遺言書には自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言の3種類があります。

 

 

「検認」による負担を相続人にかけず、

 遺言書の有効性を巡る争いを防ぐには「公正証書遺言」最適でしょう。

 遺言書作成については行政書士にご相談ください。

 

【お客さまの声】

遺言書の中身がそっけなく家族が遺産配分に不満を持たないか不安です。

 A.遺言書には法的拘束力のない「付言事項」として、

     家族への感謝の気持ちなどを書くこともできます。

     さらに、配分割合の理由についても丁寧に説明することで、

     相続人の方にご納得いただけることが期待できます。

 

遺言書必要度チェックはこちらをご覧ください。