書類選考がなかなか通らない | “確実に内定とか究極の面接術とか魔法の言葉とか信じない本気の方のための”採用経験者のここだけの話的就活応援ブログ

“確実に内定とか究極の面接術とか魔法の言葉とか信じない本気の方のための”採用経験者のここだけの話的就活応援ブログ

年間で600名くらいの方と面接をしていた人事採用経験を持つ社会保険労務士がお届けする、確実とか究極とか魔法とかいった上辺だけのスキルではなく就活の本質だけをお届けする渾身のブログです。


テーマ:
書類選考がなかなか通らずに、面接にさえ進めなくて困っている!!
ということでお悩みの方は意外と多いのではないかと推測しています。

まず、文字だけで、何かを人に正確に伝えようとすることそれ自体が非常に難しい行為です。

言葉が聞こえる電話、直接会って話をする対話さえも正確に伝わらないことはよくあります。

ですから、文字で正確に伝えるということは難しいことなのだとまずは認識してみて下さい。

ここで出てくる質問は
「難しいのは分かったけど、じゃあどうすれば良いの?」
という話だと思います。

答えは1つにこれだと絞りきることは出来ませんが、
まず、自分の思いを文字に乗せるということは必要でしょう。

例えば、参考書に、「ここの企業の場合はこう書けば良い!!」
などと書かれていますが、参考程度にするのはありですが、
間違ってもそのまま使おうなどとは思わないで下さい。

先ほども言った通り、文字で伝えるというのはただでさえ難しいことです。

それを自分の言葉ではない言葉で伝えようとすると必ず無理が生じます。

読み手にとっては、言葉では表現出来なくても何か「違和感」のようなものを覚えます。

文字で伝えようとする時は字面で伝えようとするのではなく、思いを伝えることが大事です


履歴書やエントリーシートは、「この人材と会ってみたいなぁ」「会ってみても良いかなぁ」と思ってもらうためのものです。

そうです、思いです。
思いを動かすには思いがまず重要です。

文章の上手い、下手などはその次にくることです。

よほどひどい文章は困りますが、「文章のちょっとした上手い下手」などは、「思いが伝わってくる文章かどうか?」ということに比べれば、極端な話、
どうでも良いことです。

文章の上手い下手にとらわれたり、思いを乗せることの出来ない文章を転用したりしていてもなかなか良い結果は得られないでしょう


書類選考で悩んでいるあなたは、是非、文章に思いを乗せるということを今日から心掛けてみて下さい






けっこう良いコト言う就活アドバイザーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス