こんにちは

 

このブログを読まれている方の中には、やっと受験が終わった!

 

やっと解放された~

 

という生徒の方がいるかも知れませんね。

 

本当にお疲れ様でした!!

 

約1年にも及ぶ受験勉強は、先が見えているようで見えない、周りにライバルがひしめき合う中での戦いによって消耗してしまう日々もあったと思います。

 

まずはゆっくりして、自分を褒めてあげてくださいね。

 

さて、受験期が終わりに近づくと同時に、次の新たな受験生の戦いが始まります。

 

当塾にも相談に来られる保護者の方が多くなってまいりました。

 

TASUKE塾・聖蹟桜ヶ丘校には多くの保護者の方に相談に来てくれますが、実は通塾生ではない方も、近くを通ったからお茶を飲みに(雑談しに)来ました、という方にも来て頂いております(笑)

 

その内容は、、

 

・次年度は受験生になるけど、いつから準備を始めたら良いか

 

・お子様が携帯電話を買って欲しいと言い出して、買ってあげるべきか迷っている

 

・家で自ら勉強する子にするにはどうしたら…

 

・最近、反抗期なのかな

 

などなど、本当に様々

 

お話していると、本当にお子様の将来を案じ、真剣に悩み、お仕事や家事、時間に追われながらも、苦労を苦労と思わず努力されておられることが分かります。

 

考えてみたら、お母さんは受験が終わっても、いや、土曜日や日曜日が来てもお休みが無いですよね…

 

一年中、働いてる!!

 

ですので、受験が終わってホッとしている受験生の皆さん!

 

ぜひ、親に「ありがとう」を伝えてください!

 

直接伝えるのが恥ずかしかったら、手紙でもメモでも良いと思います

 

言葉にするのが出来なければ、例えば夕ご飯を作ってみるとか、肩を揉んであげるとか

 

親だって皆と同じ人間

 

同じように疲れたり、悩んだり、苦しい時だってあるんです

 

子どもの感謝の気持ちを感じるだけで

 

親はそれまでの苦労が一瞬で吹っ飛びます

 

受験の大変さを知っている皆なら出来るよね!

 

今回はそんなおせっかいなお話をしてみました笑

 

是非、受験の最後は感謝で締めくくってくださいね!必ず人生の糧になります。

 

それでは!