「相続」とは亡くなった人(被相続人)の財産をその家族(相続人)が譲り受けることです。相続財産である不動産やお金の分け方について法律で定められた「法定相続分」がありますがこれは強制的なルールではありません。

 

まず、遺言」が優先されます。

遺言がない場合、全ての相続人が参加して相続財産を法定相続人のうち誰がどの財産をどれだけ受け取るかといった協議をします。その協議で合意に至った内容を取りまとめた文書のことを「遺産分割協議書」と言い、この「遺産分割協議書」に基づき相続財産を配分することとなります。

 一度合意した遺産分割協議は原則として全員の合意なく内容変更はできませんので、後で「やっぱり納得いかない」等紛争を回避する効果もあります。

 

 

    

「遺産分割協議書」「不動産の相続登記」「預貯金等の名義変更の手続き」を行う際に必要になる大変重要な書面となります。重要な書面だけに文案に不備があると処理が難航する場合もあります。

 

 

「遺産分割協議書」の作成は安心してお任せできる

「行政書士神森事務所」ご相談ください!