になって悲しくなったり

 

辛くなったりすることもあります。

 

 

 

 

そこで、今日は、その理由や

 

対処する時に、どのような心構えが必要かを

 

お話していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

アダルトチルドレンの人は

 

幼少期の時は、家のなかで

 


いつ親から怒鳴られるか…

 

理不尽なことを言われるか…

 

存在を否定されるか…

 


と、不安や恐怖を感じながら

 

過ごしていました。

 

 

 

 

それは、決して直接的に

 

自分に向けられたものではなくても

 

父が、母に対して

 

怒鳴り散らしている姿を見ても

 

「次は自分だ…」と、感じるのです。

 

 

 

 

このような日常が続くと

 

子供にとって

 

大きな大きな心の傷になります。

 

 

 

 

ただ、残念ながら、ほとんどの人は

 

大人になっても

 

その傷を手当することなく過ごすので

 

適正に癒えていません。

 

 

 

 

だからこそ、

 

自分の幼少期の環境に近いもの

 

少しでも感じた時に

 

急に強い不安や恐怖感に襲われるのです。

 

 

 

 

しかし、なかには

 

自分の心に子供の時にうけた

 

大きな傷があることに

 

気づいていない人もいます。

 

 

 

 

自分の心の傷が癒えていなかったり

 

気づいていない人にとっては

 

理由もなく、急に自分が強い不安に襲われて

 

胸がしめつけられて苦しい思いをするのか

 

理解できないのです。

 

 

 

 

たとえば、

 

・自分とは全く関係ないことで

 

誰かがケンカしている声を聞いたり…

 

 

・誰かが誤って、モノを落として

 

壊してしまった音を聞いたり…

 

 

するだけでも

 

子供の記憶が、心の深層から蘇ってきます。

 

 

 

 

すると、あの日のように

 

自分が怒られているように感じたり…

 

「次は自分だ…」と怯えてしまったり…

 

と、あなたを苦しめるのです。

 

 

 

 

 

 

では、今日のおさらいです。

 

 

 

 

幼少期に、壮絶な体験をしている

 

アダルトチルドレンの人は

 

自分でも、理由が分からない時に

 

急に、恐怖不安に襲われることがあります。

 

 

 

 

それは、大人になった時でも

 

幼少期の壮絶な環境をフラッシュバックさせる

 

引き金に触れた時なのです。

 

 

 

 

もし、あなたが、理由も分からず

 

急に強い不安や恐怖が出てくるなら

 

幼少期の心の傷が

 

関係しているかも知れません。

 

 

 

 

だからこそ

 

そのようなことが起きた時は

 

一度、自分の周囲で何が起きているか

 

冷静に分析することで

 

自分のメンタルをかき乱す引き金

 

探してみてください。

 

 

 

 

その引き金が

 

大声や破裂音などだったりの

 

聴覚に由来するものもあれば…

 

他人なのに、どこか父や母に似ている顔立ちだったり

 

視覚に由来するものもあれば…

 

特有のお酒やたばこの香りだったり

 

嗅覚に由来するものもあります。

 

 

 

 

このように、引き金は

 

人によって多岐に渡るのですが

 

そこを分析せぬまま過ごすのは

 

自分の傷から目を背けることになります。

 

 

 

 

次に、同じような引き金が来た時に

 

「自分にとって知っているもの」

 

しておくことで

 

不安や恐怖が、想定の範囲になるのです。

 

 

 

 

急性期は、このような心構えで乗り切りつつ

 

幼少期の心の傷と向き合っていくこと

 

今後、どのように


心を癒していけばよいかついて学び


正しい行動を起こせるようになります。

 

 

 

 

では、今日はこのへんで!

 

 

 

See You Next Time Bye-Bye!!

 

 

=(下記、”お願い”です。ペコリm(__)m)=

 

私、井上智介が2020年4月から

 

 

ポッドキャスト (ラジオ番組) を開始しました。

 

・Google Podcasts

 

・Apple Podcasts


・Spotify


聞いていただき、もしよろしければ

 

全て無料なので、フォローや購読お願いします。

 

ペコリ <m(__)m>

 

 

=============

 

 

2019年8月7日、私の本が出版されました!

 

「職場の「しんどい」がスーッと消え去る大全 」

 

ぜひとも、買って読んでみて下さい!

 

 

本屋さんに在庫たくさんありますw

 

 

ネット購入は、下記のいずれかからヨロシクお願いします。

 

 

 

① アマゾン

 

② 楽天

 

オムニ7(セブンネット)


④ honto 


⑤ ヤフー 

 

 

=============

 

 

私の LINE スタンプ が発売されました!

 

普段の挨拶からはじまり

 

私、特有のホッコリ心が癒される語録も入っています!

 

いつでも使いやすい工夫がされています。

 

ぜひとも、下記からお願いします。

 

 

こちら です!

 

 

==========

 

 

<twitter>

⇒ 

(精神医学や産業医学などの内容を楽しくツイートしています!)

 

 

 

<Instagram>

⇒ 

(私のプライベート的に挑戦している姿などが見れます!)

 

============

 

 

これからも私は戦いますので、応援していただける方は、ぜひともポチっとよろしくお願いします(^^)

    ⇓


人気ブログランキング

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ