こんにちは。

 

以前、エビングハウスの忘却曲線について話しましたが、覚えているでしょうか?

 

エビングハウスの忘却曲線の理論からするとほとんどの方が忘れていますよね(笑)

 

今回は、エビングハウスの忘却曲線を踏まえて、効率的に暗記するためにはどうすればいいのかを話していきたいと思います。

 

効率的に暗記するためには何回も繰り返すことです。

 

例えば朝起きて五分くらいで軽く昨日の復習をし、授業と授業の間に復習し、夜寝る前にまた行いまた朝に行い…

 

このように、一回にどっと時間をかけるのではなく、やる回数を増やしたほうが効率的と言えます。

 

つまり1時間で一気にやるのではなく、15分を4回に分けてやった方が良いです。

 

また、今回は時間の使い方についてもお話したいと思います。

 

一日は24時間ということは、普遍的なことです。

 

しかし、人によって生産性が違うことがあります。

 

例えば、Aさんは一日に5つの仕事ができるがBさんは2つの仕事しかできないなど…


AさんとBさんでは何が違うのでしょうか?

 

確かに能力の差はあるかもしれない。

 

しかし、時間の使い方も大きく関わっていると私は思っています。

 

効率的に時間を使うためには、まず自分の時間の使い方について認識する必要があります。

 

というのも、意外と客観的にみてみると無駄な時間が多い事があるからです。

 

一度、自分の時間の使い方について考えてみてはいかがでしょうか?