こんにちは!

 

聖蹟桜ヶ丘校の澤井です。

 

今日も国語ネタです。

 

生徒に、「国語は好きですか?」と聞くと…

「好きって言えないけど、嫌いってほどでもない」


「どっちでもない」


「どちらかと言うと嫌いな方かも」


「文章をダラダラ読むのはかったるい」

大体このような答えが返ってきます。

それは、国語をあまり重要な教科として思っていないからです。

では何故、そのように思うのか?


テストではなんとかなる

 

そうみんな思っているからですね。

問題も答えも日本語だし、適当に回答しても当たりそうな気がする

それに、

飛躍的に点数が上がることもなければ、急激に点数が下がることもない

言いえて近い!という生徒も多いのではないでしょうか?

そう、まさにここに国語の落とし穴があります。

 

それに、そう言う生徒の気持ちも、よーく分かります!

なので、

・国語ってどうやって勉強したらわからない
 

・そもそも勉強のやり方ってあるの??

 

といった、素朴な疑問について、次回またお話します!!