建設業許可を取得し何年か経験を積んでくると公共工事への入札が気になってくる、という建設業者様もいらっしゃるかと思います。


公共工事には民間工事にはないメリットがあります。

 例えば
  ・貸し倒れがなく工事代金が現金で支払われる
  ・景気に左右されにくく不況時でも安定した受注量が期待できる
  ・公共工事の施工実績が金融機関・民間施主の信用につながる  
など


しかし公共工事の入札参加にはいくつか要件があります。

その1つが経営事項審査(略して経審と呼ばれています)を受けていることです。

経審を受けると建設業者の経営規模・経営状況などを客観的に点数で評価した経営規模等評価結果通知書総合評定値通知書が取得でき、この通知書の提出が入札参加の要件となっています。このため公共工事の入札参加を希望する建設業者は必ず経審を受けて通知書を取得する必要があります。


当事務所では、

建設業許可申請から経営事項審査入札参加資格申請までサポートいたします。

経審受けたいけど書類作成が難しくて大変
 入札参加までの流れがよくわからない

とお困りでしたら、ぜひご相談ください。

詳しくはHPまたはお電話で。