弊社のBCP(事業継続計画)の取り組みについて毎月お知らせ致します。

 

BCPとは?

Business Continuity Planの頭文字をとったもので、事業継続計画と言われます。

企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。

 

 

簡単に説明すると、不測の事態が起きたときでも、

業が事業を継続できるように備えておく対策の事です。

 

今回は「特定感染症」に対するBCPの一部をご紹介いたします。

 

弊社では社員・お客さまの感染予防対策として、

 

      

  出入り口ドアを常に開けておく(店内換気)    非接触型の自動検温システム    

 

     

    非接触型のアルコールディスペンサー      非接触型のハンドソープ

 

により、店内での感染予防対策を行っております。

 

また、通常の店内清掃に加え

机、ドアノブ、スイッチ、テーブル、いすなどの定期的な消毒も行っております。

 

特定感染症に対するBCPにおいて、もしもの時に慌てず行動するためには平時の備えをしっかり行うことです。地震などの自然災害のBCPに加え、マスクアルコール消毒薬次亜塩素酸ナトリウムなどの購入も行いました。

 

来店されるお客様につきましては、

いつも感染症対策へのご協力ありがとうございます。

今後もお客様が安心してご来店頂ける環境をスタッフ一同作っていきます。 

ご協力よろしくお願いいたします。

 

 

その他弊社のBCPの取り組みについてはこちらをご覧ください。