皆さん、こんにちは 聖蹟桜ヶ丘校講師の下河です。

 

今回は人の記憶について書いていきたいと思います。

 

勉強するのが嫌いな人の中には覚えるのが苦手という人が多いのではないでしょうか?


実際、私も暗記するのが苦手でしたが、適切な暗記の仕方を学んだので今は暗記するのが得意になりました。


それでは、適切な暗記の仕方とはどういったものなのか?


まず、その前に皆さんはエビングハウスの忘却曲線をご存じですか?


エビングハウスの忘却曲線とは、時間と共にどれだけ記憶したことが頭に残っているのかを示したグラフのことです。

 

もう少し詳しく説明すると、無意味な音節、つまり自分にとって興味がないものを記憶し、時間と共にどれだけ忘れるかを数値化したグラフです。

具体的には、

 

20分後には42%忘れる
1時間後には56%忘れる
9時間後には64%忘れる
1日後には67%忘れる
2日後には72%忘れる
6日後には75%忘れる
31日後には79%忘れる

 

という実験結果がでてます。

つまり一回で覚えようとするのは無理があるということです。

 

しかし、皆さんの中には一回の授業で覚えた、と思う人が多いのではないでしょうか?

 

記憶するために何回も繰り返し復習すことが大切なことがここからもデータに出ています。

エビングハウスの忘却曲線を参考に、自分の勉強法を見つけましょう!

 

暗記するのが得意になった勉強法について聞きたい方は、ぜひ聖蹟桜ヶ丘校の下河に聞いてくださいね♪

 

それではまた!