毎年、全国で様々な災害が起きております。

いつどこで大規模な災害が起こるか分からない時代になりましたね。

今回はご家庭で取り組むべき主な災害対策をご紹介します。

 

家具の置き方、工夫していますか?

 

家具が転倒しないよう、家具は壁に固定しましょう

 

 

食料・飲料などの備蓄、十分ですか?

 

大規模災害発生時には、「1週間分」の備蓄が望ましいとされています。

 

 

非常用持ち出しバッグの準備、できていますか?

 

 

自宅が被災したときは、安全な場所に避難し避難生活を送ることになります。
非常時に持ち出すべきものをあらかじめリュックサックに詰めておき、いつでもすぐに持ち出せるようにしておきましょう

 

 

ご家族同士の安否確認方法、決まっていますか?

 


別々の場所にいるときに災害が発生した場合でもお互いの安否を確認できるよう、日頃から安否確認の方法集合場所などを、事前に話し合っておきましょう。

 

 

避難場所や避難経路、確認していますか? 


いざ災害が起きた時にあわてずに避難するためにも、お住まいの周辺のハザードマップを入手し、避難場所避難経路を事前に確認しておきましょう!

 

皆さまのお住まい周辺のハザードマップタスクにてご準備できます
ご所望の方がいらっしゃいましたら、お気軽にお声掛けください。

次回はこのハザードマップについて紹介します。