頬多様なニキビ跡 | ターズクリニック新宿(ニキビ跡治療センター)のブログ

ターズクリニック新宿(ニキビ跡治療センター)のブログ

ターズクリニック新宿は、東京、新宿・渋谷にある世界基準の皮膚科・美容皮膚科・美容外科・東京ニキビ跡センター(Acne Scar Center of TOKYO)です。東京大学医学部卒の医師のみが所属し、世界レベルの理論と知識で最先端の治療をお届けします。

 

 

 ニキビ跡治療3回後、半年経過しています。


対人の普通の距離では、ほとんど認識できないレベルまで改善しました。


治療前の赤み、色素沈着もかなり改善しています。


この方も、治療では一時的に赤みが出たり、色素沈着が出たりしましたが、こちらを信じて、数ヶ月我慢して頂き、指示通り薬剤塗布などを行なって頂き、むしろ治療前より色調が改善しています。


治療というのは、医師と患者の2人3脚で、行なっていくものです。色々な経過を一緒になって乗り越えながら、進んでいきます。これには、お互いの信頼関係がないと不可能なものです。


なお、上の青丸の部分と下の黄緑丸の部分の治療法は当然ながら、変わってきます。青丸の部分は凹みと線状の凸が共存する特殊な瘢痕で、これ一つ治療するのも実は相当難しい事で、おそらく他院さんでは難しいでしょう。いざ治ると、治ってあたり前と思われがちですが、医学はそんなに簡単なものではありません。


このような多様な形状のものに全て画一的に治療を行う事ももちろんできますが、そうすると、診察から治療までベルトコンベアー式に統一化できるので、コストは抑えられますが、特殊な形状のものを最初から諦めて治療する事になります。それはそれで一つの考えですが、当院では、形状により異なるアプローチを用います。ですので、個々人の症例によって全く違う治療となってきます。


下の黄緑丸の部分も、2ー3cmある非常に深いいびつなものですが、皮膚が再生しています。


こちらとしても、ここまで治ると気持ちがいいですね。


信じてついてきて頂いてありがとうございます。



 

Tel: 03-6300-7787


Web予約 クリック

 

東京ニキビ跡治療センター

ターズクリニック新宿のホームページ1

ターズクリニック新宿のホームページ2

ターズクリニックインスタグラム